<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
pomoっちの日本の小学校体験記《その5》
娘に質問してみました。


『日本の小学校で一番苦手だった授業は?』

po: 「体育! 116.png
私: 「なんで?! フィンランドの授業との違いを教えて!」


…ってことで、ちょっとまとめてみました。


~フィンランドの体育~

●冬場はスキー、スケートなどがあって楽しいし、
室内での体育も、レクリエーション的なものが多い。
(例えば、「鬼ごっこ」みたいなものとか)

●また、体育の授業は2時間続くことが多いが、
その中で、あれこれ何種類もの内容に変わるから
子供たちも飽きないし、楽しめる。

●子供たちが、その日は何をしたいか?の意見も通る。


~日本の体育~

●同じ種目が長く続くので、飽きる。
(ハードルが2週間とか、毎時間、跳び箱ばっかりとか)

●つまり、ひたすらその種目ができるようになるまでの
忍耐訓練ってことですね。(遊び心が少ない?)

●怪我が多い。(フィンランドで体育の時間に怪我したことは
今の所、一度もありません…)

●冬の寒い時でも、半袖半パンって辛すぎる。(pomoっち談)

●フィンランドと比べると、本格的な運動で鍛えているようなので、
それはとても良いことだ。(Vitoさん談)



お次は…

『日本の小学校で、一番楽しかった授業は?』

po: 「理科! フィンランドでは5年生ではまだやらないから。」

私: 「理科の何が楽しかった?」

po: 「お花を育てたの。どうやったらお花が育つかが分かって、
   とても面白かった! あと、電池自動車を作ったのも楽しかった。




ワタクシ、父兄の感想ですが。

秋に、各学年(クラス合同)による音楽会がありました。
pomoっち5年生たちは、ビートルズの曲をたて笛で合奏と
カーペンターズの曲を英語で歌うという大挑戦です。

なんと音楽の先生から、pomoっちは、ある任務を受けました。

「みんなに英語の歌詞の発音を教えてあげてくれますか?!」

(ま、フィンランドでは小学生から英語やってますんでね…)


この音楽会の全学年の仕上がりがホントに素晴らしくて、
みんな、どんだけ練習したん?ってぐらいに上手でした。
私なんか感動して、また涙腺崩壊ですよぉ。


で、そのビデオをフィン人家族やフィン友に見せたところ、
みんなが口を揃えて言ったのは、

「フィンランドの小学校じゃ、ここまでまとまりのある演奏はできないよ。
日本の音楽の授業、どんだけ厳しいの???」

106.png

確かに、こっちの小学校の舞台の出し物に比べると、
日本の小学生たちの舞台のレベルは高かったっ!!



こうして考えると…

日本の小学校は、完成度を高めるために1つのことに集中して
多くの時間を費やす。
(先生の仕事量もハンパないだろうね…)
なので、子供としては飽きるし、面白くないかもしれないけど、
成功した時の喜びは、次への大きなモチベーションUPにも
繋がるだろうと思う。
ただし、完成を極めるまでが、先生vs生徒の根比べ的な…?!

逆に…
フィンランドの小学校は、舞台の結果(出来栄え)には、
あまり重点を置かず、子供たちが、自主的に頑張ろう!!という気持ち、
自分たちで何をやるかを考える力と、本番までのプロセスを尊重し
結果がどうであれ、必ず「褒めてくれる」先生。



どちらの国の教育にも一長一短があると、
pomoっち本人も、ちゃんと気づいているようです。



それでも彼女の結論は…


授業時間が短いので、やっぱり
フィンランドの小学校のほうがイイっ!!
(夏休みも2ヶ月半あるし、その間の宿題もゼロだしね…)

でも、クラスメイトは日本のほうが好き。

105.png105.png105.png





[PR]
by joulupulla | 2017-05-11 17:54 | Japani ニッポン!!