<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
緊張
昨日は、ピアノの生徒の発表会でした!
いつものごとく頑張ってくれた生徒たちを誇りに思います。

教室のもう1人のピアノの先生は、本職はフルート奏者(教師)なので、
フルートとピアノと観客の歌~♪ ♫ ♪ ♫なんという余興もやりーのと、
楽しい雰囲気になりました。


さて。
発表会開始となり、客席の最前列に座る生徒たちの顔を見ると・・・

どエライ、緊張してるやん。(笑)

いやいや、笑っちゃ可哀想なんだけど、真剣に引きつっている表情が
カワユイというか、私も思わずプププとなった訳でして、
でも、これはちょっと、ほぐしてやらなければ・・・と思い、
私の経験談からのスピーチを、こんな感じで入れてみました。


################

緊張してますか?
適度な緊張は必要ですよ。それは良い集中力を作ってくれるので。
でも、緊張し過ぎはNG!

緊張するということの一つの理由に、
「失敗したらどうしよう・・・」
「完璧に演奏しなくては・・・」
という、気持ちがあるかと思います。
もちろん、本番で100%の力を出せることは理想かもしれないけど、
もっと大切なのは、そこに至るまでのプロセスです。

自分が日頃から、ピアノとどう向き合っているのか?
今日は昨日より、ほんの少しでも上手になってる?
そして、ピアノをどれぐらい楽しんでいるか?


約10年前・・・
まだ私がフィン語の日常会話もままならなかった時。
最初の頃は、文法の間違いや発音の悪さを恐れ、恥ずかしく思い、
フィンランド人と会話することが、とても苦痛で、常に緊張していました。
そして、頭であれこれ考えすぎたら、何も喋れない自分。

ところがある日、ピーンと何かが吹っ切れた時があったんです。

「私は、フィンランド人じゃない!外国人よ!だから
フィンランド人と同じように流暢に喋れる必要ないやん!」

しかも、あることに気がついたんです。
外国人が、フィン語を喋ろうと一生懸命になっていると、
喜んで耳を傾けてくれるフィンランド人が多い、ということに。

そこから、私のフィン語能力が急に伸びはじめたのです。
度胸?開き直り?ケセラセラ?(笑)

ピアノも同じだと思います。
私は自分の人生経験から、成功より、失敗から学ぶことのほうが多かった。
だから、失敗を恐れる必要はありません。

今日の発表会、あなたたちが自分の演奏を楽しみ、一生懸命な姿に
観客もとても喜んでくれますから、安心してください。

################


そして最後に、生徒たちに向かってこう尋ねました。

「ピアノは好き?」

すると、みんなが笑顔で、「うん」と答えてくれました。


発表会も無事終了し、帰宅すると・・・

とある父兄から、お礼のメッセが携帯に届きました。

「とても素敵な発表会でした。そして、あなたのスピーチは、
生徒たちを励まし、緊張をほぐし、成功に導きましたね。ありがとう!」


いや~そう言っていただけると、こちらも嬉しい限りです。

が・・・

ぶっちゃけ、私にとっては未だに、フィン語でのスピーチなんか難しくて、
緊張するな!と生徒に偉そうに言う私が、しっかり緊張してたんですけどね。


( ̄m ̄*)
[PR]
by joulupulla | 2013-04-29 17:10 | Työni 私の仕事
いいったら!
前々から、ず~っと気になってたというか、違和感だったんですけど。

日本では、iittalaの発音を「イッタラ」と表記すること。

どうしてもカタカナにしたいのなら、「イーッタラ」です。

ちゃーんと、i(アイ)が二つありまっせー。

これについては、iittalaの日本法人自体がこのような表記にしているので、
仕方ないとはいえ・・・


なんでなん?!と、ガックリ気分。(。・ε・。)

・・・ってことで、その筋に詳しい方々に話を伺ってみると、
外国語の日本語表記については、規定がユルイ傾向にあるらしく、
要するに、日本語としての語感や語呂、イメージが良い方向に、
発音も変えてしまう、つまりはマーケティング戦略としての理由があるかも、と。


でもさ~。(-__-;)

じゃ、例えば日本人がフィンランドに観光に来て、

「イッタラのお店は、どこでしょうか?」

・・・と、日本人の発音でフィン人に尋ねたとしても、通じまへんで~!
きっと何度も、「え?」と聞きかえされるのがオチです。


フィンランド語は、限りなくローマ字読みでしのげる言語です。
つまりは、カタカナにもしやすい。
だから、わざわざ発音を変えてしまうのが、腑に落ちないよなぁ・・・
と、在フィン日本人は口を揃えて言っておりますが。

日本人が語学に弱いと言われる理由に、こういうことも原因では?
と、ふと思ってみたり・・・(こじつけ?!(笑))
だって、間違った発音を堂々と使ってる訳ですから~。
せめて固有名詞ぐらい、ちゃんと発音したいよね、と思うわけです。


発音と日本語表記の違いは、iittalaの他にもありまして・・・
Teemaは、「ティーマ」ではなく、「テーマ」、
Suuntoは、「スント」ではなく、「スーント」。

どうも母音を一つカットする傾向にもあるようですねぇ。


ちなみに、フィン語では、単語の頭にアクセントが入ります。
なので、「イーッタラ」の、「イー」にアクセントを付けてくださいね。

「もういいよ・・・いいったら!

と、諦めの境地でキレた時のような発音でオケ。(爆)


日本で出版されてるフィンランド旅行ガイドブックにある「地名」についても、
正しい発音とはほど遠い、カタカナ表記になってるものが多いそうです。
これまた、フィンランドで道を尋ねる時に、苦労するかもねぇ~。

(>_<)


・・・ということで。

「私、イッタラの食器、大好きなの~。」

なーんて言ってると、本当のフィンランド・ツウじゃないね、と
バレバレですので、どうぞお気をつけて・・・
[PR]
by joulupulla | 2013-04-26 15:35 | Ajatuksia われ思ふ
帰宅しました~♪
なんや、なんや、今日のタンペレは雪降っとるで~。

(>_<)

春の陽気の日本から、まだまだ冬のようなフィンランドへ。
時差ボケに加えて、季節ボケになりそうですな。


今回はいつもの帰省より半分ほどの短い滞在だったけど、
目的だった「サクラ」は、がっつり鑑賞でき、心が癒されました。

やり残したこと、買い忘れたもの、会いそびれた人もいっぱいだけど、
日本で補給できたエネルギーで、またこれからのコンサートシーズンを
乗り越えられるぞ~!(・・・のはず(笑))


pomoっちは、2週間もの間、学校をおサボリしての帰省です。
「5日以上の休暇は、担任と校長先生の許可が必要」
・・・なのですが、どちらも快諾してくださいました。

欠席届の理由欄 : 桜の時期に日本のジジババに会いに行く。

これだけで簡単に許可を出してくれるフィンランドの小学校、
バンザーイ!(笑)


さて、今回のフライトは名古屋便でした~。

運が良ければ、あの話題の「Unikko(marimekko)便」に乗れるかも?
なーんて期待してたけど、残念~。

でも嬉しかったのは、もうpomoっちが赤ちゃんの時から
名古屋便に乗る際には大変お世話になっていた日本人クルーの方が、
産休から復帰されてて、3年ぶりぐらいにお会いできたこと。
ビジネスクラスを担当されていたので、お互いに気が付いて、
お喋りできたのは日本に到着後。
別のクルーの方は、このブログを読んでくださってるようで、

「ホンモノのpomoっちですね!」

・・・と、声をかけてくださいました。ヽ(・∀・` )ノ

名古屋便は相変わらず快適です。
フィンランドへの帰国便のこと・・・
ランチが、「ビーフカレー」か「チキン南蛮」の選択。
でも、最も後方の座席に座ってる私たちのところまでに
チキン南蛮完売~・・・orz

pomoっちが、辛いカレーは食べられないので、
ショボーンとしていたのを、フィン人のクルーが気を配ってくれ、

「チキン南蛮、ひとつだけ見つかったので、どうぞ!」

と、わざわざ持ってきて取り替えてくださいました。

pomoっちは感激して、自分の大好物のプリンチョコを
そのクルーにあげると、

「デザートに頂いたわよ。美味しかった。ありがとね!」

と、後でお礼を言いに来てくれて、pomoっちも嬉しかったようです。


日本から飛行機が出発した時、窓の外を見ながら、

「バイバイ、ニッポン。あ~あ、もうニッポンが恋しいよ・・・」

と、寂しそうだったpomoっちですが、今回もいつものごとく
とても良い子で、長時間フライトに耐えてくれました。

生後5ヶ月から日本を往復してるpomoっちが、飛行機の中で
私を困らせたこと、周りに迷惑をかけたこと、一度もないんですよ、実は。
「イイ子だったね~!」とクルーから声をかけられたり、ご褒美に山盛りのチョコを
もらったりするぐらいでした。

「だってアタシ、飛行機大好きだもん、ニッポン大好きだもん!」



で、で、で、なんと!!
ヘルシンキ空港に到着すると・・・

なんとも私たちの便の隣に、上海からの便が止まっていて・・・


Unikko便やん!!!\(◎∠◎)/


次回の帰省こそは、この可愛い飛行機に乗れますように・・・

c0028104_139049.jpg

[PR]
by joulupulla | 2013-04-08 01:40 | Japani ニッポン!!
へんし~ん♪
毎回、仲間たちと恒例の食べ放題ランチオフ。
今回は、おトイレに「コンセント」があるホテルのレストランで。

なぜかというと・・・

プロの美容師さんである仲間の一人が、pomoっちと
もう一人のお友達の娘ちゃんの髪をセットしてくれる、というので。

pomoっち、この日をとても楽しみにしておりました。

その美容師の友人は、いつもゴージャスなヘアスタイルで、
カッコイイので、pomoっちにとっては憧れの存在です。


いや~さすがに、プロの手さばきは凄い。
たった15分弱ぐらいの間に、素敵なマーメイド風ヘアスタイルが
出来上がり~!


じゃ~ん♪

c0028104_9545882.jpg


c0028104_9552774.jpg


c0028104_9555095.jpg




盛ってもらった女子2名。
すっかり、プリキュアなりきり・・・でした。(笑)

c0028104_944127.jpg

[PR]
by joulupulla | 2013-04-03 09:57 | Japani ニッポン!!
やっと・・・
やっと会えました。
母として、そしてピアニスト&ピアノの先生として、
ずっと尊敬していたお二人に。

このブログを通じて知り合って、もう8年?!
ウララちゃんとは、彼女のサロンコンサートでお目にかかってから
すでに7年ぐらい経過。
でも7年前と変わらず美しいし、世界的ピアニストなのに
いつも人懐っこいお人柄がサイコー。

Kaboちゃんとは、過去にも会えるチャンスがありながらも
スケジュールが上手く合わずに涙をのんだこともあったけど、
今回、ようやく夢が叶いました。
しかもKaboちゃん、この日は高熱で体調不良だったのに。
私とpomoっちの顔をひと目でも見たいと言ってくれ
頑張って時間を作ってくれた。

泣いちゃったよ、二人の顔を見てハグした瞬間に。

(ρ_;)


女子4人でのイタリアンランチ&お茶は本当に楽しかった~。
普段からネットでやり取りしているから、古~い友人の感覚だし。
pomoっちも、優しい2人にすっかり、なついちゃって。

そして、ピアノ談義は、かなり楽しかったな~。
ってか、非常に勉強になりました。

ピアノ教師としての考え方が、すんごく共感できるんだなー。
ピアノ談義をし始めたら、きっと一晩中でも話せるぐらい。

私が最近、悶々としていたことも、2人に相談して肩の荷が
おりた気分になりました。

以前もココで、pomoっちが私のピアノのレッスン(職場)に通い始めた、
とお話ししましたが・・・
(本人が自分から習いたいと言ったので~)

なんと、レッスン開始たった1ヶ月で、

「あたし、ピアノレッスンに行くのをやめる~。」

と。

ε= ( ̄、 ̄;)


「なんで?」

「だってピアノの椅子が、"恥ずかしい"から。」


恥ずかしいって・・・意味不明・・・orz
要するに、椅子が"ダサイ"ってことなのか?!(爆)

「お家で、やりたい時にやるから。」

いや、きっと、やらん。
いつでもできる、というお気楽な気持ちでは、ピアノはできない、続かない。

周りはね、ママがピアノの先生だから、いつでもタダで教えてもらえて良いわね~
なんて無責任なことも言ってくれるわけですが、親子で教えることの難しさは
ハンパないのよぉ、と私は前々から思ってたワケです。

でも、無理して親が教えないほうが良いってこと、
本人がピアノをやりたいという気持ちになれば先生を探せば良いってこと、
(ま、良い先生を探すのは、これまた難しいのだけど)
本人にその気がないのに、無理してピアノを習わせるのは不幸ってこと、
(ピアノ人生には終わりのない苦行が続くわけですから)
・・・etc

改めて自分自身のピアノ教育に対する考え方は、これで良いんだ~
ということを、友人たちと話して感じることができました。


さて、日本滞在最後の週。
まだまだ楽しみますよん♪
[PR]
by joulupulla | 2013-04-01 21:30 | Japani ニッポン!!