<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
勝つこと、負けること
先日、pomo殿は、とあるお絵描きコンテストに入賞しました。
(・・・と言っても、小規模ですが(^^ゞ)
3歳の頃にも1度、優勝したことがあるので、これで2度目。

「アタシ、ぜったいに勝つからね!」

と意気込んで描いてる本人を横目に、親としては、

「(そんな世の中、甘くねーよ・・・)」

と心の中で思いながらも、コンテストの翌日に、
主宰者側から、賞品を取りに来るようにと連絡があった時には
驚いたと共に、やはり嬉しく、娘を誇りに思いました。

もちろん、賞品のオモチャを手に、一番喜んでいたのは
pomo殿本人なのですが・・・


こういう経験は、子供にとっても「自信」に繋がるので、
とても良いことだと思う反面、実は、
負けることが絶対に許せない性格の傾向にあるpomo殿。

例えば、お友達や家族でゲームや何かの競争をする時、
自分が負けると、勝てなかったことに悔し泣きをします。
つい最近も、家族3人で椅子取りゲームをしていた時、
Vito君や私が勝つと、泣いて怒るpomo殿。

(- -;)

そのたびに私たちは、

- 人間はいつも勝てるわけじゃないこと
- 負けたって、何も恥ずかしくないこと
- 負けてもまた、次に頑張れば良いこと
- 勝ちたい気持ちはみんな同じだから、勝った人には
心から喜んであげること


・・・などを、とくと説明しても、
本人はなんだか理解してるのか?してないのか!


そこで私が負けた時、ちょっとした芝居をしてみました。
私は床に座り込み、顔を隠して大泣き(マネ)。

「Äiti(ママ)が、ぜ~ったいに勝ちたかったのにぃ!
なんでpomoちゃんが勝っちゃうのよ?(T_T)」


するとpomo殿は私の頭をなでながら、こう言いました。

「Äiti、あのね。誰でも、いつでも勝てるわけじゃないのよ。
みんなが勝ちたいんだからね。また次に頑張ればいいでしょ?」



柱| ̄m ̄) ウププッ


セリフだけは、分かっとるやんけ~。(爆)


そして、その次に私が勝った時、pomo殿は、
「Äiti、勝てて良かったね!」
と、ニコニコしながら言ってくれました。



それでもまた何日かすると、そんなことはすっかり忘れ、

「pomoちゃんが勝ちたかったのにぃ~~!(*`Д´)ノ」

と、始まる・・・▄█▀█●



勝ちたいと思う気持ちは、自分自身の向上のためにも
ほど良く必要だとは思います。
でも、負けることから学ぶこともいっぱいある。
成功も、挫折も、どちらもバランスよく経験して欲しい。

負けることを恐れず、逆にその負の経験をバネにして
成功できるような人間になってほしいな~~と・・・
これは、挫折もたくさん経験してきた、親バカな私の願いです。
[PR]
by joulupulla | 2011-02-16 17:52 | Lastenhoito 育児
Iloista Ystävänpäivää !!
今日、フィンランドは、お友達に感謝する日。
Ystävänpäivä(お友達の日)デス。


チョコレートをあげるような習慣はないけれど、
大切なお友達にはポストカードを送ったり、
小さなプレゼントをあげたり、
携帯でメッセージを送りあったり。


先ほどまで滞在していた義理ママの携帯は
朝からピコピコ鳴りっぱなし。(笑)
お友達が多いので、メッセージがたくさん届きます。

特にママの年代のフィンランド人女性たちは、
「友達」をテーマにしたポエムを、メッセージとして送るのが
なにやらお好きなようでして・・・(^_^;)

ママの携帯メッセに届いたポエムを、ちょっとだけ
ご紹介しますね。


Hyvä ystävä on kuin, aspiriini - se auttaa.
Hyvä ystävä on kuin, nastarengas - se ei petä.
Hyvä ystävä on kuin, sadekuuro - se virkistää.
Hyvä ystävä on kuin, kesä - se on aina yhtä odotettu.
Hyvä ystävä on kuin, koti - siitä ei voi koskaan luopua.



(ざっと要約すると)

良い友達というのは・・・
助けてくれるアスピリンみたいなもの、
正しい道に導いてくれる(裏切らない)アンチスキッドタイヤのようなもの、
リフレッシュさせてくれる雨のようなもの、
いつも心待ちしている夏のようなもの、
絶対にギブアップできない家(家庭)のようなもの。



他にもこんなポエムが。

Hyvät ystävät ovat kuin tähdet.
Vaikka niitä ei aina näy, tiedät silti niiden olevan olemassa.



良い友人達は、星のようなもの。
いつも見れる(会える)わけではないけど、
それでもアナタは彼らの存在を、知っている。



私には、こんなポエムは書けまへんが・・・


このブログを読んでくださってる皆さん、
Twitterで絡んでくださる皆さん、
そして、リアル世界の友人たちよ!!!


いつもありがとう~(o^∇^o)ノ 

[PR]
by joulupulla | 2011-02-14 20:17 | Suomi フィンランド!!
Suklaamuffinit
この週末は、義両親が遊びに来ています。

そして、今日は義理ママとpomo殿が
チョコレート・マフィンを焼いてくれました。

ココアを入れた生地。
真ん中には、板チョコ(ダーク)を一粒かくして、
焼き上がり♪

c0028104_22114672.jpg



トッピングは、イチゴ味のアイシング。
トッピング担当パティシエは、仕事しないで
つまみ食いばかりですが?!(^_^;)

c0028104_221152100.jpg



甘さもほど良く、あまりにも美味しくて・・・

私は3個も一気食いしてしまいますた。σ(^◇^;)

c0028104_221202.jpg



そして今、コーヒーが入ったので・・・

4個目、食べてきま~す!!(笑)
[PR]
by joulupulla | 2011-02-12 22:22 | Nam 食べる 飲む
やっと!
長かった体調不良も、なんとか峠を越せたようです。

いや~それにしても・・・
特に前回のブログ記事以降は日に日に症状が悪化して行き、
まさに峠のてっぺんで、降りる道が見つからずに彷徨うような、
しんどくてツライ毎日でした。(T_T)

「インフルエンザ」と「喘息」と「アレルギー性鼻炎」が併発したら、
こんな感じだろうな~と思うぐらいに、きつかったです。

今もまだ軽い咳や喉・鼻・耳の症状は残ってますが、
痛みや不快な症状が緩和されると、
こんなにも気分は天国!になるものなのですね~。
とにかく、健康のありがたみを痛感しております。


さてさて、嫁や娘がインフルエンザでダウンしていても、
全く心配している気配も、素振りも見せず、
「1時間ほど、スキーに出かけてくる」
「フリーマーケットに行ってくる」
「ギターの練習する」
などと、私達を放っておいて、好き勝手に逃げていたVito氏。

(- -;)

私の症状がいかにツライかを、しつこいぐらいに愚痴っても、
ぜーんぜん聞いてないふり。

なんだよ、コイツっ!!と思っていたのですが・・・


数日前、私がキッチンに立っていたら、急に背後に立ち、
私の肩をもんだり、頭をなでなでしながら、

「ダイジョウブ?マダ、ガンバッテ!」

と日本語で突然言うVitoに、

「なんで急に、優しくなってんの?」

と聞くと、

「まだ完全に治ってはいないだろうけど、今日は随分と、
表情が明るいから、あともう一息だな~と思って・・・」


と、ぬかしやがる。

ふ~ん、そうなんだ。
一応は心配してくれてたってワケなのね。(笑)

言葉にも態度にも全く出さないけど、実は・・・
ってのが、典型的なフィンランド人男!


( ̄m ̄*)ププッ


症状の完全撲滅までは、あともう一息!って感じですが、
今週から仕事にも復帰しました。
なんとか無理のない程度に頑張ります~♪


Twitterでは、たくさんの皆さんにご心配のメッセをいただき、
本当に嬉しかったです!!
ありがとうございました~~♪
[PR]
by joulupulla | 2011-02-08 17:16 | Muut その他いろいろ