<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
長引いてます・・・
かれこれ3週間も、喉の痛みと咳に苦しむ日々。
不思議と熱は出ないのだけど、さすがに耳まで痛くなってきたので、
一昨日、やっと病院に行ってきました。

と、ここでフィンランドの医療システムについて、
ちょびっと書きますと・・・

この国では基本的に地域の担当ドクター制で、
まずはTerveyskeskus(公立の診療所)に予約を入れ、
ゼネラルドクターに診察してもらことになります。
そして、それ以上の詳しい診察、検査等が必要な場合は、
大学病院などで専門医に診てもらえるように手配されます。

医療費も、公立なのでとても安い。
(何万円もかかるような検査や手術が、数千円で済むことも)
だからもちろん、いつもと~っても混雑しています。
そして、電話予約の時点で、「これは緊急な病気ではない」と
判断された場合は、悲しいかな、
診察までに何週間も待たされることもあります。


今回も、まずは公立のOmalääkäri(担当医)の予約を取ろうと
電話をしました。そして予想通り、
「担当医の予約は当分、取れません」
と言われ・・・
「直接に診療所に来て、長時間待つことにはなるけど、
看護師となら話(病状の相談など)もできますが」

と。

次に私は、私立の病院にも電話。
すると、
「では今から1時間後に来れますか?」

(早っ!!)


はい。ここで素早く判断です。

つまり、

長時間待ちたくなくて、金に糸目をつけぬなら、
私立の病院に行きましょう!
でも、そうでなければ、公立へ・・・ってことね。
(公立では約14ユーロの診察費、私立ではその3倍近く)


結局私は、耳の痛みまで出ていたことが気になったので、
私立の病院へ行くことにしました。
(健康はお金には換えられないも~ん!)

予約の時間通りに診察開始。
キレイで優しい女医さん。

喉や耳、ついでにホッペの炎症などがないかを診てもらい、

「うーん、長引く風邪ですね。喉も耳もホッペも異常ありません。
痛み止め、咳止め、ビタミン、暖かい飲み物をとって・・・云々」


はいはい、そうですよね。
アドバイス通り、すでにやってるんですけどねぇ。(>_<)


ま、とりあえず中耳炎などの問題もなく、
抗生物質が必要なほどの炎症もなく、
単なる風邪。

でも、うっとおしい症状は今も相変わらずです・・・orz


あとは時間薬を待つしかないのでしょうか。(T_T)


ちなみに先週末は、pomo殿も高熱でダウンしておりました。
珍しく、グッタリモード。
そして、一度回復したと思いきや、今度は私と同じ、
激しい咳と喉の痛みで、再びグッタリ。
今日は咳もだいぶ治まり、元気な様子なので一安心です。
子供の快復力って、スバラシイ・・・


日本もインフルエンザが大流行してるようですね。
みなさんも、どうぞお気をつけて~~!!!

さて、母娘が病んでる中・・・
[PR]
by joulupulla | 2011-01-28 17:59 | Muut その他いろいろ
フィンランド人は面白い?!
突然ですが。

みなさんが考えるフィンランド人像って、
どんなイメージですか?

シャイ
人見知り
無口
頑固
簡単に心を開かない
情にもろい
ネクラ
・・・・・・etc


ふむふむ、確かに。


でも最近、私が思うのは、
実はフィンランド人も、面白いことが大好きで、
しかも、ノリも良いってこと。


フィンランド人御用達の、Huuto.netという
オークションサイトがあります。

そこに今、とっても珍しい「出品者」が現れ、
ちょっとした話題になっています。


売りたい商品: Koko omaisuus !

つまり・・・

家の中にあるもの、“全て”を売っちゃう!

らしい。(笑)

\(◎∠◎)/オーマイ


出品者は、
「全部売れたら、やしの木の生える場所に出発します・・・」
などと、コメントを書いています。
(どこか海外のリゾート地にでも引っ越すというのか?!)

サイトには、その売っちゃいたい家財道具一式のリストが
写真と共に、大まかに記載されており、
家具、電化製品、コンピュータ2台、ピアノ、ギター、金メダル(?)・・・
そして、なんと、日本車なども含まれています。


とにかく、何もかもぜ~んぶまとめて買ってくれっ!!と。

w(≧∇≦*)w


また、オークションスタート時の値段が笑えます。

1ユーロから。(爆)


そして、一番最初に入札した人は、

2ユーロ。(爆)



今はさすがに、41000ユーロほどまでに入札されていますが・・・

何気に月末の最終落札日が楽しみです。

( ̄m ̄*)



もういっちょ。
今話題の面白いフィンランド人というと・・・


現在放送中の、あるTV番組から生まれた新キャラクター


Munamies(たまごマン)


c0028104_1843330.jpg




この番組は、俳優さんたちが独自の創作キャラに扮し、
面白いことをやり(喋り)、毎週勝ち抜きで、
優勝者を決めていくものなのですが、
今のところ、Munamiesの人気はダントツ!!
このまま優勝しちゃうかも???の勢いです。


Munamiesのチャームポイントは、
ヘリウムガスを使ってるであろうと思われるユニークな「声」。
そして、幼児のような舌足らずで可愛い喋り方。
発するギャグも、なかなか面白いです。
先週の出し物では、そのヘリウム声で、
『Con Te Partiro』を歌ってました。(>_<)


某所にビデオが上がるものの、すぐに削除されてしまうため、
彼の芸をお見せできないのが残念!
ちなみに、MunamiesはFacebookでも
すでに52000人以上ものファンが居るそうな~♪


じ、実は・・・
pomo殿も私も、すっかりファンになってしまいました。


(^_^;)



***写真はILTALEHTI.FIより
[PR]
by joulupulla | 2011-01-19 18:08 | Ihmiset 人びと
あの日のこと・・・
阪神大震災から、今年で16年になるのですね。
私はまさに、その大地震を経験しました。

その頃の私はまだ独身で、ピアノ演奏の仕事をしながら、
武庫川という川沿いの尼崎市で一人暮らしをしていました。
そして、私の祖母は、そのすぐ近くで同じく一人暮らし、
私の両親と弟は、千葉県に住んでいました。


地震発生の日のことは、今でもハッキリと覚えています。
突然に、ドーンと、まるでエレベーターで落ちたような感覚を覚え、
夢かと思って、ベッドから飛び起きました。
と、同時にご近所さんであろう女性の悲鳴も聞こえて・・・

我が家の大きなテレビは、台から落下。
冷蔵庫の中身は全て外に放り出され、
食器棚の中の食器も、こなごなに床の上に散乱していて、
一体何が起こったのか???
その時はまだ何も理解できていませんでした。

そしてショックだったのは、玄関から外に出てみたら、
目の前に立っていた古い木造のアパートが全壊し、
今までの風景とは、全く別世界のようになっていたこと。

私は慌てて、近くに住む祖母に電話をし、安全を確認。
とりあえず、自分の必要品だけをまとめ、すぐにそれから
祖母の家で一緒に過ごすことにしました。


電気は意外とすぐに使えたと記憶していますが、
水とガスが全く使えない生活。
電話は混線状態で、ほとんど繋がらない。
スーパーマーケットの棚は空っぽで、何も商品が残っておらず、
人々は残り少ないパンや缶詰などを取り合いしている、
まるで戦場のような光景。

別の市からの救援の水をもらうために、寒い中、何時間も
長蛇の列に並んだこと、
枕元には、すぐに避難できるように、必需品だけを詰めた
スポーツバッグを置き、余震にビクビクしながら熟睡できなかったこと、
色んな情景が、鮮明に思い出されます。


その当時の私は、身分不相応なブランド志向で、
洋服や食器など、高価なものにもお金をつぎ込んでいました。
でも、避難用のスポーツバッグを準備しながら、
「こんなブランドの洋服なんか、持って逃げられない・・・
高価な食器は、ほとんど割れてしまった・・・
私は今まで、何にお金をつぎ込んでいたのだろう・・・
今、自分が一番欲しいものは、水、食べ物、お風呂に入ること、
そして、安眠できること・・・」
と思うと、本当に悲しく、それまでの自分に対して、
残念な気持ちになりました。


また、たくさんの人々からの暖かい支援もありました。
茶道・華道の先生だった祖母のために、
「先生、少しですが食べてください」
と言って、貴重なパンを持ってきてくださる生徒さんがいたり、
私が演奏をしていた大阪のピアノラウンジのマスターは、
水のペットボトルを持たせてくださったり。


そして、震災発生の数週間後には、なんとか祖母と共に、
千葉の両親の元へと避難することができました。



この震災で犠牲になられた全てのみなさんのご冥福を
心からお祈りします。
そして、身体も心も傷ついた多くの方々が、少しずつでも
癒され、穏やかな生活を送られていることを、願っています。
[PR]
by joulupulla | 2011-01-17 15:42 | Muut その他いろいろ
新しい年に思ふ
何ヶ月ぶりでしょうかね、気温がプラス側になったのは。
ここ数日は0度~+1度と、ずいぶん気温が上がりました。
ちょうどクリスマス時期の、脅威の-30度からすると、
ものすごい温度差です。


さてさて。

実は昨年末の、クソ忙しい時期。
私は、ちょっとした外科手術を受けてきました。

あ・・・鼻を高くするとか、胸にシリコン入れるとか、
そんなんぢゃないですわよっ!((( ̄へ ̄井)

日帰り手術だったので、年末年始は自宅でゆっくり
療養するだけでOK~。
痛くも痒くもないし、簡単な手術だったけど、
私が長生きするために大切なもの、でした。

(孫の顔を見るまでは、まだまだ死ねないのよっ(笑))


定期健診や早期発見の大切さ、
そして、フィンランドの医療技術の高さも
改めて実感しましたよ!


昨年は、夫婦共に体調を崩しやすい年でした。
そういや、pomoっちもよくお熱を出したよな~。
あっちが痛い、こっちが痛いなんつー夫婦の会話は
日常茶飯事、まるで爺さん婆さん状態です。

なので、今年2011年の目標は、


≪家族みんなの健康!!≫


(o^∇^o)ノ 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と思ってたのに、

このところの気温差に身体が付いていかず、
新年早々、風邪をひいてる私ですが。


とほほ。(>_<)




話し変わりまして。

元旦に絶対に開ける!と楽しみにしていた
私の大切な大切な日本酒、「而今(じこん)」


c0028104_18422844.jpg



なんかねぇ・・・フィンランドに住んでから、
もったいないお化けになっちゃいましてね~。
特に、貴重な日本酒(而今は、日本に居ても入手困難)を
開けるのには、ものすご~い勇気が必要なんですよ。

だって、飲んだら無くなっちゃうじゃないですか~。(笑)



でも、やっと。

勇気を振り絞って、昨晩、開けました。
風邪のせいで、扁桃腺が腫れて痛かったのに、
お酒飲んでる間は、痛みが引いてましたけど・・・?!

( ̄m ̄*)


いや~。久しぶりの而今。
フルーティーで甘口!本当に美味しかったっす。


ビン裏のラベルには、杜氏さんの名前と、
そして、こう書かれていました。

『過去に囚われず、未来に囚われず、今をただ精一杯に生きる』



かっこエエ~w(≧∇≦*)w
[PR]
by joulupulla | 2011-01-10 18:54 | Ajatuksia われ思ふ
新年あけましておめでとうございます!
Hyvää Uutta Vuotta !!


2011年うさぎ年の始まりですね。
年女のぷっらちゃんです。
え?24歳ですが、何か?(*`Д´)ノ!


昨日は、フィンランドの年越しは「つまんね~」
ボヤいておりましたが、こっちに居たら居たで
それなりに楽しく過ごしておりました。

夕方からボチボチと居酒屋開店(笑)の準備をはじめ、
pomo殿のリクエストで、伊達巻もどきを作ったり、
Vito君は、自作の灯篭やランタンにキャンドルを灯してくれ、
なんとなく気分は和風な大晦日。


c0028104_19354443.jpg


c0028104_19453283.jpg




居酒屋メニューで満腹になった後は、pomo殿お待ちかね、
花火の時間。
ご近所さんたちは早々と、夕方6時ぐらいから打ち上げはじめ、
ボンボンと賑やかな音が夜中の12時過ぎまで続いておりました。


c0028104_19453739.jpg


c0028104_19454311.jpg



幸いなことに、昨夜はマイナス5度程度と暖かかったので
花火日和でした。
雪化粧の木の枝に、せんこう花火をぶら下げたりして
とってもキレイ。
東西南北の空あちこちに上がる花火は、なかなかの絶景でしたよ!


c0028104_19455238.jpg




花火の後は、これもフィンランドの大晦日恒例、
「Tina(ティナ)」のお時間。
(Tinaとは?→こちら参照)


そうこうしているうちに、TVではフィンランド国歌が始まり、
いよいよ10秒からのカウントダウン♪
フィンランドも日本より7時間遅れて、新年になりました。


私が、フィンランドの年越しも、まんざら寂しくない!と
思えた理由のひとつに、Twitterの存在がありました。
年が変わった瞬間に、一気に流れるオメデトウのメッセージ。
顔も知らない人たちと、お祝いの言葉を交換して、
なんだか不思議な感覚だったけど、とっても楽しかったです。

もしも・・・
ネットのない時代に、私が海外在住になってたとしたら?
ここでの生活を、これほど充実できていたかどうかは、
分からんなぁ~と、つくづく。


とゆーことで。

皆さんにとって、2011年も素晴らしい年になりますように。
本年もどうぞヨロシクお願いいたします。
また、Twitterでも私を見かけられましたら、
お気軽に声をかけてくださいね~~~!!!


(o^∇^o)ノ 
[PR]
by joulupulla | 2011-01-01 20:20 | Suomi フィンランド!!