<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
名は体を表す。
超・久しぶりに、このカテゴリー更新です。


テレビを観ていたら、Karvainenさんという苗字の
男性が出てきました。


Karvainen(カルバイネン)= 毛むくじゃら、毛深い



そこで、pomo殿がひとこと。


「でも、このおじさんの頭には毛が少ないよ・・・」


(爆)



そういえば昔、ドイツ在住の方に聞いた話なんですが。

ドイツにもユニークな苗字が多いそうで、
「閉店さん」という名前の、お店のオーナーがいたり、
「悪人さん」という名前の、お医者様が実在するそうです。



\(◎∠◎)/スゲー
[PR]
by joulupulla | 2010-09-23 20:36 | Kieli 爆笑フィンランド語
芸術の秋
・・・・・・Vito君の力作、どうぞご覧くださいませ♪

http://vitofin.exblog.jp/14644360/
[PR]
by joulupulla | 2010-09-22 03:11 | Hommat 夫の手作り
フィンランド産を、初めて食す。
何だかこの所、スッキリしない天気が続くタンペレ地方。
典型的な秋だなぁ~。
今日もジトジト雨模様・・・


秋!といえば、日本は味覚の秋ですね。

いも・くり・かぼちゃ


の3点セットは私の大好物♪


でも、そんな大好物を、ここフィンランドで見つけるのは
至難の業・・・orz
日本にあるような、ホクホクで甘くて美味しい、さつまいもや
かぼちゃは、ほとんど見かけません。



ところが先週。
Vito君が上司から、こんなものをもらってきました。
上司のお家の庭で育ったものだそうな。


ヽ(・∀・)ノジャジャーン


c0028104_1557817.jpg



デカっ。

(マッチ箱との比較でご覧下さい)


私がフィンランド産のかぼちゃ(Kurpitsa)を食べるのは、
実はこれが初めてです。

そこで、私の脳裏をすぐにかすめたのが、

「ふふふ。この週末には義理ママがやって来る。
いぇ~~い!かぼちゃケーキだぁぁぁぁ。」


w(≧∇≦*)w


Vito君がまず、このジャンボ・かぼちゃを解体。
そして義理ママが、Kurpitsapiirakka(かぼちゃのタルト)
初挑戦してくれました~。


c0028104_15553367.jpg



あああ・・・旨い。ウマすぎる・・・(T_T)

私の中では、義理ママ・スウィーツのトップ3に
入るぐらいの美味しさ!!
もう完璧です!!

c0028104_15553822.jpg




さて、かぼちゃで作ったものは、それだけではありません。
茹で汁からは、かぼちゃのポタージュスープを。
種は乾燥させ、オーブンで焼いて、栄養満点のおつまみに~。
無駄は、ひとつもありませんよっ!


そして。
Vito君が作ってくれた、あるモノもありますが・・・
それは後日、本人のブログでね!




義理ママ・スウィーツ番外編。

Köyhät ritarit

c0028104_15555689.jpg


フレンチトーストのフィンランド・バージョンです。


c0028104_15554955.jpg


日にちが経って硬くなったプッラのスライスを牛乳に浸し、
たっぷりのバターで焼き、ジャムやクリームなどを
お好みでつけて食べる。
(フレンチトーストのように卵を使うこともあるそうな~)



ふぅ~。

スウィーツでお腹いっぱいだった週末でした!!(^^ゞ
[PR]
by joulupulla | 2010-09-21 16:23 | Nam 食べる 飲む
クッキー作りは楽しい!
一昨日から、義両親が遊びに来てくれています。
pomo殿は、ムンモ(=おばあちゃん)と一緒に、
ムーミン型のクッキーを焼くのを、心待ちにしていました。


c0028104_20571951.jpg

c0028104_20572713.jpg

c0028104_21473427.jpg






さて、昨日の晩ご飯は、ぷっら家特製、「ちゃんこ鍋もどき」

c0028104_20573894.jpg



実はこれ、義理パパ&ママのお気に入りメニューなんです。(^^ゞ
義理パパは基本、ジャガイモとマッカラ(=ソーセージ)を好む、
典型的なフィンランド人なのですが、4年前に行った京都で、
不思議なことに、「豆腐」に魅了されてしまいましてね。

なので、ちゃんこ鍋はとても喜んで食べてくれます。
今回は、フィンランド風ちゃんこ!
マッカラも入ってまっせ~~。



えっとね。

今、キッチンでは、義理ママが“あるもの”を使って、
美味しいスウィーツ作りに初挑戦してくれています。


うふふふふ・・・( ̄m ̄*)



それはまた後日UPしま~す♪
[PR]
by joulupulla | 2010-09-19 21:23 | Nam 食べる 飲む
困ったなぁ・・・
火曜日から高熱でダウンしていたpomo殿、
やっと今日は熱も下がり、少しずつ元気になってきました。
Twitterのほうで、ご心配いただいた皆さん、
ありがとうございました~。m(_ _)m


さて、そのpomo殿ですが・・・
今年のクリスマスにJoulupukki(サンタクロース)から欲しいものが
早くも決まったそうです。


「空を飛べる羽」



w( ̄o ̄)w オーマイ!



ほら、妖精ちゃんたちが背中につけてる羽です。
キラリ~ンと振れば、欲しいものが何でも出てくる魔法の棒もつけて。

持ってるんですよ、こんなの↓。

c0028104_18295546.jpg



でも、これはオモチャだから、本当に飛べない!とpomo殿、主張。


とりあえず、彼女には真実の説明を試みました。


私: 「あのね、人間はお空を飛べないのよ。アニメに出てくる妖精ちゃんたちは
    人間じゃないの。」

po: 「でも、蝶々さんや、鳥さんはお空を飛べるじゃない。」

私: 「うん、でも人間は無理なの。ま、大きくなったら、スカイダイビングでなら
    飛べるかもよ?!」

po: 「イヤだ!pomoちゃんはぜーったい、羽が欲しい!!(泣)」




あ~あ、マジ泣きだよ・・・(>_<)


そりゃ、私だって空を飛びたいわよ~。
高い航空券買わなくても、日本にビューンと飛んで行ける。
ドラえもんの竹コプターでもいいよね。



さらにもう1つ、pomo殿が欲しいものがありました。
これまた最強。


po: 「あのね、pomoちゃんが中に入れるテレビが欲しいの。」


ん?


po: 「テレビの中に入って、アンパンマンと遊んで、また外に出てくるの。」



ひぇぇ・・・il||li▄█▀█●il||li


貞子ぢゃないんだからよぉ~。



今までのクリスマスは、ごくフツーの、現実的なオモチャを欲しがったpomo殿。
なのに、今年はまるで夢見る少女・・・



さぁさぁ、どうする!サンタクロース!!( ̄m ̄*)
[PR]
by joulupulla | 2010-09-17 18:36 | Lastenhoito 育児
最近お気に入りのミュージシャン
Iiro Rantalaは、この国トップクラスのジャズピアニスト。
個人的には、Lenni-Kalle Taipaleのサウンドのほうが
私好みなのだけど・・・
とにかく、この2人はフィンランドを代表するジャズマンです。


最近、そのIiroがホストを務めるテレビ番組があり、
毎回、彼のトークが面白いので、爆笑しながら観ておりました。
番組は、音楽界のゲスト(フィン・ポップスの大御所や、有名な指揮者など)
を呼び、音楽についての対談をしながら、かつ、Iiro自身も
そのゲストと一緒に演奏をするというもの。

さて、昨夜の放送では、ジャズ界のIiroが、オーケストラをバックに
モーツアルトの「ピアノ協奏曲23番」を演奏するということで、
何気に興味深い内容。


美しく、荘厳な、とある教会での演奏会。
何気に、Iiroの表情にも緊張感が漂ってます・・・

ジャンルは違えど、やっぱりプロ。
演奏が始まると、なかなかイイ感じ~♪
モーツアルトは、そこまで陶酔しなくてもいいんじゃね?ってぐらいに
感情的に弾いたり、間の取り方にジャズの癖が見られたりしたけど、
そこはテレビ的演出。
さすがに上手いな~!と感心しながら聴き入っておりましたが・・・



事件は第三楽章で起こりますた。


モーツアルトのようなシンプルな曲では、たった一音はずしただけでも
観客にバレバレ、ごまかしは一切ききません。

バシッと決めなければならなかった左手のベース音、たった一音。
これを、なんとも半音違いでミスタッチ。


あちゃ~~~。∑( ̄ロ ̄|||)



静かな教会内には、その濁った音が見事に響き渡る・・・


その後は、動揺を隠しきれない雰囲気のIiro。
ま、それでも最後まで何とかイイ感じのまま、弾き終わりました。

「上出来じゃん!」とワタシ的にはブラボーだったのですが、
Iiro本人は、演奏後のインタビューで、か~な~りの凹みよう。


「家での練習では、上手く行ったのに・・・。ああ、最悪!」

と、自分の出来栄えには超・不満足。


そんなIiroを見てて、とても親近感が沸いてきた私。
こんなトップクラスのミュージシャンでも、失敗もすれば、
自分の演奏にガッカリすることもあるんだなぁ~と。



ふと、自分を振り返ってみました。


考えたらもうどのくらい、私はクラシックを弾いてないのだろうか?
大学卒業後、「新人演奏会」に2度ほど出た。
でも、その後はもう、まともに弾いた覚えがない。

きっと、あの何十年も前の経験が、私にとっては大きな場所での、
そして、お姫様ドレスを着ての、人生最後のクラシック演奏だな。

この先も、もうクラシックの大曲を弾くことはないだろうし、
いや・・・絶対に弾けないし、弾きたくない!!(^^ゞ
きっと、Iiro以上の大事件が起こりそうなのでね。



そうそう。
番組を観ながらの、Vito君の素朴な質問が面白かった。


「オーケストラは皆、楽譜を見てるのに、ピアニストは楽譜見ないの?
あんな長時間の曲を、暗譜できるというのが、スゴすぎる・・・」


と。

そう言われてみれば、主役は暗譜が基本ですよね~。
歌の伴奏者などは、譜面見るのも有りだけど、
ピアノコンチェルトなどでピアニストが譜面見ながら弾いてるのは、
確かに見たことないかも。


ああ、私はもう、暗譜に耐えられる脳みそすら失っているかも・・・



とほほ。(>_<)
[PR]
by joulupulla | 2010-09-13 19:04 | Musiikki 音楽
本日のおやつ
・・・・・・っと、その前に。


昨日から、フィンランドのメディアを賑わせている、このニュース。

世界最大手の携帯電話メーカーのNokia(フィンランド)は9月10日(現地時間)、
自社取締役会が次期CEO兼社長としてStephen Elop氏を任命したことを発表した。
Elopは現在、米Microsoftでビジネス部門を率いており、現在CEOを務める
Olli-Pekka Kallasvuo氏に代わって9月21日にNokia CEOに就任する。

こちらより引用)



Nokia史上初の、外国人社長さん(カナダ人)だそうな。
フィンランド人としては、自国が世界に誇る企業のトップに
フィンランド人以外が就任すること、ちょっと複雑なのかしら?!


でもそんなことより、私が気になったのは・・・
前社長さんの、退職金!!!
約460万ユーロだそうな。
ちなみに年収は、800万ユーロ。

\(◎∠◎)/


ナン億もの世界。億!!


私がこんな退職金もらったら、もう残りの人生、絶対に働かないけどね~。



さてと。
気が遠くなるようなお金の話は置いといて・・・

早くも今日は土曜日。pomo殿のお菓子の日。


本日のおやつは・・・

Arnoldsのドーナツとマフィン♪

c0028104_1638054.jpg



やっぱ、ここのドーナツは旨い~~~♡
見た目、毒々しいでしょ?!
すんげぇ~甘そうでしょ?
しかも、デカイんすよ。


でも、ペロッと食べれちゃいます。

は~っ。
甘いものって、シアワセ~♪
[PR]
by joulupulla | 2010-09-11 16:41 | Nam 食べる 飲む
愛知の「うみゃ~」スウィーツ
私がこのブログを始めて、早くも5年以上の月日が流れ・・・
ふと気がつくと、私が今、お友達と呼ばせてもらっている人々は、
「ネット」を通じて知り合った人たちが、何気に多いのです。

帰省の際には必ず会い、家族ぐるみで仲良くさせてもらってる
大切な友人たちも、元はこのブログの読者さんでした。

このブログの他にも、私が出入りしているサイトがありまして、
そこで知り合った仲間たちとも、交流を楽しんでいます。


その仲間の1人から、今年のお正月早々に、
とっても嬉しいプレゼントが届きました。

c0028104_2346648.jpg



焼き菓子があれこれ詰まった、このシアワセの箱と
3億円年末ジャンボ宝くじ!

w(≧∇≦*)w

宝くじは、残念ながら当たらなかったけど、
お菓子の美味しさに、超・感動~~~♪

フィナンシェっつーのかな?!
写真の左・真ん中にある、四角いケーキ。
これがしっとりしてて、程よい甘さで、かなりハマリました。
クッキーも香ばしいし、もうどれもこれもマジ旨。


で、このお菓子・・・
実は、お友達のご家族が経営されてるお店のものだったのです。


いやぁ・・・ホントに羨ましいよね~。
お友達は、美味しいケーキがいつでも食べれるんだよぉ。


子供の頃、一度は憧れませんでした?

「ケーキ屋さんになりたい!」って。



そのお友達とは、この夏の帰省で念願叶い、
やっと初めて会うことができました。 嬉しかったな~。
ネットの中でのキャラと全く同じで、明るく素敵な女性でした。


さてさて、
そんな、旨うまケーキ屋さんの詳細はこちら~♪

≪洋菓子庭 アン・エ・ドゥー un et deux≫
http://unetdeux.web.fc2.com/




あああ・・・いつか、噂のロールケーキも食べたいぞ~。
[PR]
by joulupulla | 2010-09-10 00:05 | Nam 食べる 飲む
また当たり!
Pulla(ぷっら)を食べるなら、やっぱり義理ママの手作りが世界一!
と思っておりますが・・・

それが食べられない時には、簡単、焼くだけのコレ♪
私のお気に入りざんす。

c0028104_1834280.jpg



Fazerが出してるプッラ・シリーズなんですが、
フィンランドなのに、名前は何故だか、「ダラス・プッラ」。
アメリカのダラスにもあるのかな~?!
プッラの生地の中に、バニラ&ヨーグルト風のクリームが
巻き込んであります。


で、何故にお気に入りかというと・・・
そのお味だけではなく、とってもお得だから~~~。


これ、通常は9個入りなんですわ。
(袋の右上の数字をご覧あれ~)

ところが、今回も数をよーく数えてみると・・・

c0028104_1834972.jpg




1個多い。


w(≧∇≦*)w

しかも、今までにかなりの確立で、9個以上入った袋に大当たり。
最多では、11個入ってた時も~。


Fazerって、太っ腹~~。(o^∇^o)ノ 
[PR]
by joulupulla | 2010-09-07 18:49 | Nam 食べる 飲む
お菓子の日
数日前、pomo殿は歯科検診に行って来ました。

2歳ごろからすでに、『虫歯になりやすい体質』と言われ、
家庭でのケアを頑張るように・・・と指導されていたため、
歯磨きや食後のキシリトールなど、
Vito君も私も、かなり神経質になりながらケアしてきました。

そのおかげで、数年前に見られた虫歯になりかけの歯も
そのまま進行がストップ。
今回の検診でも、
「お家でのケア、頑張ってますね。」
と褒めていただき、ホッとしました。


でも、虫歯にならないように、汗と涙の努力をしてるのは
私たちではなく、pomo殿本人なんです。
歯医者さんから、

『Herkkupäivä(お菓子の日)は、1週間に1度だけにする』

という指導を受け、pomo殿はそれをもう何年も守っています。



今、思い出してもグッとくる話なんですが・・・

ちょうど数年前、ドイツ旅行に行った時のこと。
pomo殿は、宿泊したホテルのスタッフの方から
ポケットいっぱいのキャンディをもらい、大喜び。

本人は、すぐに食べられると期待したのですが、
その日はお菓子の日ではなかったので、
「今日はダメ。あと3日我慢しようね。」
とVito君が言うと、それから大泣き&大暴れのpomo殿。

私は、そんな娘が不憫に思えてしまって、
「今日は特別、いいじゃない?」
とVito君に言うと、考えが甘い!と叱られる始末。(- -;)

そんなに厳しくしすぎるのは可哀想だ!と言い張る私と、
こんな小さな内から虫歯になって、麻酔を打たれ
歯の治療をすることのほうが、よっぽど可哀想だと主張するVito君。
しばしの間、夫婦大論争が続きました・・・(^^ゞ

その間も、pomo殿は手にキャンディを握り締め、
食べたいと言って、泣いています。
結局、3日後のお菓子の日を早めるという結論になり
pomo殿は、晴れてキャンディを食べられることに。


目にいっぱい涙を浮かべながら、
「このキャンディ、美味しい。(ρ_;)」
と、微笑むpomo殿。
そして、
「これ、美味しいからÄitiとIsiにもあげる。」
と言って、ポケットのキャンディを1つずつ私たちにくれました。


私・・・号泣。(T_T)



虫歯になるリスクが高いということだけで、
甘いものを食べたい時に自由に食べられないpomo殿。



でもね。

pomo殿は本当にエライです。
今では、例え不意打ちで誰かにキャンディをもらっても、
それがお菓子の日でなければ、その日まで大切にキープします。
そして、私たちの目を盗んで食べるようなことも決してありません。
虫歯になったら、とっても痛いんだよね~ってこと、
pomo殿もちゃんと理解しているようです。


もちろん、私たちもいつも厳しいワケじゃないんですよ。(^^ゞ
日本に行ったり、何かのイベントやパーティーがあったりと
特別な日には、例外でお菓子が食べられる時も作ってやります。


今日、土曜日は、そんなpomo殿のお菓子の日!!
今、私の後ろで、美味しそうにキャンディをペロペロしております。

( ̄m ̄*)
[PR]
by joulupulla | 2010-09-04 17:14 | Lastenhoito 育児