<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
嫁と姑
この週末は義理ママ&パパが遊びに来てくれました。
街までショッピングに出かけたり、夜はお決まりのBBQ大会。
そして食事の後もママと私は食卓で延々と続くガールズトーク...
ありがたい事に日本で言われるような「嫁と姑」みたいな感覚は全くなく
こんな気楽な関係でいられるのは本当に幸せだと思っています。
ママは私の実家の母と共通する部分があって、例えば気配りの仕方や礼儀や
自分の事より家族の事を一番に考えてくれる所などなど...
私の「フィンランドの実の母」と言えるぐらいです。
勿論、フィンランドの家庭にだって、「嫁姑戦争」のようなものがあるのでしょうが
日本のような陰湿なお話は今の所聞いた事がありません。
フィンランド人の親は基本的に成人した子供を一切干渉しないからでしょうか。

さてデザートにはママ特製のイチゴの巨大ロールケーキ。(これがまた旨い!)
長さ40cmぐらいはありましたが私は2日で軽く20cmはペロリ♪
c0028104_1630268.jpg

料理の腕前は勿論の事、何でも器用にこなせるママ。
なので昨日はすっかり黒に戻ってしまった私の髪を染めてもらいました。

その後は日本の私の両親と、こちらタンペレの衛星生中継。(WEBカメラチャット)
いや~これはホントに笑えました。
例えばそれぞれの親たちの語学スキルは...
うちの親父 : 日本語、英語
母 : 日本語オンリー
義理パパ : フィン語オンリー
義理ママ : フィン語、英語

これらがそれぞれ同時に喋りだすのです!だから何が何だかパニックになって
私は誰に何語で通訳してよいのかワケ分からず...ふ~っ。
ま、でも楽しい週末でした♪

c0028104_16283576.jpg

                   ↑我が家の自慢の木。
c0028104_16292958.jpg

               ↑木の下にはチューリップがキレイに咲きました。
[PR]
by joulupulla | 2005-05-30 16:53 | Perheeni 私の家族
日本の夏の風物詩と思いきや...
今では電気式のものも多いですが、あの緑の渦巻き。蚊取り線香...
豚の入れ物に入れたら、あ~日本の夏よね~!って感じなんですが...
コレ、実はフィンランドにもあったんです。
旦那様の実家で初めて見た時は、てっきり彼が日本から買ってきたのか?
と聞いたくらい、「蚊取り線香=日本だけのもの」 と思っていたのですがねぇ。
いったいどこの国が発祥なんでしょうか、、、。

c0028104_15443889.jpgc0028104_15445464.jpg


ちなみにこちらの蚊、もースゴイです。
何がスゴイって、一度刺されると大変な事になります...
やはり日本人には免疫がない種類なのでしょうか、刺されたらパンパンに
腫れてしまいます。
以前、足首を刺されて、暫くは痛くて歩けなくなったぐらいです。
またスパイダーのような、ものすご~く大きい蚊もいてビビリます。

夏のフィンランド、特にラップランド地方に行かれる方は、蚊に刺された時用
もしくはガードするお薬は必需品ですよ~!!
[PR]
by joulupulla | 2005-05-27 15:58 | Suomi フィンランド!!
甘くないデコレーションケーキ
パーティー料理などではよく見かける、ちょっとゴージャスなケーキ(?)。
Voileipäkakku(ヴォイレイパカック)と言うのですが...
実はコレ、甘くないんです。
c0028104_17535886.jpg

写真をよ~く見ていただくと...サーモンやハム、海老や野菜などで
飾られていますよね。
スポンジケーキの代わりには食パンが使われています。
そしてホイップクリームの代わりは、kermaviili(ケルマヴィイリ)と言う
ヨーグルトのようなクリームや、バター、クリームチーズなどで作られたもの。
なかなかイケますよ♪
残念ながらカフェなどでは見つけるのも困難ですが、フィンランドのパーティーに
行かれるチャンスのある方は是非お試しを!
[PR]
by joulupulla | 2005-05-23 18:05 | Nam 食べる 飲む
日本語は難しい...
いつもフィンランド語のÄ, Ö A, Oなどの発音の区別が出来なくて
旦那様からするどい突っ込みを入れられてる私も、ここぞとばかりに
突っ込みリベンジできるのが、日本語の「つ」 の発音。
例えば三菱自動車のTVコマーシャルでもフィンランド人は堂々と
「みちゅびし~~~♪」 とのたまってます。

勿論、旦那様にとっても難しい「つ」の発音...
私 : 「まつど」
ダ : 「まちゅど」(うーん、2歳児レベルか...)
私 : 「とんかつ」
ダ : 「とんかちゅ
私 : 「つ つ つ...」
ダ : 「ちゅ ちゅ ちゅ...」(ため息)

ところがある日の事。
やはり自動車会社のマツダのCMを見てて気が付いた。
ちゃーんと、「マダ」って発音してるじゃ~~~ん!!
んんん...何故だ?
「みつびし」も「まつだ」も同じ「つ」だぞぉ?

あ!そっか!
スペル だ!「つ」にあたるスペルが違う!
Mitsubishi の「tsu」に対して、Mazdaは「z」だ!
そして実験開始。
私 : 「ねぇ、松戸は『Mazdo』、三菱は『Mizbishi』と考えて発音してみて。」
ダ : 「まつど...みつびし...」

おおぉ~~~っ!できたー♪

そうなんです。
フィンランド人にとって非常に難しい「つ」の発音も、頭の中でイメージする
スペルを「Z」に置き換えるだけで、完璧とは言えないながらも
より一層、日本語の「つ」に近い発音になる事に気が付いたのでした。
c0028104_15555632.jpg

          ↑うちの庭にもようやく花が咲き始めました...
[PR]
by joulupulla | 2005-05-20 16:09 | Perheeni 私の家族
Tammelantori(タンメラのマーケット)
昨日の土曜日は暖かくてとても気持ちの良いお天気だったので、ちょっと
街のマーケットまで出かけました。
この時期になるとあちこちで色々なマーケットが出始めるのでとても嬉しい♪
タンメラのマーケットは規模は小さいけれど、アンティーク、古着、ガラクタ(?)を
はじめ、手作りのケーキやパン、手編みの靴下や帽子、お花に野菜に果物に...
とあらゆるお店が出ています。
オープンカフェ(屋台)や魚屋さんでは腹ごしらえも出来ます。
c0028104_18993.jpg
c0028104_1892155.jpg

子供達もお絵かきに夢中。
c0028104_18101214.jpg

アラビアのアンティーク発見!(ちょっと興奮...)
ステキな水差しがいっぱい並んでいました。
c0028104_1893135.jpg

c0028104_18131841.jpgc0028104_18133124.jpg


でもさすがに手が出なかったので...
私の収穫物はこのベリーのケーキ
c0028104_18122313.jpg

しっとりしたスポンジにイチゴ、ラズベリー、ブルーべリーなどがた~っぷり。
程よい甘さとベリーの酸味がとても美味しかった!
(直径25cmほどの大きさで、たったの4ユーロ=約550円は安い!)

このマーケットの後に立ち寄ったショッピングモールで、嬉しい事に
こーんなもの発見!私の好物、豆の入ったおかき~!
日本の味にご満悦...でした。
c0028104_18125918.jpg

[PR]
by joulupulla | 2005-05-15 18:30 | Suomi フィンランド!!
皆様へお伝えしたい事...
今日で私がこのブログを始めてからちょうど4ヶ月が経ちました。
最初は遠く離れた日本の家族や友人達に私のフィンランド生活を伝える事が
できればと言う思いで始めました。
でも今では日本&世界各地から多くの方々が遊びに来てくださるようになり、
まだお目にかかった事もないにも拘わらず、旧知の友人のように楽しくお話を
させて頂き、ブログは私の生活に無くてはならないものになりました。
そんな温かい素敵な皆様の応援のおかげで、拙い記事ながらもここまで更新し
楽しく頑張ってくる事ができました。本当にありがとうございます!

ところで...
私にも長年の「夢」がありまして、その夢を叶える為に、今現在も一生懸命
走り続けています。
(あ、昨日お話した「居酒屋の夢」ではありませんので、あしからず。(笑))
が、この道、なかなか障害物が多くて...いつも弱音を吐きながら、時には
コケながらもひたすら走っています。
そして、その夢のプロジェクトを優先させる時間がそろそろ必要な時期になりました。
なので、これから暫くの間は少し更新のペースが遅くなり、休刊日が増える事に
なりそうです。
と言っても、急に何かを書きたくなったり、お話したいイベントがあったりした場合は
随時、記事をUPするつもりですし、コメントのチェックもできるだけマメにしたいと
思っていますが、何日間もの沈黙が続いたりコメントへのお返事が遅れてしまう事
もありますが、どうぞお許し下さいね。
でもどうか皆様、それに懲りずにたま~に覗いてやって下さいませ。
決して「閉店」ではありませんので...(笑)
また皆様のブログには出来る限りお邪魔させて頂きたいと思いますので
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by joulupulla | 2005-05-07 17:51 | Ajatuksia われ思ふ
居酒屋の夢
旦那様は仕事の関係で約1年半ほど日本に住んでいた事があります。
彼やその同僚達(フィンランド人)にとって初めて訪れた日本は全くの未知の国
でありました。
そして彼らをあっという間に「とりこ」にし、日本って何て素晴らしい国なんだ!
と思わせたものの1つが「居酒屋」でありました。
店の雰囲気がユニーク、メニューが豊富で美味しい、酒も旨い、そして手頃なお値段
...とくりゃー、飲み食い好きのフィンランド人を魅了するのは簡単簡単。
ちなみに彼らの居酒屋デビューは、かの「養○の瀧」。
最後は一体誰がお勘定したのか誰も覚えていないほど、飲んで食べて大騒ぎ
だったようです。恐るべし...

そんなこんなで旦那様は里帰りの際は「養○の瀧」に最低1度は訪れます。
(私にとっては「またかよ~...」なんですがねぇ。)
もちろん養○さんだけではなくあらゆる居酒屋を制覇しています。
焼き鳥、つくね、サイコロステーキ、マグロの刺身、ほっけ、唐揚げ、揚げ出し豆腐、
豚キムチ、、、などは必ずオーダーする定番メニュー。

そして、そんな旦那様の果てしない憧れは「居酒屋のオヤジ」になる事。
でもフィンランドで居酒屋経営をするには、色々な多くの問題をクリアーしなければ
なりません。お酒の輸入や食材、設備などなど...もちろん資金もです。
フィンランドの酒屋はAlko(アルコ)と言う会社のモノポリーで、買えるお酒は
「月○冠」のみ。和食の食材も入手が困難...

ま、でもいつまでも夢は大きく...ね!
c0028104_21162141.jpg

         ↑裏庭でBBQをする時に、ちょうちんを飾る旦那様。
           気分だけでも居酒屋ね...

本日のサービス品♪
[PR]
by joulupulla | 2005-05-06 21:26 | Japani ニッポン!!
結婚式...ココだけの話。
教会のセレモニーでのお話なんですが・・・

もちろん私達は、「日フィン2ヶ国語」による
牧師さんのお話であることは承知していました。
ただ、お互いの国の言語での誓いの言葉
旦那様も私も、事前に「おさらい」するのを
すっかり忘れておりました。(^^ゞ

フィンランド語での誓いの言葉は、

Tahdon(タハドン)


これは意外に簡単だったので、私は旦那様の後に
マネするだけで何とかその場をしのいだのですが、
可哀想なのは旦那様。

いよいよ日本語の番がやってきて・・・
緊張マックスの彼は、ひそひそ声で私に聞いてきた。

ダ : 「ねぇ、なんて言ったらいいの?」

私 : 「はい、ちかいます。」

ダ : 「え?なになに?(汗)」


・・・と言う焦りも空しく(T_T)


牧師さん : 「・・・・・・・・を誓いますか?」

ダ : 「はい、ちがいます。」


うんうん、分かるよ、ダーリン。
「誓う」なんていう動詞は初耳だもんね~。
つい、「違う」って言っちゃったんだよね~。

幸いなことに、客席までは私たちの声は届かなかったようで、
誰もこの事態には気付かずに済みました。

(^_^;)




c0028104_1540259.jpg
他にも、披露宴でのケーキカットの時。
このウエディングケーキのてっぺんにある
新郎新婦の人形が、
ケーキ入刀と共にバタリと倒れた・・・
という不吉なエピソードもありました。
何かと幸先よろしいなぁ~。







夫婦円満の秘訣について・・・
牧師さんが、こうおっしゃいました。

夫婦がいつまでも仲良く暮らす為に大切なことは、

『毎日最低でも1回は大きなHug(ハグ)をする。』

そして

『お互いを許す心。』


皆さんも毎日欠かさず実行してくださいませね~♪
[PR]
by joulupulla | 2005-05-05 16:01 | Perheeni 私の家族
結婚記念日
私たちは2002年5月4日、ここフィンランドで
結婚式をあげました。
日本からは家族、親戚、友人たちが遠路はるばる
出席してくれました。

あれから3年・・・
何だかついこの間のような気もする結婚式ですが、
月日の経つのは早いものです。
おかげさまで私たち夫婦はいつも仲良しです。
もちろんケンカ(=意見の交換会とも言う)もします。
こちらでの生活に順応する為に、自分なりの努力や
苦労もしています。
旦那様もこんな私を守る為に苦労してくれています。
でも私は彼と出会い、素朴だけども安定し信頼できる
「人生の大切なもの」を見つけたと思っています。

さて、私たちの結婚式は・・・
[PR]
by joulupulla | 2005-05-04 01:23 | Perheeni 私の家族
花模様
いつもステキなイラストと文章で楽しませて頂いてる夢見 油彦さんのブログの
「こころのはな」にTB返しです♪
c0028104_16475290.jpg

            ↑夢見さん的マリメッコ...「ユメメッコ」

フィンランド人はが好き。
1年の半分は雪に埋もれているフィンランドでは花の咲き乱れる時期は短い...
だからその貴重な季節をとても大切に楽しむのです。
私はガーデニングなどは苦手なので、春になると旦那様や義理ママがお庭に
たくさんの花を植えてくれます。
花は景色だけでなく心も明るくします。
そんな心がマリメッコの可愛い花柄を生み、国民に愛されるブランドになったのかなぁ
と、ふと思ったりしました。

さてさて、この↓エプロン。
旦那様のおばあちゃんからのクリスマスプレゼントなのですが、何やら一見
マリメッコ風ですよね。
c0028104_1647180.jpg

でも違うんです。
義理ママ曰く、この手の花柄は1960~70年代頃に流行していたようです。
でもこれを見た時、な~んとなく懐かしい気持ちになりました...何故だろう?!
[PR]
by joulupulla | 2005-05-02 16:58 | Suunnittelu デザイン