カテゴリ:Ihmiset 人びと( 17 )
Presidentti(大統領)
c0028104_1643439.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、フィンランドの大統領は
女性のTarja Halonen(タルヤ ハロネン)です。
私から見ると典型的なフィンランド人の「優しいおばちゃん」
タイプで、何気に好感が持てる方です。

フィンランドではとにかく女性が強い!
強いと言うのは「やり手が多い」と言う意味ですが、自立し
第一線でバリバリ活躍する女性が非常に多いのです。
なので女性の政治家さんも多く、一時は大統領も首相も
どちらもが女性だった時期もあり、男性達を震撼(?)
させました。


さて、そんなハロネン大統領...
実は国民から付けられたニックネームがあります。

それは...
[PR]
by joulupulla | 2005-04-24 16:59 | Ihmiset 人びと
Noriko Saruの素顔
昨日のNoriko Show の記事でNoriko役のメークについて
皆様からの反響がありました(?)ので、ついでにこの女優さんの
素顔をご紹介...
映画にTVドラマにステージにと大活躍で、フィンランド版アカデミー賞の
主演女優賞も獲得している実力派。

~プロフィール~
Outi Mäenpää(オウティ マエンパー)
生まれ : 1962
身長 : 167 cm
サイズ : 38
目の色 : Blue
髪の色 : Blond
学歴 : Theatre Academy of Finland (1984 - 1988)
特技 : Riding, Oriental dancing, African dancing
語学 : Finnish, English, Swedish, German
c0028104_23531865.jpg

[PR]
by joulupulla | 2005-04-04 00:00 | Ihmiset 人びと
フィンランドのTV番組
こちらのTV番組、特にバラエティーものは、どうも外国のモノマネが
多いような気がします...
例えばアメリカの番組「The Bachelor」のような恋人みっけ!モノや
モデルやアイドルの選抜モノ、ダサ~イ人間改造計画モノ、、、などなど。

昨年放映されていたもので、日本人女性を装ったフィンランド人女優が
日本の番組になりすましてフィンランド人ゲストを騙す「Noriko Show」
という番組がありました。
実はこの手の番組で東欧の某国で放映されていたものが、日本人在住者
に大きな反感を買い、番組をやめさせるように大使館が動いた...という
社会問題があったのをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
まさにそういう問題があった後の、フィンランドでの番組開始の話には
正直、私たち日本人の間では冷や冷やものでした。
日本人を見下し、バカにするような番組であれば、私たちの生活にも
悪影響を与えかねないからです。

ところがその心配もなく、このNoriko Showは私たちが観ていても
イヤミの無い楽しいものでした。
日本をバカにして笑いを取るのではなく、『まんまと騙されるフィンランド人』
に逆にスポットを当てているような雰囲気がありました。


c0028104_17431466.jpg
Noriko Saruという日本人女性
に扮するOuti Mäenpää
演技派の有名女優さんです。
ホンモノの日本人男性アシスタント
と共に、かなり奇妙な英語
不可解なインタビューをし
ゲストを困らせます。


番組ではほとんどのゲストが最後の最後まで騙され続け、最後に
正体が分かった時は皆、その女優さんの名演技に絶賛する、、、という
フィンランド人のお人よし度もうかがえます。

基本的に人に反感を買う事、人に攻撃的になる事を避ける傾向にある
フィンランド人ですから、番組も比較的おとなしいものに仕上がったのだと
思いますが...
ちなみに唯一騙されなかったのは元F1ドライバーのMika Salo
そりゃそうですよね、彼の奥さんは日本人ですから!
[PR]
by joulupulla | 2005-04-02 18:02 | Ihmiset 人びと
フィンランド人男性を分析してみる...其の3
本日のお題。
『フィンランド人男性はDIYに長けている。』

これは本当に驚きます。中には趣味の域を超えている人も多いのです。
基本的に工作が大好きな国民のようですね。
我が家の旦那様もしかり...
まず、、、
設計図を描き、木を切る事から始まります。
c0028104_1654010.jpg


そして、ホームバー完成!(後ろの棚も手作りです。)
c0028104_1655139.jpg


しかーし!
これぐらいの事で尊敬の念を高めていてはいけません。
彼の友人たちや義理パパなどは、ナンと自分の家まで建てちゃいました。
でもこれもフィンランドではごくフツー の事のようです...

また修理能力にも長けています。
①まずは自力で直してみる
②それでもダメなら修理に出す。
③それでもダメなら最後の手段で新しいものを買う。

先日、10年ものの電子レンジが壊れた時、私は即座に
「新しいの買う?(喜)」と旦那様に尋ねたら、
「壊れたらすぐに新品を買うという発想は辞めなさい。」と
しかられてしまいした。
モノの豊かなニッポン...つい新しいもの志向になっていて、
直せば使えるものまで捨ててしまおうという自分に反省。

★本日の教訓★
「モノを大切にしましょう。」
[PR]
by joulupulla | 2005-02-17 17:14 | Ihmiset 人びと
Miss Suomi 2005
昨日、ミス フィンランド 2005年コンテストのフィナーレがありました。
選ばれたミスと準ミスはこの写真の女性達。

c0028104_1881085.jpg

私が応援していた女性が選ばれなくて、ちょっとガッカリだったのですが
旦那様曰く、この選ばれた女性達は、フィンランド人が好む「美女」の
典型的なお顔だそうです。
[PR]
by joulupulla | 2005-02-06 18:13 | Ihmiset 人びと
フィンランド人男性を分析してみる...其の2
第2回目のお題は...
『フィンランド人男性は自然児である。』
自然の豊かな国で、自然と一体となって生活するフィンランド人。
だから彼らの野外活動能力はボーイスカウトよりも優れ、
自然の中でのサバイバル能力は北極探検隊にも勝るかもしれません。

フィンランド人男性は基本的に「癒し系」 の雰囲気をかもし出しています。
自然児ですが、ワイルドな野性味はありません。
ま、悪く言えば「シャープさに欠ける」「洗練されていない」ってところでしょうか。
例えば彼らの雰囲気を”ひらがな”で表現すると
「も~」 とか「ほ~」などのマッタリとしたイメージになります。

ところで、我が家にいるフィンランド人の話を少し...
彼の会社では30歳、40歳などの節目のお誕生日になると
同僚達がプレゼントと共にお祝いをしてくれます。
そして去年の彼の誕生日の事。
プレゼントには何が欲しいかと訊ねられ、彼がリクエストした物は、
な、なんと、、、「ゴム長靴」と「シャベル」!!!
しかもオフィスでのプレゼント贈呈式は50人以上の同僚達が見守る中、
こんな物がプレゼントになっているにも拘わらず、誰からも笑いの声は無し...
ごく当たり前のように、そのゴム長靴とシャベルは贈呈されたのでした。

これを嬉しそうに抱えて家に帰ってきた旦那様。
    私:「なんかさ~、もっとオシャレな物、フツーは頼まないかなぁ?」
    旦那:「だって欲しかったんだもん。でもさ、この長靴、○○○社の物だよ。
          ブランドだし高いんだからー。」(←超自慢げ)

ゴム長靴にも、こだわりのブランドがあったとは、、、恐るべしフィンランド人!

でも冬はスキーウェアー、夏は体操服で街を歩いていても全く違和感のない
この国の自然体の生活。
私も身につき始めた今日この頃です...

★本日の教訓★
「フィンランド人を知るためには、自然を愛する事が不可欠です。」
[PR]
by joulupulla | 2005-01-31 18:28 | Ihmiset 人びと
フィンランド人男性を分析してみる...其の1
日本人にとっては、まだまだ馴染みの浅いフィンランド人...
もちろん、フィンランド人だって多種多様。色んなキャラの人がいます。
なので、私がこれまでに出会った事のあるフィンランド人の殿方 を限定に
あくまでも私の独断偏見 で分析してみようと思います。
(くどいようですが、これは全く私個人の感じる「イメージ」であり、
全てのフィンランド人が「こーだ!」という訳ではありませんので、あしからず。)

まず第1回目の今日は...
『フィンランド人男性は、かなりのシャイである。』
正直言って、初対面の第一印象はインパクトに欠けます。
アメリカ人やラテン系の人々のような、初対面でもノリノリ♪
フレンドリーモードには入ってくれないので、
「あ、私って嫌われてる?」と思ったりもします。

例えば、初対面の挨拶風景を日本語にするとこんな感じ。
    
私 : 「(スペシャル級の笑みを浮かべて)初めまして~!joulupullaです。
お会いできて嬉しいです!」
フィン人 : 「あ、どーも。私は○○○。(←本人の名前)」

そして握手を交わすが、その後は、、、

私 : 「.........。」
フィン人 : 「.........。」

会話終了。

フィンランド人は外国人に対しては特別にシャイだと聞いていたので
「やっぱりね。」とその時は思ったのだが、、、
ある日、フィンランド人同士による初対面挨拶シーンに出くわした。
    
フィン人A : 「Moi ! (= Hello !)○○○。(←また自分の名前を述べるだけ)」
フィン人B : 「Moi ! ○○○。」
フィン人A : 「.........。」
フィン人B : 「.........。」

会話終了。

ぬぉ~~っ、お前らもかぁーーー!?!ヾ(- -;)

でもね、焦らずゆっくりとアプローチしてみてください。
心を開いてくれるまでには時間がかかるけど、噛めば噛むほど味の出る
スルメのようなフィンランド人ですから。

★本日の教訓★
「フィンランド人との初対面では、こちらのほうからどんどんネタをふりましょう。」
[PR]
by joulupulla | 2005-01-26 01:13 | Ihmiset 人びと