「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Ihmiset 人びと( 17 )
昨日、バスの中で起こったこと。
フィンランドのバスは前乗りで、中央と後方に、降りるドアがあります。
実は、この「後方のドア」が、ちょいと危険でしてね。
運転手からは死角になるので、もたもたしてると、あやうくドアに
挟まれそうになることがあります。

昨日は、小学生の男の子が降りる際、外の雪のかさとバスの間に、
ブーツの足が挟まれてしまい、立ち往生。

でも、それに気づかない運転手が、ドアを閉めようとしたので、
少年は、ドアに挟まれそうになり、車内に倒れこむ・・・

ちょうど、後方座席には、ロン毛、鼻ピアス、こわもてのヘビメタ軍団
座っておりましてね。
その兄ちゃんたちの1人が、すくっと立ち上がり、

「バスはまだ発車しないで!」

と、運転手に叫び、

「俺がブーツ取ってやるから、まずはブーツを脱ぎ、君はバスの中に居て!」

・・・と、半ベソをかいてる少年を助けてくれました。


カッコエエわ~~~(♥_♥)


いや~。
人間は、見た目で判断しちゃ、ダメっすね~。(^^ゞ



さてさて、次に乗り換えたバスの中にて。

タンペレのバスは、狭い通路の両側に2人がけの座席があり、
日本でいう、観光バス仕様なんですが・・・

足元がおぼつかないバァちゃんが乗ってきて、
空いてる席までたどり着かない間に、バスが発車。

もちろん、バァちゃんは通路でよろけ、後ろに倒れそうになる。

すると、通路の右側に座っている女性と、左側に座っている男性が、
絶妙なタイミングで、それぞれの片腕を出し、バァちゃんの背中側に
見事な、一本のガードができたので、バァちゃんは倒れずに済んだっ!

(両側から閉まった「踏み切り」を想像してください・・・(笑))


で、バァちゃん、

「スミマセンネ~ありがとう!」

と、気を取り直して歩き始めたら、再度、バスが揺れる。

しかしまた、その踏み切りコンビは、慣れたタイミングで片腕を伸ばす。

バァちゃん、またもやセーフっ!

「2回目もスミマセンね~ありがとう!」

(笑)


バスの中などの公共の場所は、社会や人間模様の縮図。

お年寄りを敬い、子供は社会全体で守る。


これ、フィンランド社会の良いところ、といつも感じます。

他人に親切にすること、手を貸すことも、スマートに、かつ
ためらわずに行動してくれるフィンランド人は多いのですよね~。
[PR]
by joulupulla | 2013-02-13 01:10 | Ihmiset 人びと
Tarja Halonen 前大統領
昨夜の「ネプ&イモトの世界番付」に、フィンランドの前大統領、
タルヤ・ハロネン氏が登場したようですね。
私もさっそくビデオで見ました。

私は、タルヤが大統領時代から好感を持っていました。
典型的な、人の良い、フィンランドのおばちゃん!って感じで
とても親しみやすい雰囲気のある人だから。
(政治的なことは全く分かりませんけどね~)

国民の間でも、“ムーミンママ”と呼ばれて親しまれています。

しかも、うちの義理ママにも、雰囲気が少し似てるのよ~。(笑)
pomoっちがまだ小さい時に、TVに映ったタルヤを見て、
「Mummo!(おばあちゃん)」
と言ったぐらいなんで。

(^_^;)


それにしても、日本のバラエティー番組に出演することを
快諾するなんて、さすが~タルヤ!と感心してたら、
何年か前には、アメリカの人気司会者のConan O'Brienに似てる!
と、彼の番組で話題になり、コナンがフィンランドを訪れて、
ソックリさん同士のご対面、となったことを思い出しました。
(2人の名前でググると、たくさんの比較写真やビデオがあります)


さて、日本では、ハリセンボン春菜さんに似てるとな?!
(彼女がどんな芸人さんなのか、私はよく知らないのですが・・・)
確かに、似てますね。(爆)

番組の中でも、タルヤ自身が春菜さんの写真を見て、
「私の若い時に似てるわ~」
と言ってましたが・・・

タルヤの若い頃の写真は、wikipediaフィン語版にありました。


c0028104_1549456.jpg
c0028104_1549338.png



タルヤについては、こんな驚く話も、以前に読んだことがあります。

彼女がまだ弁護士時代。
ちょうど娘さんを妊娠中だったのですが、仕事のために飛行機で
飛ばなきゃいけない。
しかし、彼女の主治医が、胎児に良くないからと、その出張フライトを
キャンセルするように勧めたのです。

そして、その飛行機・・・

なんと、墜落したそうです。

タルヤは、主治医の言うとおりにしたおかげで、命拾いをした、と。


ちなみに、現在のフィンランド大統領のSauli Niinistö氏は、
スマトラ島沖地震の時にタイに滞在中で、電柱によじ登り、
津波被害から、なんとか生還した人です。
[PR]
by joulupulla | 2012-09-08 16:10 | Ihmiset 人びと
フィンランド人は面白い?!
突然ですが。

みなさんが考えるフィンランド人像って、
どんなイメージですか?

シャイ
人見知り
無口
頑固
簡単に心を開かない
情にもろい
ネクラ
・・・・・・etc


ふむふむ、確かに。


でも最近、私が思うのは、
実はフィンランド人も、面白いことが大好きで、
しかも、ノリも良いってこと。


フィンランド人御用達の、Huuto.netという
オークションサイトがあります。

そこに今、とっても珍しい「出品者」が現れ、
ちょっとした話題になっています。


売りたい商品: Koko omaisuus !

つまり・・・

家の中にあるもの、“全て”を売っちゃう!

らしい。(笑)

\(◎∠◎)/オーマイ


出品者は、
「全部売れたら、やしの木の生える場所に出発します・・・」
などと、コメントを書いています。
(どこか海外のリゾート地にでも引っ越すというのか?!)

サイトには、その売っちゃいたい家財道具一式のリストが
写真と共に、大まかに記載されており、
家具、電化製品、コンピュータ2台、ピアノ、ギター、金メダル(?)・・・
そして、なんと、日本車なども含まれています。


とにかく、何もかもぜ~んぶまとめて買ってくれっ!!と。

w(≧∇≦*)w


また、オークションスタート時の値段が笑えます。

1ユーロから。(爆)


そして、一番最初に入札した人は、

2ユーロ。(爆)



今はさすがに、41000ユーロほどまでに入札されていますが・・・

何気に月末の最終落札日が楽しみです。

( ̄m ̄*)



もういっちょ。
今話題の面白いフィンランド人というと・・・


現在放送中の、あるTV番組から生まれた新キャラクター


Munamies(たまごマン)


c0028104_1843330.jpg




この番組は、俳優さんたちが独自の創作キャラに扮し、
面白いことをやり(喋り)、毎週勝ち抜きで、
優勝者を決めていくものなのですが、
今のところ、Munamiesの人気はダントツ!!
このまま優勝しちゃうかも???の勢いです。


Munamiesのチャームポイントは、
ヘリウムガスを使ってるであろうと思われるユニークな「声」。
そして、幼児のような舌足らずで可愛い喋り方。
発するギャグも、なかなか面白いです。
先週の出し物では、そのヘリウム声で、
『Con Te Partiro』を歌ってました。(>_<)


某所にビデオが上がるものの、すぐに削除されてしまうため、
彼の芸をお見せできないのが残念!
ちなみに、MunamiesはFacebookでも
すでに52000人以上ものファンが居るそうな~♪


じ、実は・・・
pomo殿も私も、すっかりファンになってしまいました。


(^_^;)



***写真はILTALEHTI.FIより
[PR]
by joulupulla | 2011-01-19 18:08 | Ihmiset 人びと
猫舌?
気が付けば、もう11月も半ばだよ~。

これから控えている約10件ものコンサートの準備に追われ、
精神的にも落ち着かない日々ですが、何とか頑張っております。


そんなもんで、事後報告になりますが・・・(^^ゞ
先週の土曜日に、またNHKの 『地球ラジオ』 (生放送)に
出演させていただきました。

地球ラジオには、今回で2度目の登場。
前回のトークのテーマは
      「フィンランド人は無口ですか?」
だったんですが、今回のテーマは
      「フィンランド人は猫舌ですか?」




何故に、こんなテーマばかり・・・
(苦笑)





ええ、フィンランド人は猫舌が圧倒的だと思いますね。

っつーか、日本はやっぱり“お鍋文化”の国ですからね~。
グツグツ沸騰中のものを、すぐに口に運べる「舌」を持つ日本人って
ある意味スゴイ。(笑)
うどんやラーメンもしかり。
アツアツをフーフーしながら、ズルズル食べる。
同じ麺類でも、パスタ類だと、そこまでは熱くないですもんね。



我が家の旦那様も、当然のことながら猫舌です。
ラーメンは、周りが食べ終わる頃、まだ半分以上残ってます。
「ズルズルすする」と言う技術を持たないので、音を立てず
とても上品に食べます。(笑)
また、インスタントのカップスープなどは、沸騰したお湯で
全部を溶かしません。
お湯は半分で溶き、水でぬるめます・・・orz


もちろん、フィンランドは寒い国なので、温かい料理
(オーブン料理、シチュー、スープなど)はあります。
でも、テーブルに並び、お皿に取り分けて食べる頃には
ほどよく冷めてますもんね。
つまり、沸点状態のものには慣れてないんですよね~。


あ、そうそう。
以前、義理ママ&パパが遊びに来てくれた時、
『ちゃんこ鍋もどき』 を作った事があります。
これが意外に大好評だったんですよ~。
食の好みが難しい義理パパも、気に入ってくれました。

ただし、みんな汗拭き拭きで、涙目で食べてましたけど。(爆)
[PR]
by joulupulla | 2008-11-13 19:53 | Ihmiset 人びと
ニッポンオタク
先日、親友と共に、この友人宅に遊びに行きました。
あれからちょうど2年ぶりの訪問。
2年前はP氏も我が家もお互いに、“夫婦だけ”の生活だったのが
今では家族も増えました。
P氏の長女Sちゃんはpomo殿より3週間お姉ちゃん。
透き通るようなブロンドと大きなお目目がキュート♪
c0028104_16513737.jpg
c0028104_16515286.jpg


夕食には美味しいパエリアをご馳走になりました。
c0028104_16523480.jpg


さて。
このP氏はウチの旦那様と同じ時期に一緒に日本で仕事をしておりました。
そして同じく、日本に魅了され、ニッポンオタクとなった男。
だから家には日本風のお部屋やお風呂を作り、客人が泊まりに来ると
布団を用意し、自らそれを『民宿』と呼んでおります。
「こたつ」までも作ってあったなぁ~。(笑)

そして究極のニッポンがコレ↓。
c0028104_16563977.jpg

ナンとお庭に鳥居まで!!!
小さい子供達が川に落ちないように、仕方なくフェンスもつけてありますが...
不思議な光景だ。(- -;)
[PR]
by joulupulla | 2007-07-20 17:12 | Ihmiset 人びと
ブログ友達がやって来た。
先月の話になりますが...
私のブログを通じて知り合い、仲良くさせて頂いてる愉快な九州人moshiちゃん
が我が家に遊びに来てくれました。
もちろんお互いに初めてのご対面~。
でも同じエキブロ仲間としての付き合いも長く、メールなどでも交流があるので、
初対面とは思えぬほど、話が弾む弾む。(笑)

実はこのブログを通じて出会ったお友達で、我が家に遊びに来てくれたのは、
moshiちゃんで3人目。
3人目の子分、いや妹分であります。

我が家も、正直言って、どなたでもご招待するというワケではありません。
例え最初はネットの中だけのお付き合いでも、な~んとなく分かるんですよね。
この人とは実生活でも良いお友達になれるかどうか?って。
お互いに何か引き寄せられるご縁みたいなものを感じるのです。
そして実際に会ってみて、私の勘は正しかったといつも思うのです。

moshiちゃんが我が家での滞在を少しでも楽しみ、リラックスしてもらえたのなら
私達も嬉しいです。
たくさんのお土産もありがとう♪
このビワゼリーは本当に美味しかった!!
c0028104_1373722.jpg


Photos by moshi
[PR]
by joulupulla | 2007-06-06 01:50 | Ihmiset 人びと
ニッポンの文化??
今日はタンペレ市内で開かれた、とあるコンテストを見に行ってきました。
c0028104_20183076.jpg


それは日本にまつわるコンテスト...
[PR]
by joulupulla | 2007-03-31 20:56 | Ihmiset 人びと
タンペレでオフ会!
昨日はブログを通じて仲良くさせて頂いているmacoさんと、ここタンペレで初めての
オフ会でした。
macoさんは今、自称フィンランドファンのお友達4名とご一緒にフィンランドご旅行中。
初めてお会いしたmacoさんは、ブログで拝見していたキャラよりも、ずっとずっと
明るくて可愛い女性でした。


c0028104_185593.jpg
macoさんから頂いたお土産。
欲しかった日本食材がいっぱいで
ウレシ~っ!
ツボ、ついてますぜぇ。(笑)
カゴもステキっす~。


c0028104_1863588.jpg
macoさんのお友達、puu-mamaさんから頂いたお土産。
手作りのとっても素敵な袋の中に、またまたドッサリと日本食材が...
puu-mamaさんはずっと以前から私のブログを楽しみに読んで下さっていたとの事、本当に嬉しかったです。


他の3名のお友達も皆さん、様々な業界でのスペシャリストで素敵な方々ばかり。

私ったら、またまた「貴重な日本語爆裂のチャンス」を逃してなるものかーーー!
と、ついつい1人で喋りまくり、暴走し、大変失礼致しました。m(_ _;)m
これに懲りず、是非ともまたタンペレに遊びにいらして下さい。そして今度は我が家へも♪

私はこのブログのおかげで、本当に素敵な出会いをたくさん経験しています。
初めて会うのに、もう旧知の友人のように、リラックスしてお話できる方々ばかり。
せっかく出会えたご縁...これからも大切にしたいです。

皆さん、短い時間でしたが本当に楽しいひとときをありがとうございました。
次回は日本での居酒屋オフ会を楽しみにしています♪
この先のご旅行もお気をつけて、Hauskaa matkaa!!!
[PR]
by joulupulla | 2006-09-18 19:23 | Ihmiset 人びと
フィンランド人男性を分析してみる...其の4
過去の記事はこちら...其の1其の2其の3

実は先週の5月4日は私達の4回目の結婚記念日でした...

しか~~~し!
ナンと2人揃ってすっかり忘れておりましたわさ。
ま、こんなもんです。

さて今日はとっても久しぶりに、またまた私の偏見によるフィンランド人男性分析などを。

題して 『フィンランド人男性は愛の言葉を囁かない?!』

一応、ウチにいる「地下足袋を愛用している刺身男」が基準にはなっていますが、
どうも私の周りにいる日フィンカップルに話を聞くと、皆が口を揃えて同じ事を言うので、
これはフィンランド人男性の傾向として捉えた方が良さそうだと思い書いております。

フィンランド人。愛を語るのが苦手のようです。
「愛してる」をフィンランド語で言うと、Minä rakastan sinua.
私が地下足袋男旦那様との生活の中で、こんな甘い言葉を聞いた事など、ほとんど
ありません。
なので、たまにこ~んな感じで遊んでみたりします。

私 : 「ねぇ?本当にアンタ、愛してるって言ってくれないよね。」
ダ : 「ん?うん...」
私 : 「私は○○(←旦那様の名前)の事、愛してるよ。」
ダ : 「うん...」
私 : 「○○は私の事、愛してる?」
ダ : 「うん...」

私 : 「てめぇー、たまには自分の口から愛してるって言ってみろよ~!!
     ほれほれ、言えよ~!このやろー。」

と首を絞めたりします。

それでもね、絶対に言わないんですよ。

で、絞められた首が苦しくなってくる頃にボソッと一言...

ダ : 「いちいち口に出して言わなくても、普段の態度で分かるでしょ?」



分かるかよ!!!態度にも出てねぇーよ!!!(-_-メ)

日フィンカップルの友人達とよく話すのは、
「フィンランド人って旦那やパパにするには最高だけど、彼氏として恋愛を楽しむのには
ムードに欠けるよねぇ~。」
なんです。
どうやら愛を囁けないのはウチだけでは無さそうです...(笑)
[PR]
by joulupulla | 2006-05-12 15:27 | Ihmiset 人びと
ともだち
この週末は私たち夫婦が最も仲良くしているフィンランド人の友人ファミリー宅に
遊びに行ってきました。
窓からは息を呑むほどの美しい風景が見える湖畔の大きな家。あ~憧れ~...

パパのS、ママのT、そして5歳の息子J君
J君は小さな友達(うちの娘)に切り絵を作ってくれたりして紳士ぶりを発揮。(笑)
料理上手なTの作るランチは超~美味。ポテトとサーモンのグラタンは最高でした。
c0028104_17183298.jpg

c0028104_17185657.jpg

夕方はお決まりのサウナタイム
いつも男性軍と女性軍に分かれて入ります。
Tと私にとってはダンナ抜きでガールズトークのチャ~ンス。ひひひ。

実は彼ら夫婦は私たちが子供を授かる為に病院の門を叩く勇気を与えてくれた
恩人でもあります。
彼らは私たちより何倍もの長く苦しい期間を乗り越え、J君を授かりました。
Tの過去のハードな経験や努力は、私が辛くて凹んでいる時の大きな励みとなり、
いつも精神的に支えてくれていました。
今回のサウナの中ではそんな話もしながら、私は改めてTにお礼を言いました。
「勇気をくれてありがとう!」と。

さて、夜はコレなしでは更けません。はい。マッカラ(ソーセージ)パーティーです。
この家のサウナは薪を焚いて温めるホンモノサウナ。(我が家のは電気仕様です。)
その暖炉の中でソーセージを焼きます。
c0028104_17195521.jpg

ソーセージにはたっぷりと溢れるほどマスタードを塗るのが好きなフィンランド人。
でもこちらのマスタードはそれほど辛くなく、どちらかと言うと甘めです。
で、今回はお土産に持って行った「和がらし」登場!
あのツ~~~ンと鼻にくる辛さに彼らがどういう反応を示すか楽しみでしたが、
辛いもの好きの彼らはとても気に入ってくれ、ナンと5歳のJ君まで「美味しい♪」と!(驚)

S曰く、、、
『辛いものは好きだし平気なんだけど、何故か食べた後は後頭部に異様に汗を
かくんだよね。だから普通、みんなはナプキンで口を拭くけど、オレは”後頭部”
を拭かなきゃいけないんだよなぁ...』(笑)

日本の文化や食べ物を、いつもこよなく愛してくれる彼らと一緒に、いつの日か日本に
遊びに行けたらイイな~!!!
[PR]
by joulupulla | 2006-02-20 18:12 | Ihmiset 人びと