カテゴリ:Lastenhoito 育児( 125 )
Taiteilija ?!
先日、用事があってpomo殿のEskari(プレスクール)の
教室に入った時のこと。

pomoっちは、日本でいう「日直」を、その週まるまる
任される番になっていて、pomoっちのプロフィールが
ボードに書かれていました。
好きな食べ物とか、将来なりたい職業とか・・・

ふと、その将来の職業欄を見ると、

Taiteilija

と書かれてある。


つまり、

芸術家


ええ~っ???
ついこの間までは、マスターシェフになるんだ!って、
意気込んでなかったっけ~?(笑)


ま、彼女は小さい時からお絵描きや工作が大好きなので、
ゲイジツカ(と言っても、美術系ね)に憧れるのは
分からなくもないけれどー。


最近、彼女の描く絵も、だいぶ雰囲気が変わってきました。

c0028104_16362244.jpg
c0028104_16371360.jpg
c0028104_16375743.jpg




ふと、プレスクールの壁を見ると、本当に5~6歳児が描いたの?
というぐらいに、上手な絵がたくさん貼られているので、
周りのお友達の影響も、かなり大きいと思われます。

pomoっちの担任の先生曰く、
今年のプレスクール生は、音楽の力を持った子供たちも
多いらしい。

音楽に絵画。
いわゆる、アーチスト系な子供たちが粒揃いな学年なのだろうか~。
[PR]
by joulupulla | 2011-10-03 16:50 | Lastenhoito 育児
pomo殿、モデルデビュー?!

c0028104_20211886.jpg





・・・・・って、そんなワケないやん!(爆)




これ、タンペレのショッピングモールで偶然やってた
IKEAのキャンペーン。
誰でもがモデルになれま~す。
そして、自分の写真が表紙になったカタログを無料で
作ってもらえるのよ~♪
(知ってたら、もう少しマシな洋服着せたのになぁ~(苦笑))


( ̄m ̄*)


で、昨日、IKEAにコレを受け取りに行ってきました。
そして、今はpomoっちのお部屋を改造中なので、
あれこれと物色に。

やっぱ、IKEAは楽しいよね~。

おっ!と思うような掘り出しモノが見つかったり。



pomoっちの部屋用のじゅうたんを見ていたら、
彼女は自分が一番好きなが欲しい、という。

壁の色、机、棚などは白で統一してるのだけど、
床が真っ赤だと、キツくないかな?
いきなりクリスマスムードになっちゃう?

・・・なんて迷いながら・・・


そうだっ!!


marimekkoの赤unikkoをテーマにした部屋にすれば
なんか可愛いかも~♪ と、pomoっちと意見が一致。
(最初はピンクのプリンセスをテーマにしたがってたんだけど)


カーテン、ベッドカバー、クッションなど、これから少しずつ・・・
少しずつ・・・
少しずつ・・・

だって、お高いから一度では揃えられましぇーん。


(^_^;)



目指せ!!!unikkoルーム・プロジェクト♪ 
[PR]
by joulupulla | 2011-08-25 15:42 | Lastenhoito 育児
pomo殿の1週間
初めてのEskari(プレスクール)が始まって、1週間。
本人にとっても、私にとっても、あっという間に
時間が過ぎました。


金曜日の夜は、
「やっと週末だ~!」
と上機嫌なVito氏に反し、
「明日(土曜日)も、Eskariに行きたい・・・」
というpomoっち。

ま、そんなことが言えるのも、本格的なお勉強がない
今の内・・・ってことで。(笑)


本人がEskariに行く前に一番心配していたのは、
給食のことでした。

「ご飯残したら、叱られる?」
「嫌いなもの、マズイもの、出るかな?」


ところが、もう初日の給食から、おかわりするぐらいの勢い。
その後も毎日、自分から進んで、おかわりしているそうです。
普段は食の細いpomoっちだけに、ビックリ~。


ちなみに先週の給食メニューは・・・

月: ミートボール、ジャガイモ、牛乳
火: マカロニパスタ、牛乳
水: フィンランド名物・豆スープ、ライ麦パン、牛乳
木: 魚と野菜とジャガイモのシチュー、りんご、牛乳
金: ソーセージと野菜のスープ、ライ麦パン、牛乳



なかなか栄養的にも良さそうですよね。
スープ系が多いように見えますが、これも色んな種類だし、
子供たちに野菜を食べさせるのには、良い方法かもね。


本当にpomoっちはEskariがお気に入りのようで、
昨日は、とうとう家でも「Eskariごっこ」をさせられる始末。
Vitoと私は生徒で、pomoっちが先生。
お行儀悪いと、叱られます。(笑)
しかも、その口調が、私の知人である先生の喋り方や
表情にまでソックリで、爆笑してしまいました。
子供って、よく観察してるよねー。


たった1週間のことなのに、pomoっちの自立心
(自分自身で何でもやりたいという気持ち)がほんの少し
向上したようにも感じます。

朝の洋服選びから、自分でやってますよ!
靴下や下着にまで気を配り・・・(爆)


さて、そんなpomo殿は、昨夜のディナーも
作ってくれました。


じゃーん♪



c0028104_17232793.jpg




あ、もちろん握り飯は、「型抜き」を使ってですけどね。
すし飯も、インスタントの粉で混ぜるだけ。



久しぶりのサーモン握りは美味しかったです~♪
[PR]
by joulupulla | 2011-08-21 17:26 | Lastenhoito 育児
登校、2日目!
pomo殿にとっての集団生活初日は、本当に楽しかったようで
実は昨夜まで微熱と咳が続いていたものの、本人は
絶対にEskariを休みたくないと言って張り切っていました。

朝、熱は何とか下がっていたので、EskariへGO!

私が冗談で、

「pomoちゃんが学校に行ってる間、Äitiはとっても寂しいから
行かないで~!」


と抱きついて嘘泣きすると(笑)、

「でもね、私は行きたいの。行かなきゃダメなのよっ!」


と、頼もしい返事が。


しかしながら・・・その横には、会社に行きたくなくて、
ドンヨリと肩を落としている父の姿がありました・・・(爆)

c0028104_1948966.jpg




さてさて、担任の先生が知り合いとなると、
お迎えに行くたびに、話が弾む、弾む。(笑)


今日は先生に、キレイな和柄の折り紙で作った鶴をあげると
それはそれは大感激されましてね~。
周りにいた先生たちにも、

「すご~い!キレイ!どうやってこんなのが作れるの?」

と、大ウケ。


日本が誇る折り紙文化は、海外に行くと喜ばれますよね。
フィンランドにご旅行に来られる際には、折り紙持参されますと
旅先で人気者になれるかも?!

( ̄m ̄*)


・・・と、話がそれましたが・・・
この折り紙の鶴がキッカケで、担任との話が急に凄い方向に
進み始めました。

\(◎∠◎)/


10月にイベントとして、子供たちに日本の文化や折り紙を
教えてくれないか???と。
pomo殿が、自分も折り紙ができることを伝えると、
ぜひとも、お友達に教えてあげて欲しい・・・と、先生。
pomoっちは、「うん、いいよ!」な~んて簡単に引き受けてるけど、
わ・・・ワタクシ・・・折り紙は鶴しか折れまへんがな。(汗)


そして、ちょっとしたミニ・コンサート(担任が歌い、私が伴奏)も
やるってのはどう???
・・・って話にもなり、まぁ、これはお安い御用なんですがねぇ。



あああああ。
今更、折り紙文化を勉強しなきゃダメっすか~。
こういう時にNo!と言えない日本人の私。
引き受けてしまいましたとさ。


(^_^;)
[PR]
by joulupulla | 2011-08-16 20:16 | Lastenhoito 育児
ピッカピッカの~♪
Eskari(=プレスクール)が、今日から始まりました。
フィンランドでは、6歳になる年の秋からプレスクール、
7歳になる年に1年生になります。

pomo殿は昨日から緊張しっぱなし。(^_^;)
ついでに風邪気味もあって、夕べはよく眠れなかったみたい。

でも今朝は咳き込みながらも大張り切りで飛び起きる。


この国では、入学式のようなセレモニーがないのが
親としては残念だけど、とにかく今日から毎日の
送り迎え業務が、私にも始まります。


ムーミンのリュックを背負って、いざ出動!
Vitoも一緒に通勤です。

c0028104_15184725.jpg

c0028104_15193025.jpg


この学校は、4歳から通っている音楽教室と同じ場所なので
通学路は慣れたもんです。



個人の名前が書かれた所に持ち物、着替えなどを置く。

c0028104_1524414.jpg

c0028104_15244893.jpg



プレスクールは保育園の延長のようなものなので、
可愛い仕様になってます。

c0028104_1519488.jpg

c0028104_15205626.jpg

c0028104_1519433.jpg




さてさて、子離れできない私は、感動と寂しさで
お見送りの時にウルウルしてしまうのでは・・・と思っていたけど、
そんなことも忘れるようなビックリなことがっ!

このEskariには2クラスあり、ざっと私が見た限りでは、
3人の先生たちが待機していました。

が、向こうからもう1人、何やら聞き覚えのある声がし、
貫禄のある先生が登場したと思ったら・・・・


なんと!!!

私が昔、一緒に仕事をしたことのあるシンガーじゃないですかっ!
彼女が作ったメロディーを、私がジャズ風にアレンジして
2人で演奏したこととかあったっけな~~。


\(◎∠◎)/


その当時は、まだpomoっちも生まれていない頃で
彼女はこの近辺の保育園の園長先生だったのですが、
今はEskariの先生として、まさにpomoっちたちを担当。


とっても久しぶりの再会に、2人で感動のハグ。(笑)


なんか、めちゃ嬉しいな~。
彼女の人柄は分かるので、先生としてお任せできるのは、
本当に幸運だ。

pomoっちも、あっという間に名前を覚えてもらえたしね。

( ̄m ̄*)


とにかく。


pomoっち、おめでとう♪
新しいお友達がいっぱいできて、楽しいEskariライフが
送れますように~。


c0028104_15211061.jpg

[PR]
by joulupulla | 2011-08-15 15:50 | Lastenhoito 育児
歯の妖精がやって来た!
昨日、pomoっちの乳歯が1本、初めて抜けました♪

何週間もグラグラ状態だったので、いつ抜けるのか?
抜けたら痛いのか?と、本人はかなりビビッておりました。

昨日はもう、その歯を舌で押すと、直角に曲がるぐらいまでに
緩んでいたので(笑)、そろそろ抜けるな、と思っていたら
やっぱりポロリっ!
「血は出たけど、全然痛くなかった~!」
と、本人もこれで一安心。


フィンランドでは、抜けた乳歯を枕の下に置いて寝ると、
歯の妖精がやって来て、プレゼントやお金をくれると言います。

pomoっちは、さっそくその抜けた歯を袋に入れ、枕の下へ。



そして一夜明け、先ほど起床したpomoっちの興奮した第一声・・・

「Äiti !! グッドニュース!歯の妖精ちゃんがやって来たよ!
枕の下に、こんなものがあった~♪ w(≧∇≦*)w」



小さな包みを開けてみると、6ユーロ分のコイン。

もうすぐ6歳になるpomoっちに、妖精ちゃんがお小遣いを
置いていってくれたようです。

( ̄m ̄*)


下の真ん中の歯がスッポリ抜けてるので、笑うとちょっと
おマヌケなpomoっちですが・・・
こうして、少しずつ大人に近づいていくんだなぁと思うと、
私もちょっぴり寂しいやら、嬉しいやら。


Paljon onnea vaan !!!
[PR]
by joulupulla | 2011-07-21 15:29 | Lastenhoito 育児
勝つこと、負けること
先日、pomo殿は、とあるお絵描きコンテストに入賞しました。
(・・・と言っても、小規模ですが(^^ゞ)
3歳の頃にも1度、優勝したことがあるので、これで2度目。

「アタシ、ぜったいに勝つからね!」

と意気込んで描いてる本人を横目に、親としては、

「(そんな世の中、甘くねーよ・・・)」

と心の中で思いながらも、コンテストの翌日に、
主宰者側から、賞品を取りに来るようにと連絡があった時には
驚いたと共に、やはり嬉しく、娘を誇りに思いました。

もちろん、賞品のオモチャを手に、一番喜んでいたのは
pomo殿本人なのですが・・・


こういう経験は、子供にとっても「自信」に繋がるので、
とても良いことだと思う反面、実は、
負けることが絶対に許せない性格の傾向にあるpomo殿。

例えば、お友達や家族でゲームや何かの競争をする時、
自分が負けると、勝てなかったことに悔し泣きをします。
つい最近も、家族3人で椅子取りゲームをしていた時、
Vito君や私が勝つと、泣いて怒るpomo殿。

(- -;)

そのたびに私たちは、

- 人間はいつも勝てるわけじゃないこと
- 負けたって、何も恥ずかしくないこと
- 負けてもまた、次に頑張れば良いこと
- 勝ちたい気持ちはみんな同じだから、勝った人には
心から喜んであげること


・・・などを、とくと説明しても、
本人はなんだか理解してるのか?してないのか!


そこで私が負けた時、ちょっとした芝居をしてみました。
私は床に座り込み、顔を隠して大泣き(マネ)。

「Äiti(ママ)が、ぜ~ったいに勝ちたかったのにぃ!
なんでpomoちゃんが勝っちゃうのよ?(T_T)」


するとpomo殿は私の頭をなでながら、こう言いました。

「Äiti、あのね。誰でも、いつでも勝てるわけじゃないのよ。
みんなが勝ちたいんだからね。また次に頑張ればいいでしょ?」



柱| ̄m ̄) ウププッ


セリフだけは、分かっとるやんけ~。(爆)


そして、その次に私が勝った時、pomo殿は、
「Äiti、勝てて良かったね!」
と、ニコニコしながら言ってくれました。



それでもまた何日かすると、そんなことはすっかり忘れ、

「pomoちゃんが勝ちたかったのにぃ~~!(*`Д´)ノ」

と、始まる・・・▄█▀█●



勝ちたいと思う気持ちは、自分自身の向上のためにも
ほど良く必要だとは思います。
でも、負けることから学ぶこともいっぱいある。
成功も、挫折も、どちらもバランスよく経験して欲しい。

負けることを恐れず、逆にその負の経験をバネにして
成功できるような人間になってほしいな~~と・・・
これは、挫折もたくさん経験してきた、親バカな私の願いです。
[PR]
by joulupulla | 2011-02-16 17:52 | Lastenhoito 育児
クリスマスコンサート
先週11日(土)に、pomo殿のMuskari(音楽教室)の
クリスマスコンサートがありました。
義理ママ&パパも、また遠路はるばる駆けつけてくれました。

c0028104_20163793.jpg



毎回、3歳~6歳の子供たちが歌や合奏、ダンスなどを
披露してくれるのが本当に可愛いのですが・・・
面白いのは、舞台にいる最年少の3歳児たちが、客席に向かって
「Äiti~!アイティ~!(=ママ~!)」と叫びながら手を振る。
1人が叫ぶと、みんなが叫び、ママ~!の大合唱。
でも誰一人として、「パパ~!」とは叫ばないのが、ちと寂しい。

やっぱ、母は強し?w(≧∇≦*)w


今回、もう1つ可愛かったのは、一番最初の合唱が終わったあと、
ある女の子が、舞台から客席に向かって、
「ママ~!上手に歌えたでしょ?!」

場内は爆笑と拍手喝采!


他にも、泣きながらママの所に走っていく子や、
楽器をポケットにしまって何もやらずに、ふて腐れてる子や、
舞台でコケる子や・・・(>_<)
先生たちは大変だなぁ~と思いながらも、楽しませていただきました。

c0028104_20164510.jpg



可愛い孫の発表会も、もう3度目ともなると、
義理ママが感極まって涙することもなくなりましたが、
クリスマスソングを客席も一緒に歌うコーナーがあり、
まるで「ソリスト」のごとく大きな声で歌うママ!!
せっかく撮ったビデオには、ママの歌声しか入ってないんですけどぉ~。

(- -;)


さてさて、pomo殿も歌にマラカスにと頑張りましたヨ。→≪動画≫

c0028104_20165462.jpg



毎度、親バカで恐縮です。(^^ゞ
[PR]
by joulupulla | 2010-12-17 20:36 | Lastenhoito 育児
お絵描き大好き!
あわわ・・・急に寒くなってきましたよ、タンペレ地方。
今日は、お日様の照る日中でもマイナス15度。
夜中はマイナス20度ぐらいまでは、下がりそうな気配。
今週は、しばらくこの寒さが続きそうです・・・(>_<)


それでも、フィンランドの子供は元気!!
pomo殿も、マイナス15度なんて、全然へっちゃらです。
こんなもの作って、雪と戯れてましたよっ♪ →≪動画≫


さてさて、小さい頃からお絵描き&工作好きの彼女。
相変わらず、毎日何十枚という画用紙がなくなる勢いで、
絵を描いたり、何かを作ったりしています。→≪動画≫

c0028104_041587.jpg



最近は、女の子の絵を可愛く描けるようになりました。
ミミズのすごろくゲームなんかも作ったり。
虫歯の女の子の絵も笑えます。


c0028104_0422159.jpg




また、ある日のこと。

悪い子だったpomo殿は、こっぴどく私に叱られました。
泣きながら、リビングまで走っていく彼女。

しばらくして私が様子を見に行くと、
すすり泣きをしながら、何か絵を描いている・・・

そ~っと覗き込むと・・・
[PR]
by joulupulla | 2010-11-29 01:09 | Lastenhoito 育児
pomo殿の発明(?)品
TVを観ていたpomo殿がひとこと。

「ZumbaのTanssiをすると、Ihminenはlaihaになれるって!」


通訳しますと・・・
「ズンバのダンスをすると、人は細くなれるって!」

≪*Zumba(ズンバ)とは、 ラテン音楽にのせてダンスするエアロビクス方法のひとつ≫



(>_<)


なんぢゃ、その言い回しは~?!

pomo殿のフィンランド語と日本語の使い分けは、
基本的には問題ないのですが・・・
時々、こんなミョーな言語になってしまいます。

来年の8月には、いよいよEsikoulu(プレスクール)
が始まります。
今は若干、日本語が優勢の彼女ですが、
学校が始まると、フィン語が優勢になるだろうな~。
pomoっちが日本語を忘れないように、
私も頑張らなければっ!!!

・・・とはいえ、私自身の日本語力も、
最近ヤバイんですけどね~。(^^ゞ



それから、もう1つ。
pomoっちに教えなければ!と思いつつ、まだ
実行できていないものがあります。


それは、「お箸の持ち方」


ナイフ・フォークは上手く使えるようになりました。
これは、pomoっちのHACKMAN子供用セット。

c0028104_1951288.jpg



ムーミンたち、カワイイでしょ?


実は私自身は中学生の頃まで、バッテン箸でした。
おほほ。

そんな私が、我が子に正しいお箸の持ち方を
教えられるワケがない・・・orz


日本の子供たちは、どうやってお箸の持ち方を
学んでいるのでせうか・・・

さて、やっと本題ですが。
[PR]
by joulupulla | 2010-11-10 20:35 | Lastenhoito 育児