カテゴリ:Perheeni 私の家族( 37 )
日本語は難しい...
いつもフィンランド語のÄ, Ö A, Oなどの発音の区別が出来なくて
旦那様からするどい突っ込みを入れられてる私も、ここぞとばかりに
突っ込みリベンジできるのが、日本語の「つ」 の発音。
例えば三菱自動車のTVコマーシャルでもフィンランド人は堂々と
「みちゅびし~~~♪」 とのたまってます。

勿論、旦那様にとっても難しい「つ」の発音...
私 : 「まつど」
ダ : 「まちゅど」(うーん、2歳児レベルか...)
私 : 「とんかつ」
ダ : 「とんかちゅ
私 : 「つ つ つ...」
ダ : 「ちゅ ちゅ ちゅ...」(ため息)

ところがある日の事。
やはり自動車会社のマツダのCMを見てて気が付いた。
ちゃーんと、「マダ」って発音してるじゃ~~~ん!!
んんん...何故だ?
「みつびし」も「まつだ」も同じ「つ」だぞぉ?

あ!そっか!
スペル だ!「つ」にあたるスペルが違う!
Mitsubishi の「tsu」に対して、Mazdaは「z」だ!
そして実験開始。
私 : 「ねぇ、松戸は『Mazdo』、三菱は『Mizbishi』と考えて発音してみて。」
ダ : 「まつど...みつびし...」

おおぉ~~~っ!できたー♪

そうなんです。
フィンランド人にとって非常に難しい「つ」の発音も、頭の中でイメージする
スペルを「Z」に置き換えるだけで、完璧とは言えないながらも
より一層、日本語の「つ」に近い発音になる事に気が付いたのでした。
c0028104_15555632.jpg

          ↑うちの庭にもようやく花が咲き始めました...
[PR]
by joulupulla | 2005-05-20 16:09 | Perheeni 私の家族
結婚式...ココだけの話。
教会のセレモニーでのお話なんですが・・・

もちろん私達は、「日フィン2ヶ国語」による
牧師さんのお話であることは承知していました。
ただ、お互いの国の言語での誓いの言葉
旦那様も私も、事前に「おさらい」するのを
すっかり忘れておりました。(^^ゞ

フィンランド語での誓いの言葉は、

Tahdon(タハドン)


これは意外に簡単だったので、私は旦那様の後に
マネするだけで何とかその場をしのいだのですが、
可哀想なのは旦那様。

いよいよ日本語の番がやってきて・・・
緊張マックスの彼は、ひそひそ声で私に聞いてきた。

ダ : 「ねぇ、なんて言ったらいいの?」

私 : 「はい、ちかいます。」

ダ : 「え?なになに?(汗)」


・・・と言う焦りも空しく(T_T)


牧師さん : 「・・・・・・・・を誓いますか?」

ダ : 「はい、ちがいます。」


うんうん、分かるよ、ダーリン。
「誓う」なんていう動詞は初耳だもんね~。
つい、「違う」って言っちゃったんだよね~。

幸いなことに、客席までは私たちの声は届かなかったようで、
誰もこの事態には気付かずに済みました。

(^_^;)




c0028104_1540259.jpg
他にも、披露宴でのケーキカットの時。
このウエディングケーキのてっぺんにある
新郎新婦の人形が、
ケーキ入刀と共にバタリと倒れた・・・
という不吉なエピソードもありました。
何かと幸先よろしいなぁ~。







夫婦円満の秘訣について・・・
牧師さんが、こうおっしゃいました。

夫婦がいつまでも仲良く暮らす為に大切なことは、

『毎日最低でも1回は大きなHug(ハグ)をする。』

そして

『お互いを許す心。』


皆さんも毎日欠かさず実行してくださいませね~♪
[PR]
by joulupulla | 2005-05-05 16:01 | Perheeni 私の家族
結婚記念日
私たちは2002年5月4日、ここフィンランドで
結婚式をあげました。
日本からは家族、親戚、友人たちが遠路はるばる
出席してくれました。

あれから3年・・・
何だかついこの間のような気もする結婚式ですが、
月日の経つのは早いものです。
おかげさまで私たち夫婦はいつも仲良しです。
もちろんケンカ(=意見の交換会とも言う)もします。
こちらでの生活に順応する為に、自分なりの努力や
苦労もしています。
旦那様もこんな私を守る為に苦労してくれています。
でも私は彼と出会い、素朴だけども安定し信頼できる
「人生の大切なもの」を見つけたと思っています。

さて、私たちの結婚式は・・・
[PR]
by joulupulla | 2005-05-04 01:23 | Perheeni 私の家族
母ちゃん、ありがとよぉ~。
日本から小包が届きました。
3月に体調を崩した私はそれ以来、食欲が減退し随分と痩せてしまったのですが
それを知っている母が、日本の私の好きなものを送ってくれました。
国際郵便は送料がとても高くつくので、軽いものを少しでいいからと言ったのに
母はあれもこれも...と用意してくれて、結局到着した荷物は10kg!
全てが食料品です。

小包の箱を開ける時の私はまるで子供がサンタクロースからのプレゼントを開ける
ようなシアワセ気分♪
何が入ってるかワクワク、珍しいものを見つけたら絶叫...本当に嬉しかった!
フルーチェを始め、インスタントの葛餅やシフォンケーキの素もありました。
(これなら失敗しないぞぉー!!)
旦那様の好物、カレーうどんもラーメンも!これから暫くは日本の味を楽しめま~す。
c0028104_1446734.jpg

それにしても、、、この荷物、一応税関で開けられたようなんですが、この不思議な
食料品の山に、税関のフィン人達はどのように思ったのだろうか。

あ~、親って本当にありがたいですね...
[PR]
by joulupulla | 2005-04-27 14:57 | Perheeni 私の家族
Hyvää Syntymäpäivää !
今日は旦那様のお誕生日です。

プレゼントは案の定、DIYの為の道具(機械)が欲しいとやら。
後ほど一緒に買いに行きます。

フィンランドの「ハッピーバースデー」の歌は、メロディーは
世界共通のようですが、歌詞はもちろん変わります。

Paljon onnea vaan, paljon onnea vaan, paljon onnea 旦那様...
paljon onnea vaan !!!

c0028104_19343541.jpg

[PR]
by joulupulla | 2005-03-11 19:38 | Perheeni 私の家族
おばあちゃんの靴下
フィンランドのおばあちゃん達は編み物や刺繍などの手芸が
とても上手です。
フィンランドの長くて暗い冬を乗り越えながら、お家で出来る趣味
として手芸は浸透していたようです。

義理パパ方のおばあちゃん(ルーリ)も編み物のプロでした。
もう亡くなってしまいましたが、ルーリおばあちゃんが編んでくれた
あったか~い毛糸の靴下が私達夫婦の冬の必需品になっています。
c0028104_1971130.jpg

これがあれば室内履きは要りません。
デザインは極めてシンプルだけど、とにかく履いていて気持ちのイイ
靴下です。

3年前のクリスマス...
ルーリが入っていた「お年より達の住むお家」に皆でお祝いに訪れた時の事。
たまたまその施設にピアノが置いてあったので、私はクリスマスの曲を
いくつか演奏し、ルーリに聴かせる事ができました。
ルーリはそれはそれは喜んでくれました。
でも帰り際に私が「またすぐに会おうね!」と言うと
「そうだとイイね...」と言うちょっと寂しい返事が返ってきました。
そしてその後、2週間後にルーリはお空に行きました。

ちょうどルーリが亡くなった時は私達夫婦は日本への里帰り中。
そして義理ママ&パパは、私達のせっかくの楽しいホリデーを
悲しい気持ちで台無しにさせてはいけないと、私達が日本を離れる最後の日
まで何も知らせてきませんでした。

こんな優しい心配りが出来る人々、そしてルーリの手作り靴下のおかげで
私の心も温かい毎日です...
[PR]
by joulupulla | 2005-03-07 19:17 | Perheeni 私の家族
立春の日に思ふこと...
私のたった1人の可愛い姪っ子(弟の娘)は、こんな伯母ちゃんの事をいつも
「だ~い好き!」と言ってくれます。
だからサヨナラする時は必ず「もっと一緒に遊びた~い。帰りたくな~い。」
ってベソをかきます。

私がいよいよフィンランドに引っ越す日の数週間前の事。
弟夫婦が実家から自分達の家に帰る支度をしている時、
またチビが大泣きすると大変なので、辛いけど私は見送らないほうがいいだろう
と言う事になりました。
だから私は1人自分の部屋に隠れていました。窓からそっと見送りながら...
そしてその時、初めて実感しました。
もうすぐ日本を離れなければいけないんだ、、、
大切な家族から遠く離れてしまう人生を自分は選んでしまったんだ、、、って。
そして1人で泣きました。
それが私がフィンランドに来る前の最初で最後の涙でした。

そんな姪っ子も今年の春には小学生になります。
月日の経つのは早いものです...
c0028104_2358063.jpg

[PR]
by joulupulla | 2005-02-05 00:06 | Perheeni 私の家族