「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Perheeni 私の家族( 36 )
My Birthday
先週の金曜日は、私の25歳の・・・・・・
(-_-;)/(+_+;)\(-_-;)バシバシッ!!
いや、「?」歳のお誕生日でした。


その日の朝。

旦那様は出勤前の朝食タイム。
2人で、静かにコーヒーを飲む。(pomo殿は、まだ就寝中。)


すると旦那様は突然、特大の《屁》をかまし、ついでに
《ゲップ》までしやがった・・・ムカッ( ̄∩ ̄#

私: 「今日は私の誕生日なのに。ナイスプレゼントをありがとう!」
ダ: 「あああああ!ごめ~~~ん。忘れてた!!!(^^ゞ」


そして何事もなかったかのように、出勤していく旦那様。



屁男、夕方帰宅。
その後、pomo殿と何やらコソコソしてると思ったら・・・


ダ&po: 「Äiti (アイティ)!お誕生日おめでとう♪」

と、プレゼントの袋を手渡され・・・!!

旦那様は、私の誕生日のことをちゃ~んと覚えてたけど、
朝はpomo殿が寝ていて、プレゼントを渡せなかったので、
屁をこいて、知らん振りしていたようです。(笑)


実はそれ以前にも、ある大きなモノを、旦那様には
買ってもらっていました。

だから、誕生日当日は何もプレゼントは要らないからね・・・
って言ったのですが、私が欲しかった、ARABIAの
「ムーミンマグ・クリスマス2008年バージョン」
と、クリスマスツリーの可愛い小物入れをくれました。

c0028104_1717743.jpg
c0028104_17172077.jpg



でも一番嬉しかったのは、pomo殿の手書きのカード。


最近、少しずつ文字が書けるようになったpomo殿が、
2度も書き間違いながらも、一生懸命書いてくれた、

「Äiti (ママ)へ」

と言う言葉・・・(うるうる)


あ、でもね、彼女が人生最初に書いた言葉は何と、
「Isi (パパ)」
だったんですけどね。
その時の旦那様は、涙モノでした・・・。(爆)



さて、その週末は、義理ママ&パパが遊びに来てくれました。

もちろん、私へのバースデーケーキも一緒。(笑)
今回は、大人のケーキ、ザッハトルテでした~♪
(激ウマ!!)

c0028104_17175296.jpg




そうそう。
タンペレにも昨日、初雪が降りました。
今日は、3cmほど積もっています。
やっと、外の景色が明るくなって、嬉しいよ~~~!!
[PR]
by joulupulla | 2008-11-20 17:36 | Perheeni 私の家族
おばあちゃんから孫へ...
先週末、アイノおばあちゃんとの最後のお別れをしてきました。
お葬式にもお別れ会にもたくさんの人々が参列し、生前のおばあちゃんの
人柄が伺えました。

おばあちゃんは息子(義理ママのお兄さん)夫婦と一緒に住んでいました。
その家はまた、ウチの旦那様が子供の頃に育った思い出の家でもあります。
だから旦那様は大のおばあちゃんっ子で、おばあちゃんにとっても末孫の
旦那様は一番可愛い存在だったようです。

今回もタンペレに戻る前に、おじさん夫婦がいるその家を訪ねました。
おばあちゃんの部屋にはまだ、おばあちゃんのぬくもりが残っているようで
胸が熱くなりました。

部屋の壁に飾ってある何枚かの絵の中の最も大きな1枚。
これを指して、おばさんがウチの旦那様にこう言いました。
「その絵の裏を見てごらん。おばあちゃんから○○○(旦那様の名前)へ
渡してくれってメッセージがあるよ...」と。
おばあちゃんが亡くなった後に、おばさんが部屋の掃除をしていて
初めて気が付いた、絵の裏にあるメッセージ。

『この絵をおばあちゃんからの思い出として、○○○にあげて下さい。』

メッセージの紙の色あせ具合から、最近書かれたものではないようでしたが、
この絵はおばあちゃんが誰かからプレゼントされたもので、一番のお気に入り
の絵だったのでしょう。
それを一番お気に入りの孫に受け継いで欲しかった...
c0028104_1538695.jpg


おばあちゃんと孫。
親子とはまた違った関係、愛情。
でも確実に 『命の繋がり』 があります。

今回のおばあちゃんの訃報で、私は義理ママの事が心配でした。
いくら気丈なママとは言え、最愛の母親を失う悲しみは計り知れません。
でも私達がタンペレに戻る時に、こう言ってくれました。

「心のサポートをありがとう。」

そのサポートをしたのは紛れもなくpomo殿でした。
彼女の存在が義理ママの気持ちを心から癒したようです。

教会いろいろ。
[PR]
by joulupulla | 2007-08-22 15:59 | Perheeni 私の家族
天へ...
本日(フィンランド時間8月5日)
アイノおばあちゃん(義理ママのママ)が神様のもとへと旅立ちました。(涙)

旦那様は大のおばあちゃんっ子。
そして私も優しい優しいアイノおばあちゃんが大好きでした。

だから私達はまだ信じられなくて、思い出しては涙が止まりません。


未知の国からやって来た孫嫁に、いつもいつも「日本が恋しいかい?」
と心配してくれていました。

最後に会えたのは2週間前。
「私が誰だか覚えてる?」って聞いたら、「覚えてるよ。」って答えてくれた
アイノおばあちゃん...


もう会えないのです。


おばあちゃんの名前「アイノ」は、ひ孫(pomo殿)のセカンドネーム
として引き継がれています。
これからはどうかお空から、小さなアイノを見守ってやって下さい。



アイノおばあちゃん。
どうぞ安らかに...
c0028104_2305328.jpg


----------------------------------------------------

昨日の記事にコメントを下さった皆さんへ...
このような事情で、コメント欄を閉じさせて頂きました。
本当に申し訳ございません!!
[PR]
by joulupulla | 2007-08-06 02:43 | Perheeni 私の家族
お行儀悪い?
この話だけは我が家の「大恥」だとず~っと思ってました。
でも、先日の記事で他の日フィンカップルさん達からのコメントを読んで、
ナンと我が家だけでは無いという事が発覚。
ミョーに安心した私なんですが...

皆さんは例えば

アイスクリームの蓋とか包み紙とかって、なめます~?

ウチの旦那様...
なめるんです。
必ず。
しかもキレ~イに。
猫も真っ青です。

また、切り分けたアイスクリームが、運良く平べったいお皿に盛ってあろうものなら
そのお皿までも洗ったかのように美しくなめるんです。

日本ではこう言う事って『お行儀悪い!』って怒られますよねぇ?!
でも旦那様にいくら注意しても、やめてくれません。

ぢゃ、旦那様の実家ではと言うと...
[PR]
by joulupulla | 2007-02-25 01:03 | Perheeni 私の家族
父と娘。
いつも仲良し...

c0028104_18492739.jpg
c0028104_18493912.jpg

[PR]
by joulupulla | 2007-02-21 18:50 | Perheeni 私の家族
もったいないポリス
私は時々、旦那様の事を「もったいないpoliisi」(poliisi ポリーシ=police ポリス)
と呼んでいる。

何故なら彼は

1. 何でもかんでも簡単に捨てるな!

2. モノは壊れても修復可能な限り使え!

3. 賞味期限は味見をして判断せよ!


との精神で我が家を取り締まっているからだ。

【取り締まりその①】
以前、たったひとくち残った夕食のサーモンを私が捨てようとした事があった。
そしたら...
「まだ食べられるものを、どうして捨てるの!もったいない!!(怒)」と喝!!!

【取り締まりその②】
かなり使い物にならなくなってきた我が家の掃除機。
もっと吸引力の良いものが欲しくて、買って~買って~と説得し続けていたけれど...
とうとうポリスが自分で修理しやがった。(´・ω・`)ショボーン

【取り締まりその③】
食品の賞味期限。
こんなの全く気にしないポリスは、見て、匂いを嗅いで、食べてOKだったらそれで良し。
でもこれに関して...特に日本からの貴重な食料品は、私自身も特に賞味期限を
気にしなくなった。
とにかく大切に大切に、特別な時に食べよう!と置いていると、気がついたら
賞味期限が切れてるって事が多いのだ。(苦笑)

先日、ポリスが
「会社のデスクの引き出しに長~い間入ってた。」と言って、どう見てもアンティークな
日本茶のティーパックを持って帰って来たのだが...
賞味期限を見ると、ナンと 2000年 まで!!(゜ロ゜;)エェッ
「まだ飲める!」と言い張るポリスに、私は丁重に頭を下げて捨てさせて頂いた。

でもね。
捨てる時にちょっぴり勇気が要った私。
もったいないポリスのメンバーになれる日も近いのか?!


ちなみに...
フィンランド人って「もったいないポリス」に所属してる人が非常に多いと思うのは
私だけ?????

え~っと、皆さんへ。
[PR]
by joulupulla | 2007-02-19 22:14 | Perheeni 私の家族
アイタタタタ......
            ↓これ、旦那様の左手...

c0028104_050476.jpg


痛い話が苦手な方はココから先は要注意。
[PR]
by joulupulla | 2006-11-15 01:46 | Perheeni 私の家族
旦那様語録 Ⅲ
過去の語録はコチラから。

その①
いくつかの簡単な漢字は何とか読み書きできる旦那様。
でもそれも小学校1年生の1学期に習う程度のもんですが。

ある日、私のメール受信箱の画面を見て、新着メールが来てるのを、わざわざ
知らせてくれた彼。

ダ : 「ねぇ、むっちゃん(=私の母)からメール来てるよ。」
私 : 「あ、今、手が離せないから、開けて読んでみて~。」

ダ : (しばし沈黙...)

ダ : 「きょう、なになに で なになに に なに ってきました。なになに の 
    なになに が なに だったよ。 なになに だね~。(中略) ではまたね。」

私 : 「分からんっちゅーねん!」


知らない漢字は全て「なになに」だそうです...


その②
私の親父が旦那様に送った短い日本語メール。
親父はわざわざ、分かりやすいようにと“全文ひらがな”で書いた。
その文章の中に「そうしん」「じゅしん」と言う言葉が入っており、旦那様はせっせと
辞書を引きながらメールを読む努力をしたのだったが...

「そうしん」
痩身?喪心?送信?

「じゅしん」
受診?受信?

ダ : 「親父が喪心(失神、気絶、正気を失う事。)して病院で受診したのかと思って
    心配したよ!」


私はアンタのほうが心配だよ。(- -;)


その③
pomo殿の「音の出る絵本」の中にある“ねこふんじゃった”
なかなかユニークな歌詞がついているのですが...

~歌詞~
ねこ ふんじゃった ねこ ふんじゃった
ねこ ふんづけちゃったら ひっかいた
ねこ ひっかいた ねこ ひっかいた
ねこ びっくりして ひっかいた
(以下省略)

歌うダ : 「ねこ ふんじゃった~♪ ねこ ふんじゃった~♪ 
       ねこ ふったら ひったら ほったった~♪♪♪


pomo殿、大ウケ。ヾ(@^▽^@)ノ


その④
これは言葉に関する事ではないのですが...

例えば日本人って、“恥ずかしさを、笑ってごまかす”とこってないですか?!
コケた本人が笑ってごまかすとか、見てるほうも笑っちゃうとか。

先日、旦那様が椅子に座ろうとして、足元が引っかかってコケた事があったんです。
その状況と彼の表情がかなり面白かったので、もちろん私は大爆笑。
そしたら、

ダ : 「何で笑ってるの!!(怒)」(←マジ切れ)
私 : 「あ、ごめんごめん。」
   
でもまだ笑い続ける私...

ダ : 「まだ笑ってるし!!!(怒)」(←大マジ)

それでも隣の部屋にまで行って、笑い続ける私...

ダ : (大声で)「大怪我しなくて良かったって、普通は思わない?!」(←超おおげさ)


ぷぷぷ。たかが低い椅子から落ちたぐらいで大怪我するか??

どうも日本で通じる「笑い」は、フィンランド人には通用しない場合がありますので、
皆さんもご注意を!(笑)     
[PR]
by joulupulla | 2006-09-26 22:57 | Perheeni 私の家族
蘇るワンピース
旦那様は1人っ子。
そして実は義理パパは旦那様の血の繋がったお父さんではありません。
彼が2歳の時、義理ママとパパは再婚しました。

私達がまだ付き合っていた頃、旦那様からこの話を聞かされました。

「今の親父と俺とは血の繋がらない親子。でも俺にとっての父親は彼しかいない。
だから君も彼を本当のお父さんだと思ってやって欲しい。」と。

もちろんですとも。
血が繋がっていようが無かろうが、一所懸命育ててくれた人が親なんですから。

さて、今日はここで書いたルーリおばあちゃんの話です。
ルーリは義理パパのお母さん。
血が繋がらない孫の旦那様をとてもとても可愛がってくれたお祖母ちゃんでした。
ルーリが亡くなってから、パパとママは何年もかけて少しずつ、ルーリが住んでいた家の
荷物整理をしていました。

それは去年の事。
今まで整理していた時には全く見つからなかったのに、なんと突然出てきた女の子用の
小さなワンピース...
c0028104_1175680.jpg

義理ママはとても驚き、そして涙が出たそうです。

「ルーリは○○(旦那様の名前)の妹、つまり女の子の孫が欲しかったのに違いない。
だから密かにワンピースを買って仕舞っておいたのね...」

去年...?
つまり私が妊娠中に、このワンピースは見つかった。
約40年前の小さなピンクのワンピース...
まだ札も付いたまま。
しかも虫食いも汚れ1つもなく、とても綺麗に保存されていたのでした。

40年ぶりに蘇ったワンピース!!
パパもママもそして私達も今年の夏、娘に着せてやるのがとても楽しみです。
[PR]
by joulupulla | 2006-06-07 01:30 | Perheeni 私の家族
ねぇ、アタチってCool?
c0028104_16202096.jpg
c0028104_1620424.jpg
c0028104_1621182.jpg


でも...


もっと......

Cool なのが...
[PR]
by joulupulla | 2006-05-10 16:30 | Perheeni 私の家族