Makkara
昨日の記事中の手作りホームバーに対して、皆様からたくさんの
お褒めの言葉を頂き、我が旦那様はたいそうご機嫌 の模様。
私もとっても嬉しいです。
そこで彼への票をもうワンポイントアップさせる為、調子に乗って
さらに一発、彼の手作り作品をご紹介します。

フィンランド国民にとって、なくてはならない存在の食べ物があります。
それはMakkara(マッカラ=ソーセージ)。
子供も大人もみ~んな、ソーセージが大好き♪
ソーセージ好きはドイツ人だけじゃないんですよ。

なので旦那様は時々、自分流に試行錯誤しながらソーセージを作ります。





c0028104_18302971.jpg
何の機械もなかったので、極めて原始的な
システム(?)を開発。
プラスチックの空き容器を切り、その中に肉を詰め、
同サイズのビンのお尻でぐぐっと押して腸のなかに詰める。


c0028104_18311617.jpg
空気が入らないように詰めるのはなかなか難しいのですが...


c0028104_18313028.jpg
焼く前に低温で軽くボイル。


c0028104_18314311.jpg
手羽先と一緒にグリル♪


c0028104_18315757.jpg
出来上がり~!!!


この後、彼はドイツ製のソーセージ作りマシーンなるものを購入。
挽肉を作るのも、腸に詰めるのもかなりラクになりました。
[PR]
by joulupulla | 2005-02-18 18:53 | Hommat 夫の手作り
<< 驚異の格変化 フィンランド人男性を分析してみ... >>