フィンランド人の漢字名
映画 『かもめ食堂』 の中で、片桐はいりさんが
フィンランド人青年Tommi(トンミ)の名前を
「豚身」と漢字に変換した場面では
思わず爆笑してしまった私ですが、
私自身も、フィンランド人たちに頻繁に頼まれるのが、
彼らの名前の漢字変換。

「自分の名前を漢字でタトゥーにしたいから。」
「空手の胴着に名前を入れたいから。」

・・・などなど。


ある日。
知人から、Raimo(ライモ)と言う名前に、
「笑えるヘンテコな漢字をつけて欲しい!」
とのリクエストがありました。
ちなみにRaimoはフィンランド人男性によくある名前です。


うーん・・・(悩)

「ら」って漢字のチョイスが少ないですよね。

でもふと、
茹でたジャガイモとソーセージの組み合わせが大好物な
フィンランド人が多い事を思い出し・・・

つけた漢字名は

裸芋(らいも)。


知人は、
「わ~い。皮を剥いたジャガイモだ~♪」
って何気にお気に入り。


また、Tarja(タルヤ)と言う女性の友人にも頼まれた時、
これもかなり悩みました。


樽屋(たるや)
とか・・・
太留也(たるや)
とか。


でも・・・

今は20kg以上ものダイエットに成功した彼女だけれど、
その当時はとてもふくよかでしてね。
そんな彼女に、「樽」とか「太く、留める」だなんて漢字を
選んでしまって・・・ゴメンナサイ。(^_^;)
[PR]
by joulupulla | 2007-03-24 18:13 | Kieli 爆笑フィンランド語
<< 夏時間! 友達と過ごした3週間 >>