友達と過ごした3週間
日本から遊びに来てくれていた友人母娘が無事お家に着きました。
約3週間(旦那様の実家で1週間、我が家で2週間)のホームステイ期間も
あっという間に過ぎた感じです。

友人の今回の目的はフィンランド語のスキルアップ!
(彼女は筋金入りのフィンオタです。(笑))
ここに居た間に耳がかなり慣れてきたように見受けられたので、私達も
ホストファミリーとしてお役に立てたのなら嬉しいです。

さて、友人の愛娘のノンノは2歳3ヶ月。pomo殿より10ヶ月お姉さんです。
pomo殿にとっても3週間もの長い間、家族以外の人、特に小さい子供と
一緒に過ごすのは初めての経験なので、私もどうなる事やらと思いましたが
ノンノとは何度も会った事があった為か、とっても仲良く遊ぶ事ができました。

1人があっちに移動すれば、もう1人もその後ろをついて行く。
1人が泣けば、もう1人も泣く。
1人が何かを得ると、もう1人も同じモノを欲しがる。
c0028104_1621122.jpg
c0028104_16211165.jpg

オモチャの取り合いをする場面もありました。
でもお互いに「どうぞ!」と分け合う精神を教えたら、ちゃんと相手にオモチャを
貸してあげる事も出来たり...
とpomo殿の新たな一面を見られて、私も勉強になりました。
c0028104_16214391.jpg
c0028104_16215397.jpg

また新しい発見と言えば、私がノンノを抱っこした時のpomo殿のヤキモチ。
「Äiti !(アイティ=ママ) Äiti !」と怒り心頭、大泣きだったのには驚きました。
こんなに小さな内からも、しっかりとジェラシーの感情を持っているのですね。

そんなこんなで...
ノンノが帰った次の日の朝。
pomo殿は「ノンノ~!ノンノ~!!」と彼女達が使っていた部屋まで走って行き
ノンノがもう居ないと分かると、とても不思議そうにしていました。
それから数日経つ今でもまだ、ノンノの名前を呼んで探しています。

また今度会えるからね。またノンノと一緒に遊べるからね!






pomo殿の未来はコメディアン。


ある日の夕食時の事。
カッテージチーズを一生懸命指で摘まんで食べていたpomo殿...
そのチーズの小さな粒を、何を血迷ったのか自分の鼻の中に突っ込み始めた!

窒息したら大変だと思い、彼女の鼻を摘まんでチーズを出そうと思ったら、、、

益々、奥に入って行った...(焦)

pomo殿のマヌケ顔をブログ用の写真に収めたかったけど、その余裕も無く、

「じゃ、鼻をフーンってやってごらん!」と言ったら...


カッテージチーズは鼻からビューン



飛んだ。(- -;)

------------------------------------------------------------
c0028104_1619758.jpg

               ↑カールおじさん???
c0028104_16195640.jpg

                             ↑テレタビーズ???
[PR]
by joulupulla | 2007-03-20 16:55 | Lastenhoito 育児
<< フィンランド人の漢字名 タンペレ初オフ会! >>