フィンランド人男性を分析してみる...其の2
第2回目のお題は...
『フィンランド人男性は自然児である。』
自然の豊かな国で、自然と一体となって生活するフィンランド人。
だから彼らの野外活動能力はボーイスカウトよりも優れ、
自然の中でのサバイバル能力は北極探検隊にも勝るかもしれません。

フィンランド人男性は基本的に「癒し系」 の雰囲気をかもし出しています。
自然児ですが、ワイルドな野性味はありません。
ま、悪く言えば「シャープさに欠ける」「洗練されていない」ってところでしょうか。
例えば彼らの雰囲気を”ひらがな”で表現すると
「も~」 とか「ほ~」などのマッタリとしたイメージになります。

ところで、我が家にいるフィンランド人の話を少し...
彼の会社では30歳、40歳などの節目のお誕生日になると
同僚達がプレゼントと共にお祝いをしてくれます。
そして去年の彼の誕生日の事。
プレゼントには何が欲しいかと訊ねられ、彼がリクエストした物は、
な、なんと、、、「ゴム長靴」と「シャベル」!!!
しかもオフィスでのプレゼント贈呈式は50人以上の同僚達が見守る中、
こんな物がプレゼントになっているにも拘わらず、誰からも笑いの声は無し...
ごく当たり前のように、そのゴム長靴とシャベルは贈呈されたのでした。

これを嬉しそうに抱えて家に帰ってきた旦那様。
    私:「なんかさ~、もっとオシャレな物、フツーは頼まないかなぁ?」
    旦那:「だって欲しかったんだもん。でもさ、この長靴、○○○社の物だよ。
          ブランドだし高いんだからー。」(←超自慢げ)

ゴム長靴にも、こだわりのブランドがあったとは、、、恐るべしフィンランド人!

でも冬はスキーウェアー、夏は体操服で街を歩いていても全く違和感のない
この国の自然体の生活。
私も身につき始めた今日この頃です...

★本日の教訓★
「フィンランド人を知るためには、自然を愛する事が不可欠です。」
[PR]
by joulupulla | 2005-01-31 18:28 | Ihmiset 人びと
<< 本日のsnapshots 番外編 - ヤバイぞ、Japa... >>