この歳になって...
思い切って、ある事に 挑戦 しました。
自分自身にとってはそれなりに大きな決心だったんです。


私には歯のコンプレックスがあります。
前歯の両サイドに堂々と構える2本の八重歯。
子供の頃には「ドラキュラみたい~!」と、からかわれたりもしました。
幸いな事に、それが人生の中でトラウマになるような事は無かったけれど、
ブサイクな口元のせいで、写真を撮られるのがいつも大嫌いです。

そうかと言って、この八重歯のせいで「人生、損したなぁ~。」なんて思わないし、
まさかこれから新しい恋人を探したり、ミスコンに出るワケでもないし(爆)、
今更この歯並びを修正する事なんぞ、これっぽっちも考えてはいませんでした。

ちょうど、産後に悲惨なほど増えた虫歯の治療に通い始め、そこで提案された
歯の矯正
旦那様も大いに賛成でお金も出してくれると言うじゃーないですか。
しかも日本での一般的な矯正費用に比べて、フィンランドでは格安なのです!
噂によると、日本では100万円前後かかるところ、こちらでの私のケースでは
約25万円ぐらい。
これは素晴らしいチャンスだ!と思ったワケです。

キシリトールで有名なフィンランドは歯の治療にも熱心です。
歯並びの悪いフィンランド人もあまり見た事がありません。
小さな子供達も早い内から、きっちり矯正しているからでしょう。
また歯科医療の技術もかなりレベルが高いと言われています。


1年もの間、矯正器具をはめる事、慣れるまでの痛みや不快感などを考えると
かなり憂鬱にもなり、大きな迷いもありました。
でも決心できた一番の理由は“娘のため”。
娘が将来、「お前の母ちゃんドラキュラみたい。」と友達にイジメられないように、
そして少しでも若くてキレイで居てやりたいと思ったからこそ、頑張ってみようと
決心したのでした。





てなワケで...

まずは火曜日に矯正に邪魔になる2本の歯を抜きました。そして...

先ほど無事に透明の矯正器具を装着してきました。



矯正のエキスパートの先生はフィンランド国内を忙しく駆け回る有名歯科医。
タンペレで治療を受けられるチャンスも月にたったの1度。
でもそのキャラは、ひょうひょうとして優しく愉快なおじいちゃん先生でした。
今日も治療中はず~っと鼻歌歌ってるし。(笑)

治療終了後、
私 : 「良かった。今は全然痛くないです~。」
先生 : (ニコニコしながら)「あ、3~4時間後に痛くなってくるよ~。」

_| ̄|○

今はこうして余裕でブログなんぞを書いておりますが、暫く更新が無かったら
痛みにノックアウトされてると思って下さいまし。

あと...上唇の裏側が痛いっす。
笑うと唇が器具に引っかかるので、すぐに口を閉められません。(◎`ε´◎ )ブヒッ
それにやっぱり「食べる」のが困難ですね。


最後に。
今回の決心では、適切で思いやりのあるアドバイスで悩む私の背中を押してくれた、
大阪の親友Sちゃん。
改めて、本当にありがとう!
前歯がキレイになったら、必ず見せに行くからね!
[PR]
by joulupulla | 2006-10-13 20:45 | Muut その他いろいろ
<< 祝☆10月19日 フィンランド人は選手権がお好き?! >>