Pärnu (ESTONIA)
2泊3日の小旅行は、お隣の国 Estonia に行って参りました。
エストニアのTallinn(タリン)と言えばフィンランド人にとってのお買い物天国で、
街の中はいつもフィンランド人ツーリストで溢れております。
でも今回はタリンではなく、Pärnu(パルヌ)と言うリゾート地への初めての旅。
c0028104_4541992.jpg

このパルヌはスパ、エステ、マッサージなどのパラダイスとしても有名なのですが、
私達の今回の一番の目的はその”マッサージ”。わーい!!


まずはタンペレからヘルシンキの港までバスで2時間。
ヘルシンキからタリンまではNordic Jet Lineで1時間45分。
そしてタリンからパルヌまでは、またまたバスで2時間...の長旅でした。
c0028104_4552450.jpg

パルヌの街の中心地はとても小さく、1~2日もあれば充分に観光が出来ますが、
ここにはたくさんのスパホテルが点在し、そのホテル内にはエステやマッサージ
のみならず、美容院、各種セラピー、ジム、ドクターによる健康診断、歯医者...
などもあり、しかもとってもリーズナブルなお値段なのです。
例えばフィンランドの旅行会社では、スパホテルに滞在1週間、3食付、エステや
マッサージ代、交通費などが込みで約350ユーロ(1ユーロ=約140円)前後の
パッケージツアーなども主催されているようです。

私たちは今回、スパホテルには泊まらず、小さなヴィラにステイしました。
でも大きなスパホテルがお隣にあり、そこでマッサージを体験。
私は全身のハチミツマッサージ。なんと1時間で18ユーロと言う安さ!!
担当してくれたエストニア人の女性はとてもフレンドリーで、彼女の娘さんが何やら
日本語を勉強しており大のニッポン好きだとか。
また彼女曰く、最近のエストニアにはたくさんの”日本ファン”が居るとか?!!
マッサージは、あえて言うまでもなく...
気持ち良くリラックスできたひと時でした♡


さて、私が持ったパルヌの印象は...
新旧入り混じった建築物の面白さ。
そして美しい木々の緑や公園の多さ。
c0028104_4581412.jpg

今回私達は泳ぎませんでしたが、海ではたくさんの人々が海水浴を楽しんでいました。
c0028104_459136.jpg

また地元のマーケットも安くて面白い!
c0028104_511227.jpg

私の好きなモノはエストニアの黒パン。これが旨い。値段はタダ同然の安さ。(笑)
エストニアの人々はフィンランド人と同じくシャイですが、とっても親切です。
またエストニア語とフィンランド語は似ている単語も多く、エストニア人の多くは
フィンランド語を話します。






こんな名前のホステル発見!(笑)
c0028104_51295.jpg

[PR]
by joulupulla | 2006-07-28 05:30 | Matkat 旅の思い出
<< Miksi mixi ??(ミ... No hurry home >>