旦那様語録 Ⅱ
Ⅰはこちら

相変わらず、ヤツの日本語は発展途上。やる気も全く見受けられない。
でも、とってもしょーもない事だけは言ったり覚えてたりします。

その①
旅行の計画中、ネットで交通手段を調べていた時の事。
ダ : 「あ、そのバスは毎日ウンコ??」
私 : 「......(- -;) ”毎日運行”をギャグったわけ?」
(今どき、小学生だってそんなB級ギャグ言わんやろ。)


その②
冷蔵庫の中を探しながら...
ダ : 「えっと、ごっちそーさんはどこ?」
私 : 「へ?」
ダ : 「ほら、韓国の辛いペースト、、、」
私 : 「コチジャンってか?」


あああああ。楽しい週末だというのに、くだらねぇ~ネタですみません。m(_ _;)m
なので別ネタもういっちょ。


最近、我が家では娘の為に日本の童謡集のCDをよくかけているのですが、
その中の「お猿のかごや」の曲が流れると、旦那様はいつも、、、


ウケまくり。


♪エ~ッサ エ~ッサ エッサホイサッサ♪


だって、Esa(エサ)ってフィンランド人男性の名前なんですもん。

私たちの友人にもEsaさんがいます。
ある日、彼に日本語での「えさ」の意味を教えました。「釣りのエサ」を例にとって。
フツーだったら、自分の名前が魚のエサだなんて、ムッとするはずなんですが
彼はかなり、、、


お気に召した。


それ以後、彼から来るポストカードには署名の代わりに、、、
c0028104_165727.jpg

釣り針とエサの絵が......
[PR]
by joulupulla | 2006-02-24 17:35 | Perheeni 私の家族
<< ニッポン上陸。 着信音 >>