Itsenäisyyspäivä(独立記念日)
今日12月6日はフィンランドの独立記念日(祝日)です。
フィンランドはスウェーデンやロシアの支配下にあった苦難の時代を乗り越え、
1917年に独立し、今年で88歳になります。

愛国心の強いフィンランド人。
特に戦争の時代を生き抜いてきたお年寄り達の、この日に対する思いは、とても
強く深いものです。
以前ご縁があって、とある独立記念日パーティーで「国歌」のピアノ伴奏の仕事を
した事がありました。
私は普段の演奏ではあまり緊張しないタイプなのですが、さすがにこの時ばかりは
テンション上がりまくりで、ドキドキものでした。
だって、国歌はフィンランド人にとって、【魂】とも言えるとても大切な歌なんですもん。
しかもそれを外国人の私が伴奏するんですからねぇ...
演奏中の観客の視線が重たかったです。(汗)

さて独立記念日にはどんなイベントがあるかと言うと、、、
例えばタンペレでは市庁舎前にてセレモニーがあり、花火が打ち上げられます。
国歌が流れると、どんなに寒い雪の日でも帽子を脱いで皆で合唱します。
そして......各家庭では毎年恒例の...

TV鑑賞。

この日の夜に大統領官邸(↓)で開かれるパーティーの模様を延々と数時間にわたり
生放映する高視聴率番組です。
c0028104_1654095.jpg

内容は...2000人近くのゲスト(その年活躍した人達や各界のセレブ達、政治家や
各国大使などなど)をハロネン大統領夫妻が迎える入場シーン、お茶とお菓子のテーブル
を囲んだ歓談シーン、そしてゲスト達が所狭しとホールで踊るダンスシーン...など。
毎年、大統領やゲスト達の服装は注目の的で、まるで「ピー子のファッションチェック!」
のような(?)ナレーション付きです。
勿論、私たちも自宅のTVの前で酷評しながら観ております。はい。
c0028104_16551278.jpg

                ↑大統領夫妻
[PR]
by joulupulla | 2005-12-06 17:24 | Suomi フィンランド!!
<< 珍道具 Glögi と Jouluto... >>