Ryijy(ルイユ)
フィンランドの家庭に行くと、壁に大きな「ラグ」がかかっているのをよく見かけます。
ルイユとはそのラグの事。
我が家の壁にも、旦那様のお祖母ちゃん(ただ今93歳!)が作った、まるで絨毯
のような大きなルイユがかかっています。(縦180cm 横130cm)
そしてルイユには作られた年号も織られている事が多いのですが、これは1934年、
つまり71年前に完成したものです。
c0028104_0292167.jpg

お祖母ちゃんがまだ22歳の時の作品なんですね...(しみじみ)
お祖母ちゃんちに行くと、このルイユを織る機械がまだ残っています。
私にはこんな大仕事ができるスキルはないけれど、日本でもフィンランドでも、こういう
ハンディクラフトの技術や伝統を、これからもずっと大切にしてもらいたいな...。

ルイユについてはコチラコチラで少しご覧頂けます。
[PR]
by joulupulla | 2005-09-22 00:35 | Suomi フィンランド!!
<< みなさまへ... フィンランドのもの、これがイヤ! >>