フィンランドのもの、これがイヤ!
先日、旦那様にとっての「日本のイヤなもの」を書いてみましたが、今回は私の番!
ちょっと言わせてもらいます。

① ラップ、フォイル類
この国でこれらを使うたびに不機嫌になるのは私だけなのか...?
とにかく切れないんです。
刃の部分が安全対策(?)の為なのか、プラスティックか紙製のものが多く、でもそれも
5回ほど使うと機能を果たさなくなり、10回ほど使う頃にはラップの箱自体も破れ始めて
ボロボロになります。
最近の日本のラップは、驚くほど爽快にスパ~~~ッと切れて、ラップがくっついて
グチャグチャになる事はありませんよね。あれ、見習ってもらいたいもんです...

② ケーキフォークが無い(?)
こちらではケーキを食べる時はティースプーン を使う事が多いのです。
だから家庭にお呼ばれしても、カフェに行っても、「ケーキ専用フォーク」なるものは
めったに見かけません。
勿論、食事用の大きなフォークはありますが、フィンランド人はケーキを食べる時には
コーヒーに付いてくる小さなスプーンで食べるのです。
でもね...これ、なかなか難しいんですよ...上手に食べるのが...
ケーキが口の中に到達する前に、何度もお皿に落ちてしまいますからねぇ...
お皿に戻るのならまだイイけど、私は何度、コーヒーの中にケーキを落とした事か...

フィンランド在住の皆さん!私の意見に同意していただけます?!?!?





むか~~し昔のフィンランド人。
コーヒーを飲む時は、カップの中のコーヒーを、コーヒー皿 に移して
飲んだりしてたんですよ!!!しかも角砂糖をなめながら...
理由は「コーヒーが熱いから」

初めてこの事実を知ったのは古い映画の中でした。
私はてっきり、映画上でのジョークだと思ってたんですが、どうやら真実のようです...
残念ながら、今の時代にコレをやってる人は見かけなくなりましたが。(笑)
[PR]
by joulupulla | 2005-09-19 15:28 | Ajatuksia われ思ふ
<< Ryijy(ルイユ) 異国の旨いもの >>