またまたご無沙汰ですっ。
生きております。(笑)


6月に入ってすぐにフィンランドの学校は夏休みに突入!

毎度言いますけどね…w

1) 2ヶ月半もの長~い夏休み
2) 夏休みの宿題は、一切な~~し!


…ってことで、
私たちも恒例の夏の日本帰省を楽しんできました。


でも…

今回は、親父が生きてて、両親共に元気だった以前とは、
違う風景でした。

pomoっちは、大好きなジィジのことを思い出すと、
いまだに涙します。

Vitoさんも、いつも親父と一緒にバカな話をしながら
お酒を呑むのを楽しみにしていたのに、
今回は、テーブルで1人で寂しく呑んでいました。


私はと言えば、相変わらず母の介護関係や、
家のことのあれこれで、走り回る日々。
(もう、書類見るのがトラウマ…(苦笑))


それでも、pomoっちとあちこち遊びに出かけたり、
大好きな友人たちとランチしたり、日本酒呑んだり。
しっかり楽しむことができました。

日本の小学校で知り合ったママ友たちとの、
お惣菜持ち寄りパーティーも、めっちゃ楽しかったなぁ~。

169.png169.png169.png



ところで。


pomoっちの5年生の終業式の時のお話なんですが…

フィンランドの学校では、その年に頑張った生徒には、
『Stipendi(スティペンディ)』という賞が与えられます。


まぁ、pomoっちは1年の半分を日本で過ごしていたし、
自分がもらえるかも?なんて期待すらしていませんでした。

終業式では、校長先生がそれぞれの学年ごとに
Stipendi受賞者の名前を読み上げるのですが…


なんとっ!!!

pomoっちは、タンペレ市からのStipendiを頂いちゃいました。

113.png

本人はかなり驚き、

「なんで私なの? だって日本に長い間いたんだよ???」


後日、担任の先生にお礼を伝えた時、私は、
どうしてpomoっちが受賞できたのか?と尋ねてみました。


先生曰く、

「彼女は、日本の小学校での努力だけではなく、
半年というブランクがあるにもかかわらず、
フィンランドの小学校に戻ってきた時に、授業にも友達関係にも、
何の問題もなくキャッチアップできた。
そのために、本人がどれほどの努力をしたかと考えると、
Stipendiの受賞に値しますよ!」

…と。


もうね、泣けました。145.png


フィンランドの小学校は、pomoっちの影の頑張りを、
ちゃーーんと見ていてくれたんです。

pomoっちにとっても、

『頑張れば、いつかきっとイイコトあるよ!』

…と、大きな励みにもなりました。

天国のジィジからのプレゼントかもしれないね♪



さて…そのStipendiの賞品は?というと…



20ユーロの現ナマって。

102.png 102.png102.png





今年のフィンランドは、新聞情報によると、
過去20年の間で、一番寒い夏!だそう。119.png

猛暑の日本との温度差には参りました。
今はやっと時差ボケも回復してきましたが、
気温は低いけど、やっぱり空気が爽やかなフィンランドです。


フィンランドにご旅行予定の方は、長袖の薄手ジャケット、
フード付きパーカー(ゲリラ豪雨もあります)など必要ですよ~♪



Hyvää kesän jatkoa!









[PR]
by joulupulla | 2017-07-23 18:49 | Muut その他いろいろ
<< 今年の夏は… pomoっちの日本の小学校体験... >>