pomoっちの日本の小学校体験記《その4》
ウチの実家から、pomoっちが通った小学校までは、
徒歩で10分ほど。

私が子供時代にあったような、『集団登校』などもなく、
子供たちは、1人で、もしくは近所のお友達と一緒に
学校まで通っているのは、フィンランドも同じです。


でも、慣れない通学路は、交通量が多いこと、
マナーの悪いドライバーのせいで、事故も多いこと、
しかも、変質者注意!などの連絡網が回ってくることもあり、
私はほぼ毎日、徒歩で学校まで送り迎えをしていました。

(過保護でイイの。自分の子供は自分で守るのだっ!)



午後4時。
終業ベルがなると、子供たちが正門に続々と出てくる。
そして、私を見つけるとすぐに、

「◎◎(←pomoっちの名前)ママ~~♪♪♪」

と、あっという間に、何人もの子供たちに囲まれる。


中には、

「お待たせ~!」

と、毎回にこやかに手を振りながら出てくる男子も。


いやいや…

私が待ってるのは、キミではないっ!!

www



私は元々、子供を子供扱いしないので、彼らにとっては、
ノリの良い、面白いオバチャンであったようだ。


ある日は、
「◎◎ママ~、聞いて!私、昨日、●●君にコクったんだぁ!」

そのコクられた男子からは、
「ねぇ、◎◎ママ…俺、どうしよう…」


小学校の正門前で、恋愛相談室やってるって、
どーよそれー。(汗)


てな感じで、pomoっちのクラスメイトたちが、
毎日のように、私に色んな話を聞かせてくれるのは、
ホントに楽しかったっす。


んで、終業式の時。

校長先生から言われた言葉も嬉しかったです。

「お母さんにはいつも感心していました。毎日、子供たちと
交流されてたじゃないですか。ホント素晴らしいなーと!」


えーっと。
私が自ら積極的に交流しようと思った訳ではなく、
気がついたら、子供たちが勝手に私の周りを
取り囲んでただけだったんですけどねぇ…(笑)

ま、基本、子供は好きですけど。



ではでは皆さん、良い週末を♪

Mukavaa viikonloppua teille!!!


[PR]
by joulupulla | 2017-03-24 21:34 | Japani ニッポン!!
<< ウサギ~~~!! pomoっちの日本の小学校体... >>