Sienet(キノコ)
フィンランドはベリーの季節が終わる9月頃になると、今度は「キノコの季節」
になります。
日本もキノコ類はとても豊富で、どれも美味しいですよね~。
(キング.オブ.キノコである「松茸」ももうすぐですね!いいなぁ。)
こちらには無い「えのきだけ」や「舞茸」なども時々恋しくなります...

フィンランドの森では誰の許可も無しに自由にベリーやキノコ摘みをする事が出来ます。
(どんなキノコが取れるのか興味のある方はコチラをどうぞ!)

ここで私の大好きなキノコ2種類をちょっとご紹介。
① Kantarelli(Keltavahvero)
c0028104_1732020.jpg

日本語では「アンズタケ」と呼ばれているようです。
これ、松茸ほどではないですが、こちらで買えるキノコの中ではかなり高価です。
色々な調理法で楽しめますが、私はこれを使った「クリームソース」がお気に入り。
お肉類(チキンとの相性がグッド!)やポテトや何にでもかけて食べます。

② Suppilovahvero
c0028104_1734922.jpg

「Trumpet-shaped chanterelle」と呼ばれているそうですが、日本語名は
分かりません。
これは独特の香りがありますが、やはりクリーム系のお料理に使うととても美味。
クリスマス料理の定番、Sienisalaatti(キノコサラダ)にもよく使われるし、
クリームスープやパスタなどにも合いますよ♪
義理ママは秋になると、これを採りに森に出かけ、乾燥して保存します。
c0028104_1741270.jpg

そしてお料理に使う時は日本の乾燥しいたけのように水で戻します。
(もどし汁は使いません。)

ちなみに...
ここの窓から外を見ると、道端に特大の「毒キノコ」らしきものが生えているのが
見えます...(怖)
あっ!!うさぎちゃーん!
食べたらダメだよ~~~~!!
c0028104_1751659.jpg

[PR]
by joulupulla | 2005-08-29 17:40 | Suomi フィンランド!!
<< ヒミツの冷蔵庫 自家製ピクルス >>