自作の曲、初演の喜び。(10月18日追記あり)
昨日は、自分のトリオで、イベントでのミニライブを
お手伝いさせていただきました。

このイベントは、教会の慈善事業団体主催のもので、
観客は政治家(元大臣)、アーチスト、女性起業家…などなど。
そして、メインゲストはフィンランドの有名作家、
ソフィ・オクサネン
ソフィのトークショーと新しい本の販売サイン会も行われました。

ソフィはグリム童話の『ラプンツェル(髪長姫)』が大好きで、
その影響を大きく受けたこともあり…
実は私が作った曲に、歌手がラプンツェルの内容で歌詞をつけ、
フィン語の『Tähkäpää』というタイトルで、初披露したんですっっ!!
つまり、このイベントのために作った曲を用意してるってことに、
主催側もとても期待をしてくれていました。

ソフィ自身からも、「素敵な音楽をありがとう!」と言ってもらえ、
観客からの嬉しいコメントもありで、大感激の私たちでした♪



しかし…ココだけの話なんですケド。

この自作の曲…
自分の中では、実はそれほど満足の行く曲ではなく(苦笑)、
(別の曲のほうがイチオシだったのにぃ…)
それこそ10分ぐらいで書いちゃったので、お蔵入予定だったんですよ。

なのに、何故か作詞担当の歌手が、ひどく気に入ってくれ、
あっという間に歌詞が付き、曲が仕上がったという意外な展開。
そして、昨日の初演まで、たったの数週間というドタバタでした!

でもね、やっぱ感無量でしたよ~。
自分の曲が歌になり、しかも舞台で観客に披露するチャンスを
いただけるということに、心から感謝です。

これからも良い音作りのため、もっと勉強しなきゃ~っすね!!


c0028104_1715198.jpg


↑↑ こちらが舞台。ソフィの生写真もたくさん撮りましたが、
ご本人の許可を得ていないので(聞くの忘れた…orz)、
掲載は控えますね。
さすが~ソフィのオーラは半端なかったっす!!



【10月18日追記】

コンサートが終わった数日後。
このイベント主催側のエライさんである、元大臣から、
なんともビックリ!
ご丁寧なお礼のメールをいただきました。
特に私たちのオリジナル曲について喜んでくださっている文面で
本当に感激しました。

この元大臣さん、何期も大臣をつとめた方なのに、
とても気さくで、優しい女性でしてね。
実は私、最初はこの方が政治家さんだとはつゆ知らず、
気軽にお喋りさせてもらってたんですよ。(汗)
あとからどう言う人物か聞いて、緊張したっつーの。

ま、こういう時、自分が、初対面の人に対して礼儀正しい
日本人で良かったと思うんですけどね。(笑)
[PR]
by joulupulla | 2015-10-13 17:25 | Työni 私の仕事
<< 秋休み。そしてpomoっち、い... 人生、いろいろ。 >>