国語の宿題?!
pomoっちが、
「今日の国語の宿題は、超楽しいのよねー!」
と嬉しそうなので、覗いてみると…

マンガ??!!


自分でストーリーも考え、指定されたマークなども使い、
ショートマンガを描くのだそうです。

c0028104_16554125.jpg


こんな難しい宿題をサラサラと短時間でやってのける我が子に、
漫画家の才能あるの?と親バカ炸裂でしたが、
よーく考えてみると、こういう宿題が存在するということは、
3年生の子供たちのほとんどが、それができちゃうってことだ。


私…フィンランドの小学生じゃなくて良かった。(笑)
こんな宿題、何日かかっても、絶対に無理っ!!


フィンランドの小学校に行って、いつも感心するのは
壁に貼られてある小学生たちの絵が、とても上手いこと。
上手な絵だけが貼られてるのではないんです。
全員のレベルが均等に高く、個性あふれています。



…とマンガの話のついでに、もういっちょ。

pomoっちは最近、ドラえもんブームなわけですが、
なんと、ナント、彼女は、

『22世紀になったら、ドラえもんがやってくる!』

と真剣に信じているのです。(^_^;)

そして、

「22世紀になったら、私はもうオバサンだけど、
それでも来てくれるかなぁ…」

と悩んでいます。(爆)

面白いので、私も否定せず、

「とりあえず、そのカーオスな机の中を整理整頓しておかないと、
ドラえもん、来れないと思うけど?!」


pomoっち、固まってました…

柱| ̄m ̄) ウププッ
[PR]
by joulupulla | 2015-01-29 17:00 | Lastenhoito 育児
<< お友達の日! ムーミンマグ新作 >>