やっと・・・
やっと会えました。
母として、そしてピアニスト&ピアノの先生として、
ずっと尊敬していたお二人に。

このブログを通じて知り合って、もう8年?!
ウララちゃんとは、彼女のサロンコンサートでお目にかかってから
すでに7年ぐらい経過。
でも7年前と変わらず美しいし、世界的ピアニストなのに
いつも人懐っこいお人柄がサイコー。

Kaboちゃんとは、過去にも会えるチャンスがありながらも
スケジュールが上手く合わずに涙をのんだこともあったけど、
今回、ようやく夢が叶いました。
しかもKaboちゃん、この日は高熱で体調不良だったのに。
私とpomoっちの顔をひと目でも見たいと言ってくれ
頑張って時間を作ってくれた。

泣いちゃったよ、二人の顔を見てハグした瞬間に。

(ρ_;)


女子4人でのイタリアンランチ&お茶は本当に楽しかった~。
普段からネットでやり取りしているから、古~い友人の感覚だし。
pomoっちも、優しい2人にすっかり、なついちゃって。

そして、ピアノ談義は、かなり楽しかったな~。
ってか、非常に勉強になりました。

ピアノ教師としての考え方が、すんごく共感できるんだなー。
ピアノ談義をし始めたら、きっと一晩中でも話せるぐらい。

私が最近、悶々としていたことも、2人に相談して肩の荷が
おりた気分になりました。

以前もココで、pomoっちが私のピアノのレッスン(職場)に通い始めた、
とお話ししましたが・・・
(本人が自分から習いたいと言ったので~)

なんと、レッスン開始たった1ヶ月で、

「あたし、ピアノレッスンに行くのをやめる~。」

と。

ε= ( ̄、 ̄;)


「なんで?」

「だってピアノの椅子が、"恥ずかしい"から。」


恥ずかしいって・・・意味不明・・・orz
要するに、椅子が"ダサイ"ってことなのか?!(爆)

「お家で、やりたい時にやるから。」

いや、きっと、やらん。
いつでもできる、というお気楽な気持ちでは、ピアノはできない、続かない。

周りはね、ママがピアノの先生だから、いつでもタダで教えてもらえて良いわね~
なんて無責任なことも言ってくれるわけですが、親子で教えることの難しさは
ハンパないのよぉ、と私は前々から思ってたワケです。

でも、無理して親が教えないほうが良いってこと、
本人がピアノをやりたいという気持ちになれば先生を探せば良いってこと、
(ま、良い先生を探すのは、これまた難しいのだけど)
本人にその気がないのに、無理してピアノを習わせるのは不幸ってこと、
(ピアノ人生には終わりのない苦行が続くわけですから)
・・・etc

改めて自分自身のピアノ教育に対する考え方は、これで良いんだ~
ということを、友人たちと話して感じることができました。


さて、日本滞在最後の週。
まだまだ楽しみますよん♪
[PR]
by joulupulla | 2013-04-01 21:30 | Japani ニッポン!!
<< へんし~ん♪ 満喫中・・・ >>