日フィン友好!
先日、用事でpomo殿の学校内に入ると・・・
メインスペースに、ドーンとこんなものが展示されてるじゃありませんかっ!

c0028104_1594572.jpg


日フィンの手作り国旗に飾られたケースの中には・・・
日本の絵本、おりがみ(これはpomoっちが折ったもの!)、おせんべいの箱や
おせんべいも1枚、サンプルとして展示。
たけのこの里の箱もありました。(笑)

これ、実は先日、日本からやって来た教育視察団からのお土産です。

その時は、もちろん通訳の方が同伴されていたのですが、
pomoっちも、通訳のお手伝いをする~!と大ハリキリ。
結局、20人もの団体さんだったので、pomoっちはその日本人たちと
日本語でお話をする・・・という、接待役(?)を仰せつかりました。
視察団が見学した授業中でも、pomoっちが日本語を披露♪

本人は、自分が学校でお手伝いができたことに大満足!!
そして、「日本語が話せること」を誇りに思ってくれたようで、
親としても、こういう機会は、本当にありがたいと思いました。
このことが彼女にとって、これからも日本語が上手になりたい!という
モチベーションにもなるし、自信にも繋がりますもんね~。


それにしても、こうして学校側が、日本の文化を尊重してくれ、
生徒たちに展示してくれるのは、嬉しいことですよね~。
私も感動してしまいました・・・(T_T)

視察団が来た日には、保健室にまで日本の国旗を飾ってくれていたそうです。
フィンランド人は、自国の国旗をとても大切にしますから、彼らが
日本の国旗を掲げてくれたことは、大きな敬意を表してくれたという意味です。

ちなみに、私がフィンランドに10年住んでいて、「日本人」だということで、
良い思いをすることはあれど、嫌な思いをしたことは一度もありません。


日フィン友好、バンザーイヽ(・∀・` )ノ!



さて、pomoっちの日フィン2ヶ国語の使い分けについて少し・・・

彼女がお人形遊びをする時、1人何役もこなして、なにやらセリフを喋っています。
面白いのは、その言語が、「日本語オンリー」だったり、「フィン語オンリー」だったり。

本人に、その言語の切り替えは、どういう理由で?と聞いてみると、

「お人形が日本人の場合(キティちゃんとか、トトロとか、アンパンマンとか、
いわゆる日本のカートゥーン)は、日本語で喋るの。でも、バービーは
金髪だから、日本人じゃないでしょ?だからフィン語。」


なるほどねー。
人形が「なにじん」か?で、切り替えてたのかー!!(爆)
[PR]
by joulupulla | 2012-10-05 15:25 | Lastenhoito 育児
<< Sakura 部屋のリフォーム完了! >>