とにかく便利なミルクですからっ!!
TTJ (Tutteli to Japan)の活動カテゴリーが更新されるのは
何ヶ月ぶりでしょうか・・・(笑)

ミルク支援の時期から、すでに9ヶ月近くが経過。
2011年も、もうすぐ終わりなんですね。

夏にはサンタ・プロジェクトもありました。
ここには書ききれない、様々な困難があったけど、
それに関わってくださった多くの人々の温かい善意のおかげで
被災地の子供たちに、ほんの少しでも楽しい時間を
過ごしてもらえたこと、本当に嬉しかったです。

そして、何よりも忘れてはならないこと。
それは、震災はまだ終わっていない、ってこと。
被災地の方々の苦しみも、まだまだ続いているということ。


ミルク支援の時、フィンランドからのミルクを支援物資として
受け続けることよりも、同じような液体ミルクの国内生産を目指し、
働きかけもしてきました。
メディアでも取り上げていただき、国民の関心も得ることができました。

でも、やっぱり法律の壁はキビシイ。
「ニーズがないとねぇ・・・」
何度、この言葉で、アッサリと切り返されたことか。

(-_-;)


先日、このブログの読者さんから、
「読売新聞に、こんな記事が載っていたよ!」
とのメールをいただきました。
私たちTTJの過去の活動への、ねぎらいのお言葉と共に。

『災害時に有効...液体ミルク市販求める声』



忘れかけた頃に、こんな記事を書いてくれた読売新聞さんに
心から感謝。

そして、私たちがずっと、ずっと抱いていた、この想い。
国内生産が叶えば・・・という夢。
緊急時に限らず、液体ミルクが日本のママさんたちの育児に
どれだけ役立つか、ってこと・・・

改めて思い出させてもらいました。


液体ミルクを必要としている日本人ママさんは少なくない、と
私個人は今でも思っています。
何故なら、フィンランドのミルクを個人輸入できないか?という
切実なお問い合わせを、私は未だにいただいているからです。
(これは残念ながら、私にできることではありませんので、
あらかじめご了承いただけましたら幸いです!)


国を動かそうなんて、そんな大それたことは無理も承知。
でも小さな声でも出し続ければ、いつか誰かに届くかしらね?!
[PR]
by joulupulla | 2011-12-04 01:38 | TTJ 被災地ミルク支援
<< わ~い、積もった! 疲れてま~す(>_<) >>