居酒屋の夢
旦那様は仕事の関係で約1年半ほど日本に住んでいた事があります。
彼やその同僚達(フィンランド人)にとって初めて訪れた日本は全くの未知の国
でありました。
そして彼らをあっという間に「とりこ」にし、日本って何て素晴らしい国なんだ!
と思わせたものの1つが「居酒屋」でありました。
店の雰囲気がユニーク、メニューが豊富で美味しい、酒も旨い、そして手頃なお値段
...とくりゃー、飲み食い好きのフィンランド人を魅了するのは簡単簡単。
ちなみに彼らの居酒屋デビューは、かの「養○の瀧」。
最後は一体誰がお勘定したのか誰も覚えていないほど、飲んで食べて大騒ぎ
だったようです。恐るべし...

そんなこんなで旦那様は里帰りの際は「養○の瀧」に最低1度は訪れます。
(私にとっては「またかよ~...」なんですがねぇ。)
もちろん養○さんだけではなくあらゆる居酒屋を制覇しています。
焼き鳥、つくね、サイコロステーキ、マグロの刺身、ほっけ、唐揚げ、揚げ出し豆腐、
豚キムチ、、、などは必ずオーダーする定番メニュー。

そして、そんな旦那様の果てしない憧れは「居酒屋のオヤジ」になる事。
でもフィンランドで居酒屋経営をするには、色々な多くの問題をクリアーしなければ
なりません。お酒の輸入や食材、設備などなど...もちろん資金もです。
フィンランドの酒屋はAlko(アルコ)と言う会社のモノポリーで、買えるお酒は
「月○冠」のみ。和食の食材も入手が困難...

ま、でもいつまでも夢は大きく...ね!
c0028104_21162141.jpg

         ↑裏庭でBBQをする時に、ちょうちんを飾る旦那様。
           気分だけでも居酒屋ね...





c0028104_2342395.jpg
居酒屋オヤジ ...もどき?!
でも何気にエプロンは「酒屋」だよ~ん。
[PR]
by joulupulla | 2005-05-06 21:26 | Japani ニッポン!!
<< 皆様へお伝えしたい事... 結婚式...ココだけの話。 >>