Rakastatko musiikkia?!
またまた仕事の話で恐縮ですが。
(・・・ってか最近、遊んでないのでネタがないのよ(笑))


いやぁ。

楽しいです、ピアノを教える仕事って。
その楽しい気持ちを私に与えてくれてるのは、何よりも
生徒の子供たちデス。
私の場合、「教える」というよりは、子供たちと一緒に
「音楽を作ってる」という気分かな~。


もしも私が、私流の音楽のカラーをそのまま教えてしまうと、
私の演奏のコピーになってしまう。
pomoっちの日本語の口調が、私に似てるのと同じようにね。(-_-;)
なので、私にできることは、基礎的なヒントを与えるだけのこと。
そして、それぞれの子供たちが持つ、自分流の能力を見つけ、
引き出してあげること。

私が仕事の中で面白いなぁ~と思う時は、まさにその子供たちの
何がしかの能力を発見した時!
そして、例えレッスン室では上手に弾けなかったとしても、
このレッスンに来る日までの練習プロセスやモチベーションが
見えた時!

家で練習してる時には上手に弾けても、先生の前では緊張して、
半分の力しか出せないってのは当然のことで、
私自身が子供の頃に、それを痛いほど経験してきたので(苦笑)、
子供たちには、レッスン室がツラ~イ時間ではなく、少しでも
リラックスして楽しんでもらいたいな、と思っています。


さて。
前回の記事で、生徒の中に、とても耳の良い女の子がいて、
すでに簡単なアレンジもできちゃうというお話をしましたが・・・

次の週、彼女は張り切って、自分がお気に入りだというポップスを
披露してくれました。
しかもなんと今度は、弾き語りで!!!
アレンジと言っても、メロディーにベース音をつけただけのシンプルなもの。
でも、英語で歌まで歌えちゃうんですよ。

なので、弾き語りの場合の伴奏のヒントをほんの少し与えてみると、
またその翌週、演奏にステップアップが見られました。
彼女には伴奏法を、『楽譜』にして教えませんでした。
私が、「例えばこんな感じとかね~♪」と、いくつかのパターンで弾いているのを、
彼女は聴きながら、その場で耳コピーし、自分流にアレンジしたんですな。
その能力もスバラシイ。

相変わらず、彼女の手の形、指の動かし方には難点があるけど、
前向きに直そうとする努力が見られるし、宿題のクラシックも
ちゃ~んと練習してくる。

将来、めっちゃ楽しみな1人です。



音楽関係者のお友達とよく話すのは、『音楽と語学』って、
似てるな~ということ。

赤ちゃんが言葉を覚える時、文法も何もしらないまま、耳で覚える。
耳の良い子供は、理屈抜きで、あっという間に語学を取得できる。
そして音楽も、この耳が大事。
演奏テクニックや理論などは、練習&勉強する時間が多ければ多いほど、
どんどん向上できると思うけど、良い耳というのは、『与えられた才能』
であったりもする。
でももちろん、自分の周りの音楽環境や勉強の仕方によっては、
その耳はいくらでも良くすることはできる、と私は信じています。


ピアノを習っているお子さんがいる親御さんたちに伝えたいこと・・・

もしも、お子さんがピアノの前で、肝心な宿題をそっちのけで、
自分の好きな曲を勝手に弾いて遊んでたとしても、
それは、我が子に素晴らしい耳、アレンジ能力があると思って
喜んであげてくださいね。(笑)


ピアノなどの楽器は、すぐに上手になれるものじゃないし、
日々の練習も正直、大変だったりする。
でも・・・音楽が、「おんが苦」になっちゃったら、元も子もない。


「●●の曲が弾けるようになるのが夢!」
「お気に入りの曲を、自分でアレンジしたい!」
「お母さんが歌う時に、自分が伴奏してあげたい!」

私の生徒さんたちには、こんな夢があるようです。
このやる気を、これから応援したいと思っています。
[PR]
by joulupulla | 2011-09-21 23:17 | Työni 私の仕事
<< pomoのバースデーパーティーへ! やりがいのある仕事 >>