やりがいのある仕事
ピアノの先生デビューをして、1週間があっという間に過ぎました。
途中、風邪で喉の痛み、声が出にくいなど、ちょっとキツかったけど、
なんとか乗り越えました。

それにしても、生徒の子供たちの、可愛いこと、可愛いこと!!
男の子も女の子も、みんな礼儀正しくて、真面目。

ちょっと気になったのは、ピアノを習っている年数のわりには、
指の動かし方、手の形が正しく出来ていない子が多かった。
爪も伸びとるやん~。(汗)
そして、音符がイマイチ、読めない。


「今日は、何でもいいから、私に弾いて聞かせて~!」


と言うと、それぞれ、以前に練習した曲などを披露してくれました。

私から生徒たちには、1つの曲を、色んなバージョン、例えば
ジャズ、ボサノバ、タンゴ、バラード・・・などにアレンジして演奏すると、

「わ~お、スゴイ。同じ曲とは思えない!」

と、興味深く聴いてくれている。

なので、

「いつか、自分で自由に演奏できるようになりたい?」

と聞くと、

「はい!もちろん!!!」

と嬉しそうだったので、私もニンマリ。つかみはOK?!(笑)

♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪


でもとにかく、まずは基礎作りがとても大切。
楽譜も、ちゃんと読めるようにならなきゃいけない。

だから一緒に頑張ろうね~と言うと、みんな良い笑顔を見せてくれました。


生徒さんの中に1人だけ、アレンジ能力がすでにある女の子が居て、
私も大・興・奮!

最初に弾いて聞かせてくれた曲というのが、自分の携帯電話の
着信音に使っているという、音楽。
それをなんと、自分で音を取り、アレンジしたらしい。
手の形はめちゃめちゃなんだけど、その耳の良さ。

自分の耳だけで、自由に演奏できる力。

これこそ、私が彼らに、身につけてほしいと思っている力なので、
この女の子には、今後どんどん向上してもらいたいな、と思う。



フィンランドって、やっぱり小さい国っつーか、世間は狭いね、
という話が、新しい職場でも起こり、またまたビックリしました。
(pomoっちのプレスクールの先生に引き続き・・・)

生徒さんの内の、2人のお母さんたち。
これまた、仕事関係の知り合いでした。(笑)



さてさて。
伴奏の仕事のほうは、10月から本格的に始まるので、まだ今は
心身共にラクだわ・・・なんてノンキに構えていたら。

歌の先生から昨日、今までに弾いたこともないオペラの譜面を渡され、
しかも来週木曜日に、その内の10曲の伴奏を録音したいと言われ、
私の心は、フィンランドの秋景色よりもド~ンヨリ。(苦笑)
えらい、急やな~。


せっかく、この週末はゆっくりしようと思ってたのにぃ。
今日は譜読みですっかり疲れました。
5日間で仕上げるには、時間が全く足りませーん。(泣)


でも、これが伴奏者の宿命ってもの・・・

歌手たちの要望には、黙って答えなければなりませぬ。


┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~



・・・と、ブイブイ文句を言うてはおりますが、やっぱり今の仕事は
どれも自分にとって勉強になることばかり。
そりゃ~、それ相当のストレスもあるけれど、お給料をいただいてまで
自分を育ててもらえてると思うと、なにやらお得な気分です。(笑)

そして、仕事を通じて、様々な良い人脈を得られたことも、
私の大きな財産です。
[PR]
by joulupulla | 2011-09-10 22:48 | Työni 私の仕事
<< Rakastatko mus... 今日から私も1年生! >>