子供の頃の夢
突然ですが・・・

皆さんが子供の頃になりたかった職業はなんですか?

そして、その夢は現実になりましたか??


私は、物心がつき始めた4歳からピアノ教室にぶち込まれ(笑)、
しかも、先生は大学教授、他の生徒さんは優秀な人ばかり。
そんな中で、私はずっとずっと、ダメダメ劣等生でした。

そりゃ、そうだよね。
肝心な宿題の曲を練習しないで、歌謡曲とか自分の好きな曲を
勝手に即興演奏して、遊んでばっかりだったもんな~。

だから、将来はピアニストになる!とか、ピアノの先生になりたい!
などとは、ほとんど考えていませんでした。


私が幼稚園の頃に憧れた職業は、「バスガイドさん」

小学校の時は、「幼稚園の先生」

中学になってからは、「宝塚歌劇団の男役」(笑)

・・・でもこれは、身長155cmのホビッツには到底、無理ですわ。


そしてその後は、「フライトアテンダント」

・・・これもまた、ホビッツには叶わない夢。
荷物棚に手が届かないと、スッチーにはなれないそうですね。
ええ、ええ、私はいつも椅子に上らないと荷物が入れられないですよ。

(-_-;)


高校生の頃、そろそろ進学学部を決めなければ・・・
という時に、音大に進むことを躊躇しました。

行きたかったのは、父親と同じ、某大学の法学部。
弁護士に憧れる。
・・・でも、自分の頭脳では、いくら勉強しても無理なことを悟る。


高校3年の時、担任の先生が、薬学部進学を薦めてくれる。
でも、その時は医療業界には全く興味がなかったんですな。
今、思えば、かなり後悔!!
医療関係の仕事は、この国でもやっぱり強いですもん。
そして、今の私なら、とても興味があります。



で、結局は・・・

音大に進学し、卒業後もピアノ弾きの仕事をし、
結婚して、こんな異国に嫁いだのに、やっぱりピアノの仕事をしてる。


My人生、これで良かったんだな、と最近やっと思えるようになりました。

音楽というレールに、最初に乗せてくれた親にも、今更ながら感謝。


そして、音楽に国境がないってのはスバラシイね~♪


ちなみに・・・


pomo殿が将来になりたい職業も、コロコロと変わります。
ついこの間までは、美容師になりたいと言っていたのに、
今の夢は、マスター・シェフ!だそうな。(TVの影響・・・(笑))


そして、Vito氏。
彼は、建築家になりたかったそうです。
でも、大学進学の時、たった1点、本当に1点足りなかっただけで
建築学科は諦める羽目に。


夢の職業を手に入れた人たちってのは、やっぱスゴイね~。
そこまでに至る、たゆまない努力と才能の賜物でしょう・・・
[PR]
by joulupulla | 2011-09-01 18:15 | Ajatuksia われ思ふ
<< 今日から私も1年生! pomo殿、モデルデビュー?! >>