約1年ぶりの・・・
日本に、カラダだけ(!)は無事到着しました。


出発寸前まで、アイスランドの火山灰でハラハラ。
そしてヘルシンキ空港に着いたら、2時間ほどの遅延の様子。
火山灰はもう治まったはずなのに・・・

ま、でもなんとか機内に搭乗完了。

しか~し!!


そこでサプライズなアナウンスが入る。

空港のカーゴ会社が突然のストライキに突入したため、
つまり、荷物を取り扱う従業員がいないので、
乗客全ての荷物は積まれずに飛ぶ、と。


なんだと~!(怒)


空港カウンターでは、そんな情報、ひとことも
聞いてないよ。
飛行機の点検で遅延してるぐらいと思ってた。


そ。つまり・・・

私たちのスーツケース3個は、
まだヘルシンキに残留のようです。(泣)


フィンエアのストライキではないので、
その職員たちに文句を言っても仕方ないけど、
機内ではフライトアテンダントに怒り飛ばしていた
日本人乗客もいた。


成田に到着したら、この荷物の件で、
フィンエアと共同運航しているJALの職員さんたちが
おおわらわで対応している。
フィンランド側の責任なのに、皆さん平身低頭で
乗客の怒りのクレームに、ただただ謝っていて。

正直、私も空港に着いたら文句言ってやる!と、
意気込んでたけど、JALの対応が良くて、言えなかった。(笑)


やっと来れた日本。
成田に到着したら、きっと感無量で目から涙だろうな、
な~んて思ってたけど、荷物のショックと日本の蒸し暑さで、
額から大汗。(苦笑)


は~っ。

ま、でもカラダだけでも元気で無事に着けたことが
一番ですからね。
遅れてでも、荷物が届いてくれればと祈るばかり。


それにしても、JALの人が言ってた。
日本でもしも同じようなストライキが起こってたら、
空港の別の職員が総出で、荷物を積み込むだろうけど・・・と。


いやいやいやいや。
フィンランドじゃ、自分の持ち場以外の仕事の手伝いなんか
やらないですよ。(爆)
仕事の契約書の中に書いてないことはやりません。
それに誰かがフォローしたら、ストライキの意味ないし。


義理ママ情報によると、ストライキは終わったようですが、
さてさて、私たちの荷物はいつごろ届くのやら・・・



成田には両親が車で迎えに来てくれたので、
実家のある松戸までの風景をキョロキョロ見ながら、
いつもと変わらない、何事もなかったかのような様子に
ついつい、震災があったんだ、ということを忘れそうになる。

日本人みんな、不安や心配、心の痛みを抱えながらも、
それを表には出さずに、ノーマルな日常を送ろうと
努力してる、忍耐してるんだな、なんて感じてしまった。


日本に来る前、友人達から、
「節電であちこち暗いし、冷房も効いてないよ」
と言われてたけど、全く気にならなかった。
暗闇に慣れてる在フィンの人間には、これでも日本の照明は
充分に明るいと思うもの。(笑)


到着した昨夜はさっそくネットでオーダーした
美味しい生酒に、幸せの絶頂。
実家にあった和菓子も、食いつくし・・・(笑)

さぁ、これから3週間、めいっぱい楽しみます。
今日もさっそくpomo殿と一緒に美容院に行って、
髪の毛スッキリ~♪


梅雨でも、いい。
時差ボケで、さっそく夜中に目が覚めたり、
荷物が届かなくて不便だけど、それでもいい。

今、日本に存在してるってことだけで、
本当に嬉しいっす。
[PR]
by joulupulla | 2011-05-29 14:48 | Japani ニッポン!!
<< 居酒屋サイコー! ミルク支援会計報告と新プロジェクト >>