日本赤十字に届け!!
フィンランドサイドから、以下のような情報を得ることができました。


フィンランドの外務省プレスリリース(英語版)によると・・・

この度、フィンランド政府は、フィンランド赤十字に
日本支援用として50万ユーロを贈与した。
つまり、今後の日・フィン間の被災者支援等は、
「日本赤十字社」と「フィンランド赤十字社」の間で
ニーズに応じて実施するということ。


ふむふむ。(。・ε・。)


日本赤十字が、フィンランド赤十字に対して、
Tutteliミルクを支援物資として要請をしてくれれば、
大規模な動きも夢じゃないってことですね。


そのために必要なのは、


現地のニーズ


被災地が、どれだけこの便利なミルクを必要としているか・・・
という強い要望です。


フィンランドから支援できる範囲は、
「医薬品、飲料水、食料、衛生等に必要なもの」
と、プレスリリースの中にも書かれています。

Tutteliミルクは、「保存のきく食料」として、その範疇に
充分入るのではないか?という意見も得ています。



今、まさに・・・
フィンランドと日本の間にレールは引かれていると思います。
でも、誰かが電車を運転してくれなきゃならない。
そして、その電車に乗ってくれる人たちがいなければならない。



フィンランド政府は「更なる支援も用意する」と言ってくれてますが、
これも、あくまで

日本からのニーズ



に基づくもの・・・


今、実際に第一便が石巻に届き、
赤ちゃんたち、ママたちに喜んでもらえているという実感が、
私たちにはあります。

でもそのことを、
肝心な日本赤十字に知ってもらえなければ、
フィンランドへの支援物資としての要請は無理。

そしてまた、誰かが、Tutteliミルクが欲しい!
って言ってくれないと、意味がないのです。


日本には粉ミルクが充分にあるから、それでいい?

本当にそうなのでしょうか?


お湯でわざわざ調合する必要もなく、
紙パックを開けるだけでも、すぐに飲めるミルクが
忙しい育児の中で、どれほど便利なものか・・・
そして、このミルクは常温保存可能で、
5ヶ月もの保存期間があるという、優れもの。

まさに今、被災地での育児に疲れ果てている
ママさんたちへも、大きなヘルプとなると思うのです。



・・・と、ダラダラと書きましたが、
このニーズをアピールするためには、
皆さんのご協力が、またまた必要です!!


要点はたった1つ。


Tutteliミルクが欲しい!と
熱望してくれる方々の声、
そして、
このミルクを必要としてくれる
被災地、避難所情報を
日本赤十字に伝えてくださ~い!!




私たちも引き続き、日本赤十字にお願いしてみます。
[PR]
by joulupulla | 2011-03-31 21:44 | TTJ 被災地ミルク支援
<< 第2便のミルク隊、日本到着! いつか、フィンエアに乗って・・・ >>