ミルクが繋ぐ在フィン日本人の輪!
昨日は、Tutteli to Japanのスタッフミーティングが
ヘルシンキで行なわれました。
悔しいことに、私はタンペレ在住なので電話で参加。
他のスタッフたちは、みんなで美味しいランチを
食べながらだとゆ~のに。(T_T)

まぁ、それにしても・・・
女がいっぱい集まると、とにかくウルサイ。
しかも、電話の先では、みんなが同時に喋るから、
誰が何言ってるんだかサッパリ分からんぐらい。(笑)

それでもね、大切なこと、今後のこと、たくさんのこと、
しっかりと話し合いましたよ!!


これからのTutteliミルク支援の活動は、
最初の立ち上げメンバーに、新たに加わった3名、
スタッフ合計7名で運営していくことになりました。
私は広報を担当しま~す。



ということで・・・

今後のTutteli to Japanの活動へのお問い合わせは、

tuttelitojapan★gmail.com

(★マークを@に変えてください)

まで、どうぞヨロシク~♪♪♪


それから・・・ここで少しお願いがあります。

フィンランド以外の欧米諸国でも、同じような
水で調合不要の赤ちゃん用ミルクがあるということで、
各国のママさんたちが立ち上がろうとされています。
それで、Tutteli to Japanのほうにも、
たくさんのご質問等をいただいているのですが・・・

なにぶん、それぞれの国によって、法律も規制も違ってきます。
フィンランドからの第一便が成功したからと言っても、
それと同じような方法で、他の国でも上手く行くのか?
ということは、残念ながら、私たちには分かりません。
それぞれの国に応じた対応法や活動法で
有志を集め、情報収集&拡散しながら、
前進あるのみ!諦めないぞ~!という気持ちで、
どうか頑張ってくださいね!!!


そして、もう1つ。

Tutteli to Japanの活動の目的は、
「被災地の赤ちゃんに支援物資としてミルクを送る」ことです。
残念ながら、個人の方への販売、配送はいたしておりませんデス。
どうぞご理解いただけましたら幸いです。
m(_ _)m



このミルクプロジェクトは今後も永遠に続くものでは
決してありません。
私たち有志で資金を集め、購入できるミルクの数にも、
やはり限界もあります。

だからこそ、私たちの限界になる前に、なんとか、
政府や企業が動いて欲しい。

一番大切なのは、被災地の1日も早い復興です。
フィンランドからのミルクが必要なくなる日が来ることです。
そして、長い目で見て、今後の災害時の為にも、
日本のミルク企業が、Tutteliと同じようなミルクを
研究、開発、販売して欲しいです。




さてさて、話変わって・・・

実は私、昨日は卒倒しそうになっておりました。
昨日1日だけの、このブログへのアクセス数は17000件。
ユニークアクセスでも、12300人。

い・・・いちまん・・・って・・・

||||( ̄○ ̄;)||||||アリエネェ


一瞬、2ちゃんでこのブログがつるし上げられたか?
と思ってしまいま・・・

(。_°☆\(- - ) バシっ!


いやいや、どうやら、Twitterからの拡散で、
有名人の方々がリツイートなどをしてくださってるようですね。
そして、昨日の記事で、みなさんにお願いした、
ネット内での情報拡散。
たくさんの方々が、個人のブログで取り上げてくださったり・・・

もう、本当にありがたくて、泣けてきます。(T_T)


そして、昨日1日で、1万人以上の方々に、
フィンランドのミルクの存在を知ってもらえたというのは、
大きな大~~~きな成果です!!


心からお礼を言わせてください!

ありがとう~(o^∇^o)ノ 


みなさんのお力を借りて、政府や企業を動かせる日も
近いかもです。
引き続き、ご支援をヨロシクお願いいたします!


今回、Tutteli to Japanの活動を通じて、
在フィン日本人たちのコネクションが急速に広がり、
結束が固まり、本当に嬉しい限りです。
この、フィンランドのミルクがご縁で繋がる輪を
これからも大切にしていきたいと、思っています。


さ~。
第二便をまた次の被災地に送れるように、
スタッフ一同、ガンバリマース!!

ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ


PS: 第一便のミルクが無事に赤ちゃんの元に届いた後、
ミルクの会計報告等もさせていただきますので、
しばしお待ちくださいませ~。
[PR]
by joulupulla | 2011-03-28 18:36 | TTJ 被災地ミルク支援
<< 赤ちゃんに、届いた!!! 続・ニッポン政府に届け! >>