感動の1日
昨日の記事では、
日本の空港まで届いたフィンランドのミルクを、
受け入れてくれる団体まで輸送する手段がなくて困ってる・・・
とお話しました。


私がTwitterで、そのことを投げかけたところ、
日本人ってやっぱり忍者?!と思うほどに素早く、
たくさんのRT(リツィート)がまわり、

「知り合いの業者に当たってみるよ!」
「この会社に、連絡してみたら?」
「この人に相談してみて!」
「空港まで取りに行くよ!」
「何トントラックが必要?どこからどこまで送ればいい?」
「コネがあるから、かけあってみる!」


・・・etc・・・etc・・・

それはもう驚くほど多くの方々からメッセージをいただき、
私は1日中、嬉し涙をこらえながら、
Twitter内にこもっておりました。


黙々とRTを流し続けてくださった方々、
実際に協力に手を上げてくださった方々、
応援のメッセを下さった方々、
ここでも改めて御礼を言わせてくださいませ。

Kiitos paljon !!!


おかげさまで、何とか運送のご協力をして下さる方が
見つかりそうです。
でも、今後もこのプロジェクトが続く限りは、
改めて皆さんのご支援をお願いするかと思いますので、
引き続き、どうぞヨロシクお願いいたします。

m(_ _)m


Twitterの拡散力の凄さを実感。
もちろん、デマなんかも色々流れてはくるけど、
それは、自分が何を信じるか・・・の問題なので、
上手く利用していけたらと、思っています。



さてさて。

私が昨夜、そろそろ思考回路も停止しかけてた頃に、
ちと大胆なツイートをしてしまいました。

「フィンランドのミルク。もっと国家的規模で送ってくれないものかな?!
大統領とか、首相のアカウントにツイートしてみるってのは、
かなり無謀と思う??(笑)<在フィンのみなさん」


・・・と。(>_<)


すると、1分も経たないうちに、在フィンの多くのお友達から

「私もそう思ってたとこ!」
「やっちゃってやっちゃって!それが許されるのがツイッターでしょ!」
「いいと思う!」
「貴女のその行動で、国を動かす事が出来るかもしれませんよ!」
「ハッシュタグ作るといいね!」


・・・と、またまたたくさんのレスが。(^_^;)


そして、またあっという間に、みんなが手分けして
素早く動いてくれて、フィンランドの政治家、メディアなどに、
どんどんツイートを投げかける。

私も意を決して、Tarja Halonen大統領にツイートを送りました。
(心臓バクバクだったけどね・・・)


で、またまたあっという間に、
「#AutaJapania」(=Help Japanのフィン語)
というハッシュタグができ、呼びかけが始まりました。
私たちの気持ちをサポートしてくださる日本在住の方々もいっぱい!


このブログをご覧いただいている皆さんで、
Twitterもされている方々!
よろしければ、#AutaJapaniaを覗いてみてください。
そして、どんどんツイート投げてくださいね。


#AutaJapaniaプロジェクト始動開始!!
[PR]
by joulupulla | 2011-03-19 21:40 | TTJ 被災地ミルク支援
<< 本当だったら・・・ 被災地の赤ちゃんたちに届け!! >>