長引いてます・・・
かれこれ3週間も、喉の痛みと咳に苦しむ日々。
不思議と熱は出ないのだけど、さすがに耳まで痛くなってきたので、
一昨日、やっと病院に行ってきました。

と、ここでフィンランドの医療システムについて、
ちょびっと書きますと・・・

この国では基本的に地域の担当ドクター制で、
まずはTerveyskeskus(公立の診療所)に予約を入れ、
ゼネラルドクターに診察してもらことになります。
そして、それ以上の詳しい診察、検査等が必要な場合は、
大学病院などで専門医に診てもらえるように手配されます。

医療費も、公立なのでとても安い。
(何万円もかかるような検査や手術が、数千円で済むことも)
だからもちろん、いつもと~っても混雑しています。
そして、電話予約の時点で、「これは緊急な病気ではない」と
判断された場合は、悲しいかな、
診察までに何週間も待たされることもあります。


今回も、まずは公立のOmalääkäri(担当医)の予約を取ろうと
電話をしました。そして予想通り、
「担当医の予約は当分、取れません」
と言われ・・・
「直接に診療所に来て、長時間待つことにはなるけど、
看護師となら話(病状の相談など)もできますが」

と。

次に私は、私立の病院にも電話。
すると、
「では今から1時間後に来れますか?」

(早っ!!)


はい。ここで素早く判断です。

つまり、

長時間待ちたくなくて、金に糸目をつけぬなら、
私立の病院に行きましょう!
でも、そうでなければ、公立へ・・・ってことね。
(公立では約14ユーロの診察費、私立ではその3倍近く)


結局私は、耳の痛みまで出ていたことが気になったので、
私立の病院へ行くことにしました。
(健康はお金には換えられないも~ん!)

予約の時間通りに診察開始。
キレイで優しい女医さん。

喉や耳、ついでにホッペの炎症などがないかを診てもらい、

「うーん、長引く風邪ですね。喉も耳もホッペも異常ありません。
痛み止め、咳止め、ビタミン、暖かい飲み物をとって・・・云々」


はいはい、そうですよね。
アドバイス通り、すでにやってるんですけどねぇ。(>_<)


ま、とりあえず中耳炎などの問題もなく、
抗生物質が必要なほどの炎症もなく、
単なる風邪。

でも、うっとおしい症状は今も相変わらずです・・・orz


あとは時間薬を待つしかないのでしょうか。(T_T)


ちなみに先週末は、pomo殿も高熱でダウンしておりました。
珍しく、グッタリモード。
そして、一度回復したと思いきや、今度は私と同じ、
激しい咳と喉の痛みで、再びグッタリ。
今日は咳もだいぶ治まり、元気な様子なので一安心です。
子供の快復力って、スバラシイ・・・


日本もインフルエンザが大流行してるようですね。
みなさんも、どうぞお気をつけて~~!!!






さて、母娘が病んでる中・・・


ひとり元気なVito君は、可哀想な女性陣のためにと、
pomo殿の大好物を作るべく、こんな機械を購入。


c0028104_17313554.jpg



そして、

美味しいワッフルを作ってくれました。

c0028104_17313915.jpg

[PR]
by joulupulla | 2011-01-28 17:59 | Muut その他いろいろ
<< やっと! フィンランド人は面白い?! >>