信州渋温泉の旅
今回もまたジャパンレールパスを使い、国内小旅行を
楽しみました。

ちょうど梅雨が明け、毎日毎日、猛暑の続く日々。
正直、「温泉なんて、暑くね?」とも思ったけど、
やっぱり日本に行ったら、温泉旅行は必須の我が家・・・

長野駅から、長野電鉄の『ゆけむり号』に乗り、
目指すは、湯田中の渋温泉!!

c0028104_17414171.jpg

c0028104_17415050.jpg



長野だから、東京よりも涼しいかも~なんていう期待は
見事に裏切られ、ここも同じく灼熱の世界・・・(- -;)
さすがに日本人だと、この時期の温泉は無謀だと思うのか、
温泉街も閑散としておりました。

c0028104_17415676.jpg



だから、外湯(九湯)めぐりも、ほぼ貸し切り状態!!

c0028104_17422757.jpg

c0028104_17423238.jpg



し・・・しかし・・・問題がっ。


お湯が熱すぎて、湯船に入れません。
誰も入ってないから薄まっておらず、通常でも高温のお湯が
この暑さで上昇中・・・
下手すると、お湯の温度は70度とか?!∑( ̄ロ ̄|||)

結局、外湯めぐりは、「かけ湯めぐり」となった私たち。


足湯もあったんですけどね。
これすら熱くて入れなかった、根性ナシのぷっら家です。(^^ゞ

c0028104_17423827.jpg





c0028104_17421794.jpg
さて、今回のお泊りは、「御宿 炭乃湯」さんにお世話になりました。

これがまたとっても居心地の良い旅館で、スタッフの皆さんのご親切には、本当に癒されました。

気さくな女将さん、超・美人の若女将さん、優しい仲居さんたち・・・
特にpomo殿にはとても優しくしていただき、嬉しかったです。
お部屋もキレイ、屋上の露天風呂も最高で、ゆっくりと寛ぐことができました。
ロビーでかかっていた音楽が、JAZZだったのもゴキゲン♪




その炭乃湯さんから、とても興味深いイベントへのお誘いが!
なんと、このシーズンだけ、ゲンジボタルの鑑賞会
無料で連れて行ってくださるとのこと!!!

実はその前から、Vito君もpomo殿も、
「ホタル・・・見たことないよね、見たいよね!」と話していたんです。
日本人の私でさえ、見た記憶がない・・・

バスで志賀高原まで約30分ほど揺られ、
ホタルが乱舞している川のほとりへ~。

いやぁ・・・本当に感動でした。
これぞ幻想的な世界で、とてもキレイ。
1匹のホタルは、pomo殿のすぐ近くまで飛んできてくれ、
彼女も感激しておりました。

Vito君は、写真に収めようと必死だったけど、やはり
暗闇の中での撮影は難しかったようです。

とにかく、思わぬイベントに参加させていただき、
本当に良い思い出になりました。



ところで・・・
渋温泉には、あまり居酒屋やレストラン、カフェなどの
お店がありません。

で、私たちが訪れたのは、地元でも有名なラーメン屋さん。

c0028104_17425882.jpg


タイムスリップしたかのような、レトロな雰囲気のお店で、
2人のおばあちゃん達が、美味しいラーメンを作ってくれました。
ここの目玉は、『豆腐ラーメン』。
ラーメンの上に、麻婆豆腐が乗っかったような感じです。

とにかく、美味しかった。美味しかったんですけどね・・・
お店の中は、扇風機しかなくて、ジッとしてても汗が流れる室内。
その状態で、アツアツ、ピリ辛のラーメンを食べるというのは
ある種の、我慢大会のようでした。(^^ゞ




c0028104_17424876.jpg

温泉の後で、暑さでバテる寸前、駆け込み寺のごとくに見つけた甘味処!
あああ・・・アイスクリームってやっぱり旨い~♡







湯田中の人々は、どこに行っても本当に親切な方が多くて
驚きました。
駅員さんも、バスの切符売り場の女性も、食料品店のオーナーさんも、
旅館のスタッフの皆さんも、そして、翌日訪れた、『某所』の皆さんも・・・

その某所につきましては、また次号に続きます。( ̄m ̄*)


c0028104_1742758.jpg

            ↑↑ ビールを買いに(笑)、何度も訪れたお店。
           この辺は、おサルが勝手にドアを開けて入ってきて、
           お店の商品を盗んでいくのだそうです。
           おサル・・・見たかったんだけどね~。
[PR]
by joulupulla | 2010-08-14 18:10 | Japani ニッポン!!
<< Newsweekに・・・ じぃの手作りラー油 >>