ビューティーサロンごっこ
・・・・・・が、pomo殿の最近のブームです。


po: 「いらっしゃいませ。私は、kampaaja(=美容師)の先生です。」


そして、いつも私がお客さん。
pomo殿のことは、「先生」と呼ばなければ怒られます。



まずはメイクから開始。

下地クリームからファンデーションと、本格的。
塗り絵が好きなpomo殿なので、口紅を塗るのもなかなか上手い。
アイシャドウは全色使うので、私の瞼は、すんげ~色に。(笑)


でも時々、アイブロウペンで、私の額やホッペに落書きをし始めて、
先生自ら、大ウケだったりします・・・

(- -;)



メイクが終ると、今度は髪の毛をキレイに整えてくれます。

po: 「お客さん、キレイな髪ですね~。」


と、いっぱしの社交辞令も使える先生。
でも、スプレーを同じ場所ばかりに吹きつけるので、
その部分だけパリパリになってますが、先生っ!!



そして、ゾンビの、美人の出来上がり~♪


私: 「先生、ありがとうございます。今日は、おいくらですか?」

po: 「10円です。」



安っ!(爆)




でもね。
私、このお遊びの時は、内心ドキドキしてるんです。
何故かというと、いつもビューティーサロンごっこが始まるのが午前中。
そして、午前中とゆーのは、小包などの配達で、

「郵便屋さん」

が、ピンポ~ン♪とやってくる時間帯でもあるからです。




さすがにゾンビ顔では、玄関先には出れまへんがな~。(^^ゞ








たまには動くpomo殿を。


熱演!Deep Purple(ディープ・パープル)!



どうぞ笑ってやってくださいまし。(笑)
[PR]
by joulupulla | 2009-06-02 18:47 | Lastenhoito 育児
<< Ylioppilasjuhla... キッズイベント >>